香貫山の植物  ツルマンネングサ (番外編 コゴメマンネングサ)      

 香貫山の舗装道路脇に黄色の花が一塊になって咲いている。ベンケイソウ科のツルマンネングサ(蔓万年草)だ。
画像画像
                   (ツルマンネングサ)

 花弁は5個で黄色。雄しべもしっかり見えるが、普通は結実しないと資料にある。
画像
                     (星のような花のツルマンネングサ)

 草丈10~15cmで、茎は紅色を帯びる。葉は3枚で輪生する。
画像
                     (茎は紅色を帯び、葉は3枚で輪生)

 河原や道路の石垣のような乾燥しやすいところで普通に見かける。上述したように花は不稔だが、繁殖力は強く匐枝で栄養繁殖を行い、ちぎれた植物体の一部が発根・発芽してコンクリートブロックの間から顔を出すこともあると資料にある。
画像
                     (コンクリートの間から顔を出す)

<ツルマンネングサ(蔓万年草)>
  ベンケイソウ科、マンネングサ属
<特徴>
  草丈10~15cmの多年草
  茎は紅色を帯び、花をつけない茎は長く地を這う
  葉は3枚で輪生、長さ1.3~2.5cm、淡緑色~濃黄緑色
  花は直径1.5~1.7cm
  花弁は5個で黄色
  裂開前の葯は橙赤色

《番外編》 コゴメマンネングサ
 近所のガソリンスタンドのコンクリート塀の隅にツルマンネングサと同じ様な黄色の花を咲かせている一塊があった。マンネングサの仲間のコゴメマンネングサ(小米万年草)だ。
画像画像
                     (コゴメマンネングサ)

 葉は多肉質なのはツルマンネングサと同じだが、形状が円柱状で長さ3~5mm、柄はなく密に付く点が異なる。
画像
                     (葉が小さなコゴメマンネングサ)

<コゴメマンネングサ(小米万年草)>
  ベンケイソウ科、マンネングサ属
<特徴>
  草丈5~10cmの多年草
  茎は基部で多数分岐し、枝を密につける。
  葉は多肉質で円柱状で長さ3~5mm、柄はなく密に付く
  花は茎頂に1個つき、花弁は黄色で5個。

 今日は大瀬崎から井田を経由して戸田まで歩いて来た。歩数は20,600歩、今週の累計歩数は48,506歩/6日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年06月15日 08:17
宝石箱を開けた時に見られる光景です。(実際開けた事はありません)創造の領域ですが。
寅太
2008年06月15日 14:27
2万歩の大台は、さすが健脚です。
3枚の葉が輪生というので、わが家のツルマンネングサを見ましたら、そうなっていました。
地上を這っている時は、付け根はきれいに輪生していますが、葉が片方によっていました。
最近、道路際で目立つようになりました(よく道路わきを見るようになったからかも)。
2008年06月15日 17:55
PCの不具合でご無沙汰してしまいました。
ツルマンネングサの花びらが好きな花です。
拡大写真で見せて頂き有り難う御座います。
2008年06月15日 22:05
信徳さん、今晩は。
そうですね、ツルマンネングサの花は、宝石箱の中のダイアモンドや金が光っているようですね。我家の宝石箱には光る物は無いかも・・・。
2008年06月15日 22:17
寅太さん、今晩は。
一日2万歩は疲れます。今日も2万歩で、しかも山なので流石に今は足が痛いです。3輪の葉の確認ご苦労様でした。そうですね、私もこのマンネングサの仲間を道路の端で良く見ます。これからもっと増えるかも知れませんね。
2008年06月15日 22:20
chiharuさん、今晩は。
PCの不具合は困りますね。でも復旧できて良かったですね。マンネングサの仲間はどれも同じ花で綺麗ですね。

この記事へのトラックバック