沼津海岸線ウォーキング  沼津御用邸記念公園(その11)

西付属邸苑地(そのⅢ)

<沼津垣広場>
 沼津垣広場は御殿に向かって左(東)側にあり、名前の通り沼津垣に囲まれている。
画像画像
                       (沼津垣広場)

 広場の中には御用邸内に樹生していた大きな黒松の根元が置かれ、御用邸内の散策者の休憩用ベンチに利用されている。
画像
                       (推定樹齢300年の黒松の根元)

 この広場は各種のイベントに利用されている。
 この広場の外側をぐるりとアジサイが植えられていて、今そのアジサイが見頃を迎えていた。以下にその模様を載せる。
画像画像
 
画像画像
 

 また、園内で植えられている品種の説明用と思われるが、名前付きの株が並んでいたので以下にそれを載せる。
画像画像
         (オタフク アジサイ)                (アナベル アジサイ)
画像画像
         (カシワバアジサイ)                  (スミダノハナビ)
画像画像
        (クレナイ)                       (ホバリ アホベラ)

 最後に、沼津垣広場にある、竹垣の種類を以下に載せる。
画像画像
             (沼津垣)                     (金閣寺垣)

 昨日綴った竹垣と合わせ、沼津御用邸内の庭園には竹垣が良く似合っている。これからも記念公園としてこの竹垣も維持して貰いたいものだ。
 今回のその11で沼津御用邸記念公園に付いての記述を終える。最後に、歴代の天皇皇后両陛下、皇太后陛下のご利用日数であるが、明治、大正、昭和の三代、七十七年間にわたり、延べ五千日以上にも及ぶと言う。単純平均で、65回/年になる。これ以外に他の皇族の方々のご利用も含めたらどうなるか、そのデータは無かった。
 以下に、現、旧皇太子殿下と妃殿下が沼津御用邸に来られた時の写真を載せて本シリーズを終える事とする。
画像
            皇太子殿下、美智子妃殿下(現今上、皇后両陛下)
       浩宮徳仁親王(現皇太子殿下)同伴でご滞在   昭和37年8月4日

画像
                  皇太子殿下、雅子妃殿下
            沼津御用邸記念公園行啓  平成12年2月9日

 今日は所用でウォーキングは中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年06月12日 20:45
今日の竹垣も良い雰囲気ですね、奇麗なアジサイですが中でもオタフクというのは初めてたてとても軟らかい感じが良い感じだと思います。
plysima
2008年06月13日 00:15
昨日の投稿の建仁寺垣はメジャーなので知っていましたが、金閣寺垣と沼津垣!は初めて聞きました。沼津垣は写真で見るとなかなか手が込んでいますね。
信徳
2008年06月13日 11:17
アジサイにピッタリの季節です。綺麗に咲いています、沼津の方は満開ですね。こちらは漸く咲き出したところです。
2008年06月13日 15:10
沼津垣広場の大きな黒松の根元は散策者の休憩用ベンチに使用されていますが樹齢300年だそうですね。大きな立派なテーブルにも・・。などと思いました(笑)
周りの竹の垣根も金閣寺垣、沼津垣は本当に綺麗な垣根ですね。様々な色で綺麗に咲いているアジサイと良い雰囲気ですね。
やはり手作りの良さでしょうか。
沼津の御用邸は皇室の方々が良くおいでになられたようですね。
皇室の方々の写真も多く残っていますね。皇太子様の子供の頃の懐かしい写真は微笑ましいですね。
2008年06月13日 18:35
OSAMIさん、今晩は。
竹垣は日本家屋や日本庭園に良く似合いますね。アジサイとも似合うと思います。私はアジサイのオタフクには初めて会いました。丸いお椀の様な花弁が面白く感じました。
2008年06月13日 18:46
plysimaさん、今晩は。
沼津市民としては沼津垣はしっかりと覚えておいて下さい。材料は箱根竹という細い篠竹を十数本ずつ束ねて、網代編みにしています。この束を「手」といい、どの束も別の二つの束を越えて編んでいるため、、この編み方は「二手越し」と呼ばれています、とパンフレットに書いて有りました。そして、沼津垣は浜の潮風を防ぐ為に昔から用いられてきたとも書いて有りました。
2008年06月13日 18:50
信徳さん、今晩は。
梅雨時にはアジサイが良く似合います。雨に濡れたアジサイも良かったのですが、今回は天気の良い時に写しました。群馬の方はこれからがアジサイの季節ですか。楽しんで下さい。
2008年06月13日 19:00
杏さん、今晩は。
大きな黒松の根元はテーブルにした方が似合いそうですね。周りに松の幹を切って並べれば椅子になり、松林の中の立派なランチ用の食卓になりますね(笑)。竹垣は日本庭園に良く似合いますし、アジサイとも良く似合います。沼津御用邸は天皇、皇后陛下以外の皇族の方々も入れれば、相当の頻度で使われていたのではないかと思います。今生天皇が皇太子時代に美智子様と今の皇太子様と3人で散策されている写真は心温まる良い写真ですね。
寅太
2008年06月13日 19:03
竹を曲げて造る光悦寺垣、そして今度は斜めに竹を編む沼津垣を覚えました。
コメントを詠むと知識が増えます。
今回も行啓という難しい言葉がありました。
天皇は行幸、皇后と皇太子は行啓、天皇と一緒は行幸啓、他の皇族はお成りと使い分けるとネットに出てました。沼津市民はなれていると思いますが、使い分けるのもたいへんですね。

2008年06月13日 22:55
寅太さん、今晩は。
行幸、行啓、行幸啓、お成りと使い分けるとは知りませんでした。展示に行啓と書かれていたから、そのまま使いました。皇室関連の知識を有難うございました。
お成りに関連して、沼津市内の狩野川に架かっている橋の一つに御成橋(おなりばし)が有ります。沼津御用邸が出来てから皇族が沼津駅からこの橋を渡って御用邸に行ったので、それ以降から橋の名前が御成橋に変わったそうです。(それ以前の橋の名前は忘れましたが)

この記事へのトラックバック