香貫山の植物  ヒルガオ (番外編 サツマイモ)   

 香貫山の草叢の中で薄いピンクの花が咲いている。ヒルガオ科のヒルガオ(昼顔)だ。写真を撮る為には草を掻き分ける作業が必要になる。
画像画像




              (アチコチの草叢の中に咲いたヒルガオ)

 ヒルガオの名前の由来は、①昼に開花するので、アサガオとの対比で昼顔の名前がついた②アサガオ同様、朝開花するが昼になっても花がしぼまないことから昼顔の名前がついた、と二通りあるが、どちらが正しいのだろうか?
 登山道脇の崖下3m位の所から生えている椿の木の天辺にもヒルガオが咲き誇っている。
画像
                 (椿の天辺に陣取ったヒルガオ)

 隣の枝先に陣取った蔓には、花が咲き終わって残った苞葉が沢山並んでいる。ヒルガオの花にはこの大きな2枚の苞葉がある点が他の仲間との区別点だと言う。
画像
                (大きな2枚の苞葉がヒルガオの特徴)

 ヒルガオはアサガオと同じく一日花である。アサガオは結実して実を稔らせるがヒルガオは種が出来ないで、地下茎で増えると言う。
 椿の生えている崖下を覗き込むと、そこにもヒルガオが咲いている。地下茎で繋がった別の蔓が椿の木に絡み付いたのだろう。
画像
                 (崖下で咲き誇っているヒルガオ)

<ヒルガオ(昼顔)>
  ヒルガオ科、ヒルガオ属
<特徴>
  蔓性多年草
  6~8月咲
  ピンクだがまれに白もある
  花径6センチ位
  昼間に咲いている
  日当たりのよい草原や荒地、田畑の斜面等へ生える
  掘ると白い地下茎が出る

《番外編》 サツマイモ
 沼津御用邸・西付属邸の芝生広場に小さなサツマイモの畑があり、その蔓に綺麗な花が咲いていた。
画像画像
             (雨の跳ね土で汚れてしまったサツマイモの花)

 サツマイモに花が咲くとは知らなかったし、その花がアサガオやヒルガオにソックリなのでビックリした。帰宅して調べると同じヒルガオ科であった。昼顔の根から大きな薩摩芋に進化したと言うから、似ていて当然だった。
画像
               (まだ蕾が残っているので、これからも咲く)
         
<サツマイモ(薩摩芋)>
  ヒルガオ科、サツマイモ属
<特徴>
  多年草
  暖かい所では古い株に咲く
  朝顔に良く似た花
  昼顔の根から大きな薩摩芋に進化した

 今日のウォーキングは沼津御用邸先にある静浦漁港へ行って来た。歩数は13,638歩、今週の累計歩数は56,354歩/6日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

2008年07月12日 20:34
ヒルガオは雑草の中に混じっていることが多くてしかも色が淡白なので目立ちません。でもよく見るととても清潔で綺麗な花です。ヒルガオ科にヘブンリーブルーと言うのがありますがそれはそれは天高く伸びて花数がサツマイモのように多くて驚きの逸品です。
2008年07月12日 20:44
今晩は
こちらでも昼顔が咲き出しましたがまだ写真には撮っていません。つる性の多年草で清楚な感じの花で好きな花です。
2008年07月12日 22:28
綺麗なピンクのヒルガオの花ですね、サツマイモの花は初めてですがヒルガオと似ているとは知りませんでした。
寅太
2008年07月13日 07:09
崖下の撮影には気を付けましょう。
子供の頃に、サツマイモの花を見たことがありますが、めったには咲いてくれませんでした。
こんな花だったんですね。サツマイモが昼顔の根から進化したのは初めて知りました。昼顔は何処にでもある雑草程度に思っていましたが、焼酎のご先祖とは見直しました。
枯れるのがノカンゾウで、常緑がハマカンゾウでしたか。
plysima
2008年07月13日 15:57
ヒルガオきれいですね。夏の日中の暑いさなかに心がやすらぎます。種が出来ないとははじめて知りました。
2008年07月13日 18:28
何気なく咲いているヒルガオですが、ピンクの淡い花が綺麗です~。
草叢や木々に絡まって沢山の花を咲かせているのも見かけます。
朝顔の花と比べると華やかさは無いですが、小さな花で綺麗です。
ヒルガオは種が出来ないで、地下茎で増えるようですね、初めて知りました。そういえば朝顔のような実を付けていないですね。
サツマイモの花は見たことがありませんでした。ヒルガオに似た綺麗な花ですね。
2008年07月13日 18:56
信徳さん、今晩は。
香貫山のヒルガオは椿の天辺に咲いているのは特殊で、それ以外はススキやその他の草に隠れて咲いています。写真を撮る為にはススキの葉で手を切らないようにして葉を掻き分けて撮影しました。西洋アサガオは元気の良いものが多いですね。在来種も負けないようにしないといけません。
2008年07月13日 18:58
chiharuさん、今晩は。
ヒルガオが、そちらでも咲き始めましたか。この花は意外と咲いている期間が長いです。香貫山でも大分前から咲いていました。
2008年07月13日 19:02
OSAMIさん、今晩は。
私もサツマイモの花は今回が初めてでした。最初、見た時はヒルガオ科とは知りませんでしたので、アサガオやヒルガオにソックリでビックリしました。サツマイモの蔓の下に藁でも敷いてやって、泥まみれにならないように、して上げたいです。
2008年07月13日 22:18
寅太さん、今晩は。
崖下の撮影はズームで写しました。無理して降りて怪我したら、何を言われるか解りませんので。私も小さい頃にはサツマイモの畑は見ていましたが花が咲いているのを見た事が有りませんでした。御用邸で初めて見てビックリしました。そうですね、ヒルガオが焼酎の祖先になりますね。
2008年07月13日 22:25
plysimaさん、今晩は。
ヒルガオは夏の暑い日に爽やかさを感じる花の一つですね。綺麗な花を咲かせながら種が出来ないのも不思議ですね。
所で、私のブログのトップページの右側中程にマイリンク集を載せました。今は、香貫山の植物と山行記録の索引を載せています。plysimaさんのブログへのリンクを載せても良いでしょうか?
2008年07月13日 22:31
杏さん、今晩は。
ヒルガオはアサガオみたいに華やかでなく、自己主張もせずにヒッソリと、清楚に咲いていますね。種が出来なくても地下茎で増えるので確実ですね。サツマイモの花は意外に綺麗です。そちらでもサツマイモの花を見つけてみて下さい。

この記事へのトラックバック