檜洞丸ウォーキング(後半)   

 昼食後の下山路は犬越路を経由して用木沢出合に向かう。登りのツツジ新道の山頂直下はバイケイソウやマルバダケブキが緩斜面に広がるお花畑であったが、こちらは一転して霧に包まれた谷底を目指して歩き出す感じだ。犬越路までの歩行距離は3.6km。
画像
                   (霧の中、犬越路を目指してスタート)

 丸太の階段を一歩一歩慎重に降りていくと大きなシロヤシオの木が目に飛び込んできた。白い花も登り道で見た以上にまだ咲き残っていた。檜洞丸には樹齢100~200年のシロヤシオが有ると言うが、この木もその中の1本なのかも知れない。
画像画像
       (シロヤシオの白い花)         (大きなシロヤシオの樹齢は何年かな?)

 丸太の階段を終え稜線を行くと、今度は満開のトウゴクミツバツツジが現れた。これも登り道で見たトウゴクミツバツツジよりも花の最盛期で綺麗だった。
画像画像
                  (満開のトウゴクミツバツツジ) 

 ツツジ新道よりもこちらの稜線の方が気象的に厳しくて花期が少し遅いのだろうか。いづれにしても檜洞丸のツツジを観賞出来たので良かったと思った。尾根は相変わらず霧に包まれていた。
画像
                         (霧の中から谷底を覘く)

 暫く下った所でやっと霧の下に出た為、谷底がはっきりと見えて来た。
画像
                         (霧も晴れて谷底を覘く)

 地図を見ると、檜洞丸から犬越路までには熊笹ノ峰、大笄、小笄とピークがあるが狭い尾根道や鎖の設置された急坂を慎重に進むので、ピークの確認や回りの景色を楽しむ余裕がない。高さ10m位の鉄製の梯子を降りていると梯子の向うに白い花が咲いていた。ツクシカラマツではないかと思いながらシャッタを押した。暗い所で梯子に摑まりながらの為ピンボケになってしまった。
画像
                         (ツクシカラマツ?)

 犬越路を目指して進むとカマツカやツクバネウツギが綺麗な花を咲かせていた。
画像画像
            (カマツカ)                     (ツクバネウツギ)

 更に進むと背丈程もあるクマザサに囲まれた道になる。ここまで来るとようやく尾根道は緩やかになり、クマザサを掻き分けながら進んでいくと、ひょっこりと犬越路に出た。避難小屋も瀟洒な建物だ。
画像
                       (犬越路と避難小屋)

 来た方向を振り返ると薄く霧が掛かった檜洞丸が見えた。
画像
              (一番奥に見える薄く霧が掛かったピークが檜洞丸)

 ここから麓の用木沢出合を目指す。歩行距離は2.5km。このルートは東海道自然歩道と書いてあるが、かなり急な涸れ沢で岩がゴロゴロしていて余り整備されていない様に感じた。水の流れている沢に近づいた所で、涸れ沢を出て沢沿いの道に入り、やっと歩き易くなる。沢の支流に掛かっている木橋や鉄橋を渡って下っていく。
画像
                        (鉄骨組の橋を渡る)

 橋の無い所は石伝いに沢を渡り返しながら進む。途中の広い河原でしばし休みを取る。綺麗な水で顔を洗うと、冷たくてとても気持良かった。沢に沿って歩み続け、最後に大きな橋を渡る。
画像
                    (橋の上から見る大きな砂防提の滝)

 橋を渡ると間もなく用木沢出合に到着した。
画像画像
              (卯の花が出迎えてくれた用木沢出合)

 今回の歩行時間は登りが4.8kmを3時間、降りは6.1kmを3時間30分、合計10.9kmを6時間30分だった。
 今日は雨でウォーキングは中止。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年06月21日 22:16
登り3時間は相当な健脚ですね、新緑の中に綺麗なトウゴクミツバツツジが良いですし、この季節に再度カマツカやツクバネウツギ等の花に出合うのも良いなと思います。
2008年06月22日 06:40
慣れた山であれば問題ないでしょうが霧の登山は怖いでしょうね。霧の中を歩くのは想像しただけで嫌です。霧が晴れたところに出て綺麗な花に出会えた時はまた格別なものでしょう。
2008年06月22日 10:11
ご無沙汰しました
シロヤシオの白い花やトウゴクミツバツツジ等、どの花も初めて見せて頂きました。またすばらしい景色を楽しませて頂きました。有り難う御座います。
寅太
2008年06月22日 10:57
晴れているのに上のほうはすごい霧ですね。
自生地が判らない謎の植物のツクシカラマツが、犬越路で見つかると一大発見になります。
花や葉の形はそっくりですね。
カラマツソウやミヤマカラマツも似ています。
2008年06月22日 18:35
OSAMIさん、今晩は。
ロートルが頑張って歩いていますが、若い人達には「お先にどうぞ」と、度々道を譲っています。この時期に新緑の中でミツバツツジに会うとは思いませんでした。カマツカは香貫山では大分前に見ていますが、矢張り高山では遅く咲くのですね。何だか儲かった気分で撮影をしましたよ(笑)。
2008年06月22日 18:44
信徳さん、今晩は。
この日の霧はまだ足元や数十m先は見えていましたから問題なかったですが、もっと濃い霧になると危険ですね。しかし、景色も見えず、黙々と歩くだけになりますね。仰る通り、霧の中から抜けるとパッと明るく景色も広がり、綺麗な花が咲いていれば最高で、嬉しくなりますね。
2008年06月22日 18:48
chiharuさん、今晩は。
シロヤシオもトウゴクミツバツツジも見れて良かったです。が、ざんねんながら時期が少し遅かった様でした。シロヤシオの最盛期にまた訪れてみたいと思っています。
2008年06月22日 19:09
寅太さん、今晩は。
梅雨時は高山の上の方はどうしても霧が多くなるようですね。ツクシカラマツに関する情報有難う御座います。ピンボケでない花の画像や、葉の画像が無いので詳細な調査が出来ませんので、次回に良く見てきましょう。次回が何時になるかは?ですが(笑)。
2008年06月23日 01:28
こんばんは。
画像を見せていただくと大きなシロヤシオの木ですね。
シロヤシオの花は、まだ見たことがありませんが、山中で出会った真っ白いシロヤシオの花は綺麗でしたでしょうね。
鮮やかなトウゴクミツバツツジの花も満開のようで綺麗に咲いていますね。梯子に摑まりながら撮られたというツクシカラマツの花は初めて見せていただきましたが綺麗ですね。
2008年06月26日 12:09
杏さん、今日は。出かけていた為に遅くなり申し訳ありませんでした。
このシロヤシオは大きかったので樹齢100年以上経ったものかも知れません。シロヤシオの花は白色で綺麗でした。もう少し早い時期に訪れたら見事な姿を見れたと思いますが、今回は見損なってしまいました。トウゴクミツバツツジの方はまだ、満開のものもあり見事な姿を見る事が出来ました。私もツクシカラマツは初めてでした。

この記事へのトラックバック