香貫山の植物  アヤメ (番外編 ニセアカシア)   

 香貫山には幾つかの水飲み場がある。その内の1ヶ所にアヤメ科のアヤメ(菖蒲)が咲いていた。
画像
                            (アヤメ)

 登山道からは目が届かない潅木の陰にあったので、今まで気付かなかった。
画像
                (潅木の陰で、ドクダミや他の草の中に咲くアヤメ)

 雨に濡れた後だったので水滴が残っていて綺麗だった。
画像


 香貫山ではここ以外ではアヤメは見ていない。水道工事の時に持ち込まれたのだろうか。どの様な経緯でここに咲き出したのか興味は有るが、綺麗な花なのでもっと増えてくれれば良いがな、と思う。

<アヤメ(菖蒲)>
  アヤメ科、アヤメ属
<特徴>  
  多年草
  5~6月に咲く
  畠など乾燥地を好み湿地に植えない
  日当たりのよい排水の良い場所を好む
  草丈50cmまで
  アヤメは花びらの基側に網目の模様がある
  似た花のかきつばたは湿地を好み、花びらの基側に網目はない

《番外編》 ニセアカシアの実
 ニセアカシアに付いては一昨年の5月9日に綴っている。今年もほぼ同時期に咲いていたと記憶している。
 そのニセアカシアを5月31日に見たら、もう黒くなった実が沢山吊る下がっていた。
画像画像
          (黒く成熟した実を稔らせた?ニセアカシア  5月31日撮影)

 花後まだ、一月位しか経っていないと思うので完全に成熟したとは思えない。若い鞘の色が黒っぽいとしか思えないが・・・。継続して観察する事とする。

 今日は午前中雨で、午後になって上がったがウォーキングは中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年06月09日 20:30
紫の綺麗な花ですね。アヤメ、カキツバタ、ショウブ・・・区別がまだつきません。
plysima
2008年06月09日 22:46
香貫山は水飲み場やトイレなどがあるので、山登りには便利ですね。アヤメが山の上のほうに咲いているのは、ちょっと不思議な感じがします。
2008年06月10日 07:15
水滴が付いてこの季節にぴったりのアヤメの写真です、山ですし水飲み場の環境でアヤメが生育しているというのも面白いですよね。
2008年06月10日 17:59
信徳さん、今日は。
私の判別方法は、アヤメは花弁に模様があり、無いのがカキツバタ。カキツバタよりも花弁が大きいのがハナショウブです。並んでいれば解り易いですが、単独で見ると怪しくなりますね。
2008年06月10日 18:27
plysimaさん、今日は。
そうですね、香貫山には水道も有ればトイレも有りますから安心して山登りできますね。アヤメは高い山でも見られますが香貫山では初めてでした。もっと増えてくれれば良いと思っています。
2008年06月10日 18:36
OSAMIさん、今日は。
香貫山でアヤメが咲いているのは初めて見ました。誰かが植えたのかもしれませんが、もっと増えてくれれば良いがな、と思っています。
2008年06月10日 21:12
こんばんは。
香貫山でアヤメの花が咲いていたのですね、草原などでもアヤメの花が見られるようですが、目の前で綺麗なアヤメの花をご覧になれて良かったですね。雨に濡れたアヤメの花は素敵です。来年はアヤメが増えて綺麗な花が沢山咲いていると良いですね。
ニセアカシアの花後に沢山の黒い豆が付いていますね。
こちらでも花を見ましたので豆が付いているか見てみたいと思います。
寅太
2008年06月10日 23:04
綺麗なアヤメの模様がでています。
先日、北富士でも見ましたが、乾いた草原で群生はしていませんでした。
香貫山も自生だと思います。
ニセアカシアはもうこんな豆になるんですね。
2008年06月11日 07:26
杏さん、お早うございます。
山の中ではやはり、アヤメは目立ちます。紫色の花弁が大きくて綺麗です。雑草の中で健気に咲いていました。今年しっかりと陽を浴びて大きく育てば来年はもっと沢山の花を咲かせてくれると思っています。ニセアカシアの黒い実は、香貫山のニセアカシアだけの現象かもしれませんので、そちらの様子も見て下さい。
2008年06月11日 07:34
寅太さん、お早う御座います。
寅太さんも北富士で自生のアヤメをご覧になりましたか。私も昨年、山梨県の富士山の近くの山で見たのですが、どこの山だか思い出せません。老化現象の一つかなと、寂しい限りです(笑)。ニセアカシアの実はチョッと信じられない気がします。まさか、ニセの実ではないと思いますが・・・(笑)。

この記事へのトラックバック