香貫山の植物  タチイヌノフグリ   

 香貫山の階段の登山道に小さな青色の花を付けた草が生えている。タチイヌノフグリ(立犬の陰嚢)だ。
画像画像
                         (タチイヌノフグリの花)

 タチイヌノフグリはゴマノハグサ科で、同じ科のオオイヌノフグリに良く似ている。しかし、花の大きさはオオイヌノフグリよりも更に小さい。花をマクロで撮っても細部が良く見えない。資料には「タチイヌノフグリの雄しべの先は黄色,オオイヌノフグリの雄しべの先は紫色」とある。昨年のオオイヌノフグリの画像と比較してみると、タチイヌノフグリの雄しべは紫ではなく黄色の様だ。(以下、オオイヌノフグリの画像は全て2007年3月25日のブログより転載)
画像
                      (タチイヌノフグリの雄しべは黄色)

画像
                      (オオイヌノフグリの雄しべは紫色)

 また、花の付き方が違う。タチイヌノフグリは葉腋に花が付く。
画像
                      (タチイヌノフグリの花は葉脇に付く)

 オオイヌノフグリの花は葉腋から花柄が出てその先に花を付ける。
画像
               (オオイヌノフグリの花は花柄の先に付く)

 従って、実の付き方も異なり、タチイヌノフグリは葉腋に実を付けるが、オオイヌノフグリは柄の先に実を付ける。実の形は良く似ているが付き方が異なる。
画像
                    (タチイヌノフグリの実は葉腋に上向きに付く)
画像
               (オオイヌノフグリの実は柄の先に下向きに付く)
 
<タチイヌノフグリ(立犬の陰嚢)>
  ゴマノハグサ科、クワガタソウ属
<特徴>
  1年草
  4~6月咲き
  根元から分枝して立ち上がる
  スカイブルーの花は3~4mm位
  花は4弁
  草丈25cmまで

 今日は身延線沿線にある毛無山に行って来た。歩数は17,705歩。今週の累計歩数は76,606歩/7日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年05月04日 21:17
オオイヌノフグリはデコウォーカーさんのブログを見て初めて知った事を思い出しました。このタチイヌノフグリもまだ見たことが有りませんが注意深く見ると何処かに有るのかも知れませんね。5月1日からブログ開始しました。時間が有ったら覗いて下さい。
2008年05月04日 21:23
タチイヌノフグリはたまに見かけますけど花も小さくてオオイヌノフグリのような元気さが無いように感じますが、本家本元のイヌノフグリに未だ出会った事がありません、資料には絶滅危惧種とありますけれど何とか出会いたいものだと思っています。
2008年05月05日 11:01
今日は
タチイヌノフグリは、オオイヌノフグリに似ていますが、茎が直立していて花が小さい上に、開花している時間が短いために目立たない花のようです。私は初めて見ました。見せていただき有り難う御座います、む

2008年05月05日 15:48
タチイヌノフグリは小さな可愛い花ですね。
昨年初めて見ましたが、小さな青い花を見つけた時は嬉しかったです。
今は色々な場所に咲いています。
タチイヌノフグリの雄しべは黄色だったのですね、気が付きませんでした。川原などで、小さなタチイヌノフグリの花が風に吹かれている様子は可愛いです。
2008年05月05日 20:51
信徳さん、今晩は。
私はオオイヌノフグリは前から見て知っていたのですが、タチイヌノフグリは今年になって初めて見ました。しかし、一度存在を知ると、香貫山のアチコチに生えているのを見つけました。多分、昨年も見ていたのでしょうが目に入らなかったのではと、思います。ブログのスタートおめでとう御座います。是非ともお伺いしたいので、アドレスを教えて下さい。
2008年05月05日 20:55
OSAMIさん、今晩は。
私もイヌノフグリには未だ、お目に会っていません。オオイヌノフグリやタチイヌノフグリに押されて本家の旗色が悪くなってしまったのでしょうか。私も会って見たいです。
2008年05月05日 20:59
chiharuさん、今晩は。
私も今回初めてタチイヌノフグリを見ました。しかし、意外とアチコチに生えていることを知りました。小さな花なので、今までも見てはいても目に入っていなかっただけだと思います。
2008年05月05日 21:03
杏さん、今晩は。
私は今年になって初めてタチイヌノフグリの存在を知りました。今までも見てはいると思いますが小さな花で目に入らなかっただけと思います。タチイヌノフグリの雄しべの葯が黄色の様でもあり、そうでもない様にも感じます。最近はもっと拡大できるカメラが欲しくなりました。

この記事へのトラックバック