位牌岳ウォーキング(その1)   

 先日、愛鷹山(あしたかやま)山系にある位牌岳(いはいだけ 1,457m)に登ってきたので、今日はその模様を綴る。
 この日の朝、麓から愛鷹山を見ると薄い雲が掛かっていただけで富士山共々良く見えた。富士山を久し振りに見た。最近雨が多かったが、この日は何とか山行が決行できた。
画像
                     (久し振りの富士山、雪も大分溶けてきた)

 スタート地点は桃沢川上流にある水神社(約550m)で、今日の標高差は約900m。暫くは簡易舗装された明るい林道を歩く。
画像
                      (桃沢川に沿った明るい林道)

 歩き始めて15分後に、フタリシズカの群落に出合った。フタリシズカは地下茎でも繁殖するので群落を形成する又、花も1~5本と資料に有るが、その通りであった。
画像画像
               (花の本数は1~5本と変化に富んでいた)

 30分ほどで、林道から山道へ入る地点に着く。小休止しながら案内図を見てこの日のコースを確認した。
画像
                 (「つるべ落としの滝」から「位牌岳」ハイキングコース)

 往きは、下中央の「現在地」から赤い線を左上に進み「つるべ落としの滝」を経由して一番上の「位牌岳」まで登る。帰りは「位牌岳」から少し戻った所から右の黒い線を進んで「池の平」を経由して、下の黒い線を進んで「現在地」まで戻る。この地図の外側の道を一周することになる。そして、登りは沢沿いの道を歩き、下りは尾根道を歩く。
 山道に入ると、鬱蒼とした林の中で薄暗い。道は平べったい岩があって歩き良さそうに見えるが、石の上に乗ると石がぐらついて意外に歩き難い。
画像
                     (歩き易そうで歩き難い岩道)

 ガクアジサイの様な花が所々見えていたが、少し明るい所で撮影した。帰宅して調べたらユキノシタ科のガクウツギ(額空木)だった。
画像画像
                   (ガクウツギは装飾花の萼片が不揃い)

 暫くの間は暗い道が続くが、ガクウツギが白い花を咲かせている所は明るくて賑やだ。
画像
画像
                  (薄暗い登山道を照らしてくれるガクウツギ)

 池の平からのコースと合流する。
画像
                     (暗くて標識の文字も見難い)

 標識に近づいて読むと、つるべ落としの滝までは0.15kmとあった。沢を流れる水音も大きくなってきた。沢を渡るとつるべ落としの滝(933m)に着いた。
画像
                  (ガクウツギに飾られたつるべ落としの滝)

 沢を覗き込む斜面にはガクウツギの枝が垂れ下がって見事な景色を見せてくれていた。
画像
                         (ガクウツギの群生)

 つるべ落としの滝で小休止。明日に続く。

<フタリシズカ(二人静)>
  センリョウ科、ヒトリシズカ属
  名前の由来:花を2本つける
<特徴>
  多年草
  5~6月咲き
  花は1~5本付くが2本の場合が多い
  草丈20センチまで
  花弁はなく3 個の雄しべが丸く子房を取り巻く
  地下茎でも繁殖し、群落を形成する

<ガクウツギ(額空木)>
  ユキノシタ科、アジサイ属
<特徴>
  落葉低木、2mまで
  5~6月に林の縁などで白いあじさい状の花を咲かせる
  萼片が白く3~5枚あり装飾花と呼ぶ、萼片は大きさが不ぞろい
  黄色い放射状の花が両性花
  枝が細く垂れ下がり易い

 今日は天気も良く、沼津御用邸へ自転車行って来た。園内の歩数は4,637歩、今週の累計歩数は28,618歩/5日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年06月06日 20:56
愈々富士山の登場ですね。このところ雨ばかりで久し振りの晴れで富士さんも大喜びでしょう。ガクウツギも純白で富士さんの雪のようで綺麗です。
2008年06月07日 06:04
静かな山行が出来たようですしつるべ落としの滝も水が多くて良い感じでよかったですね、ガクウツギの群生が見事で素晴らしい景色です。
2008年06月07日 13:52
久しぶりの富士山綺麗ですね~。
手前の山々の雪の消えて青い山後方の富士山の雪も少なくなっていますね。山中の真っ白いガクウツギの花が綺麗ですね。高尾で見ましたが山の中で見かけた真っ白い花はとても綺麗だったこと覚えています。
つるべ落としの滝も綺麗ですね。
寅太
2008年06月07日 14:49
久しぶりに晴れると、また素晴らしい富士山です。
ガクの大きな花ですね。私は逆にきょうはガクのない両性花だけのコアジサイです。
つるべ落としの滝とは面白い名前です。
2008年06月07日 19:25
信徳さん、今晩は。
私のブログにも富士山は久し振りだと思います。朝早く顔を出していても直ぐに雲に隠れてしまっていました。ガクウツギはアジサイほど派手ではないですが薄暗い山道では良く目立ちます。日光もろくに当らない場所ですから、しょうがないかも知れませんが。
2008年06月07日 19:30
OSAMIさん、今晩は。
愛鷹山は余り登山者もいなくて寂しいですが、この日は何組かの登山者に会いました。天気が良かったので静に山行が楽しめました。最近、雨が多かったのでつるべ落としの滝も水量が多くて、滝らしかったです。ガクウツギの群生に会えて良かったです。
2008年06月07日 19:36
杏さん、今晩は。
富士山もそろそろ、夏への模様替えの時期です。7月1日の山開きまで1ヶ月を切りました。ガクウツギは暗い山道の中で明るさを提供してくれました。派手な花ではないですが、綺麗な花でした。つるべ落としの滝は季節によっては水が落ちていない事もありますが、今回は十分な水量が有りました。
2008年06月07日 19:45
寅太さん、今晩は。
富士山は冬の姿から夏の姿に変わる時期になっています。もう少しすると雪がなくなり富士山登山シーズンになります。愛鷹山では麓の方でコアジサイの蕾が膨らみ始め、開花が始まった所でした。上の方ではまだまだ小さな蕾でしたが。つるべ落としの滝の名前の由来は解っていません。

この記事へのトラックバック