香貫山の植物  ツルウメモドキ (番外編 ヒトリシズカ)   

 ツルウメモドキに付いては昨年の12月23日に赤い実を中心に綴った。後は、この花を撮影する宿題が残っていた。
 ツルウメモドキは雌雄異株で雄株は登山道脇に有るのを見つけた。
画像(ツルウメモドキの雄花)

 雄花は雌花に比べて大きく花弁の長さは4mm

 雄しべは5本

 中心に退化した雌しべがあると資料にあるが、見えない。
          
画像(ツルウメモドキの雄株)

 葉脇に花序を付ける
              
 しかしながら、香貫山では接写が出来る雌株は見つからなかった。どれも、谷側に突き出した所にしかない。手が届く所に生えていたら秋の赤い実が生る頃に枝を折られてしまう為だろうと推測する。
 幸、近所のお宅に雌株があったのでそこで撮影してきた。
画像(ツルウメモドキの雌花)

 雌花の花弁は淡緑色で長さ約2.5mm

 雌しべの柱頭は3つに分割

 周辺に退化した雄しべがある
 
 秋の赤い実と黄色の殻の鮮やかな姿に比べたら随分地味な花だ。
               
《番外編》 荒倉山の山野草  ヒトリシズカ 
 今日から暫くの間、昨日行って来た荒倉山で出合った山野草を番外編で綴る事とする。今日はヒトリシズカ(一人静)。 
 荒倉山の山頂に近い林下の登山道脇に、ヒトリシズカが一塊で咲いていた。しかも、この株立ちがあちこちにあった。
画像
                    (登山道脇に群生していたヒトリシズカ)

 昨年、山野草展で確か600円で青軸一人静を購入したが不幸にも昨年の夏に枯れてしまった。今年はヒトリシズカを見られないかと諦めていたが、幸いにも荒倉山で飽きるほどに又、贅沢に見る事が出来た。
画像
                   (自然の中で艶やかに咲いたヒトリシズカ)

<ヒトリシズカ(一人静)>
  センリョウ科、ヒトリシズカ属
<特徴>
  4~5月に咲く
  長さ1~2cmのブラシ状の白い花
  葉は4枚輪生する
  株立ちで繁殖する
  明るい落葉樹の下に生える
  草丈10cm前後

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は8,132歩。今週の累計歩数は42,937歩/5日。  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年05月09日 20:49
ツルウメモドキの宿題をキチンと整理してやり遂げる行動力に頭が下がります。自然の中で咲いている一人静は葉に光沢が有りますね。
2008年05月09日 21:41
今晩は
ツルウメモドキは雌雄異株でしたか。知りませんでした。
教えて頂き有り難うございます。
OSAMI
2008年05月10日 10:19
秋には赤い実が目立つツルウメモドキも花は特別に注意を払わないと見過ごしてしまいますね、山ではヒトリシズカが奇麗に咲いていて良かったですね。
寅太
2008年05月10日 15:58
わが家でニシキギの花が咲いていますが、ツルウメモドキににて5弁で小さな花です。
こんな花は結構多いようで、不思議と実のなる木が多いようです。
ヒトリシズカは素晴らしい。
地表に少し見えますが、全開してないのがまた可愛いと思います。
二人静は群生しないのに、一人静は群生することが多く、名前とは随分違うといつも思っています。
青軸一人静、思い出しました。青軸は珍しいので高価ですね。
2008年05月10日 18:17
信徳さん、今晩は。
ツルウメモドキの雄株を見つけられたのはラッキーでした。実がならないので前年には何処に有るか解っていませんでした。今年になって小さな緑色の花を見つけて調べたらツルウメモドキの雄花でした。やはり、植物の葉や株立ちで種類を見分ける事が出来ないといけませんね。
 やはり、自然の中で咲き始めのヒトリシズカには花だけでなく葉も株全体にも勢いが感じられました。山野草の1年の中で一番美しい時なのでしょう。
2008年05月10日 18:20
chiharuさん、今晩は。
樹木や蔓植物には雌雄異株のものが多いですね。雌雄同株なら未だ両方の花を撮影するのは楽ですが、雌雄異株のものは両方の花を撮影する為には両方の株から探さないといけませんので大変です。
2008年05月10日 18:27
OSAMIさん、今晩は。
ツルウメモドキの花は大きさも色も共に目立たない花でした。昆虫がどうやって見つけているのか気になる所です。荒倉山の山頂付近はヒトリシズカにとっては一番の見せ時の様でした。この山を訪れる人も少なくて自然がそのまま残されているのかも知れません。
2008年05月10日 18:34
寅太さん、今晩は。
概して、樹木の花は小さいものが多いですね。色も地味で目立たないものが多いように感じています。群生に関しては、ヒトリシズカとフタリシズカでは名前と逆の傾向があるとは初めて知りました。良く覚えておきましょう。青軸一人静は珍しかったのですか。枯らしてしまって残念な事をしてしまいました。
2008年05月10日 18:46
秋に真っ赤な実を付けるツルウメモドキは綺麗です。ツルウメモドキの花は、緑色の小さな目立たない花ですね。
先日、小さな蕾を見ましたが、もう花を咲かせているのですね。雌雄異株も初めて知りました。
ヒトリシズカの花も綺麗ですね。まだ見たことがありませんが、自然の中で咲いている花を見つけると嬉しいものですね。
2008年05月10日 21:37
杏さん、今晩は。
ツルウメモドキの花は実に比べたら目立たない花です。雌雄異株で雌株がなかなか見つからず困りました。私もヒトリシズカをこの様に沢山生えている所は初めてで、感動しました。

この記事へのトラックバック