香貫山の植物  オオバウマノスズクサ    

 今日は香貫山で見つけた珍しい花を綴る。それはウマノスズクサ科のオオバウマノスズクサ(大葉馬の鈴草)の花だ。
画像
 花冠は萼片が3個合着
 花冠は径2~3cmで、内側に褐色の縞模様がある

                     (オオバウマノスズクサの花)
画像画像

     (花冠はサキソフォンに良く似ている  左:左側面から見る   右:右側面から見る)
画像
 萼筒はU字形に折れ曲がる

                     
画像
 葉腋から長い柄を出しその先端に花を1個つける


画像
 葉は円形から卵状三角形で基部は心形で、全縁


 名前の由来は、ウマノスズクサの仲間で葉が大きいからとある。しかし、ウマノスズクサの由来は花が馬の首にかける鈴に似ているからと有るが、馬の首にかける鈴がどんな物なのか知らないので何とも判断できない。

<オオバウマノスズクサ(大葉馬の鈴草)>
  ウマノスズクサ科、ウマノスズクサ属
  名前の由来:ウマノスズクサの仲間で葉が大きい
          
<特徴>
  落葉蔓性の木本。
  葉は互生(一部対生)し長さ10~15cm、円形から卵状三角形で基部は心形で全縁
  花期は5~6月
  葉腋から長い柄を出し、先にサキソフォン形の花を1個つける
  花冠は萼片が3個合着し、径が2~3cmで、内側に褐色の縞模様がある
  萼筒はU字形に折れ曲がる。

 今日のウォーキングは雨模様で中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年05月05日 22:27
今晩は!大変珍しい花を見つけましたね。ランに似たような花ですね。私も初めて拝見しました。ブログのアドレスですがコメント者「信徳」をクリックすると出てきますので宜しくお願いします。
2008年05月05日 23:07
珍しい植物ですね初めてです、花も面白い形ですしどのような実が出来るのかとても興味があります、実を楽しみにしています。
2008年05月06日 19:03
信徳さん、今晩は。
オオバウマノスズクサ(大葉馬の鈴草)とは漢字の名前を見ないと解らないですね。大きな葉の裏に隠れているので葉をめくらないと見つけられません。ブログのアドレスに付いては愚問をしてしまいました。5月2日から「アドレス付きの信徳さん」になっていました。後でゆっくりと訪問させて貰います。
2008年05月06日 19:05
OSAMIさん、今晩は。
葉は何処にでも見られる形ですが花は特異ですね。どんな実が生るのか興味が有りますね。観察を続けてブログアップする予定です。
寅太
2008年05月06日 22:49
香貫山の最も珍しい植物でしょう。
きょう園芸店に行きましたが、ウマノスズクサはかなり高かった。
よく盗られないで残っていました。
昔は馬に鈴をつける風習があったようですが、何の目的でつけたんでしょう。
2008年05月07日 16:16
オオバウマノスズクサ変わった花ですが初めて見せて頂きました。珍しい花を見せて頂きありがとう御座います。
2008年05月07日 22:51
寅太さん、今晩は。
そうですね、このオオバウマノスズクサは珍しい花の一つだと思います。園芸店で売られているのですか?香貫山で盗掘をする人に意外と存在を知られていないのかも知れません。又は、高い値段が付いているのを知らないかどちらかでしょう。猫に鈴は知っていますが、馬に鈴は?です。
2008年05月07日 22:54
chiharuさん、今晩は。
私は、この様な花の存在は知りませんでした。大きな葉の陰でコッソリと咲いていました。人間にはコッソリかも知れませんが昆虫類には葉の屋根の下で大きな目立つ入口を構えていました。

この記事へのトラックバック