香貫山の植物  ムラサキカタバミ、イモカタバミ (番外編 オキザリス)  

 昨日は黄色のカタバミ2種を綴ったが、今日はピンク色のカタバミ2種を綴る。黄色のカタバミよりも花が大きくて綺麗だ。

<ムラサキカタバミの花>
画像画像
 ムラサキカタバミと次に載せるイモカタバミは良く似ている。相違点を次に纏めるので上下の画像と合わせて見比べて下さい。
               花弁の色   花の中央部の色    葯の色
  ムラサキカタバミ    薄い         薄い(緑色)    白色
  イモカタバミ       濃い         濃い        黄色
<イモカタバミの花>
画像画像


<ムラサキカタバミの花とイモカタバミの花の比較>
 両者を実物で比較する為に、沢山生えているムラサキカタバミを1本抜き取ってイモカタバミの横に置いて撮影した。
画像


 大きさはイモカタバミの方が大分、大きい。草叢の中に咲いているイモカタバミは緑色の中に濃いピンク色が良く目立ち、とても綺麗だ。しかし、名前にイモ(芋)が付き可哀想だ。地下に芋状の根茎を持つ為に付けられた名前だと言う。
 昨日の黄色のカタバミは花の大きさに似合わないくらい大きい実を付けるが、今日のピンク色のカタバミは実を付けない。増殖はムラサキカタバミは鱗茎で増殖し、イモカタバミは株元に付く芋のような塊茎で増殖すると、資料にある。香貫山に生えているこれらピンク色のカタバミは誰かが植えたものが広がりつつあるのかな? 
 最後に、昨日綴ったカタバミと今日のムラサキカタバミとを比較した画像を載せる。やはり、カタバミは大分、小さい。
画像
                   (ムラサキカタバミとカタバミの比較)

<ムラサキカタバミ(紫片喰)>
  カタバミ科、カタバミ属
<特徴>
  球根
  5~7月咲
  葯の色は白色
  日当たりの良い庭や道傍等すきまを見つけて生える
  草丈20センチまで

<イモカタバミ(芋片喰)>
  カタバミ科、カタバミ属
  名前の由来:地下に芋状の根茎をもつ
  別名:フシネハナカタバミ(節根花片喰)
<特徴>
  多年草
  花期:4~9月
  花径1.5~1.8cm 葯の色は黄色
  草丈15~30cm

《番外編》 オキザリス
 3月半頃、香貫山の登山道脇に黄色いカタバミの花に似た花が咲いていた。ここには昨年も咲いているのを見ていた。近所のお宅に咲いている花と同じカタバミ科のオキザリスだった。
画像画像
                       (オキザリス)
 香貫山では少しづつだが、3箇所に咲いていた。この花も花壇から逃げ出して来た様に思うが、どの様な経過だっただろうか?

<オキザリス>
  カタバミ科、カタバミ属
  別名:ハナカタバミ(花片喰)
<特徴>
  多年草 
  10~4月咲き(黄色は3~4月咲き)
  花径3センチまで 
  草丈10cmまで
  花期が長く寒い時期にも咲いている
  白や黄など花色も多彩

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は9,188歩。今週の累計歩数は31,513歩/6日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2008年05月31日 21:28
カタバミのピンクは初めて見ました。黄色、ピンクと多彩ですね。おまけに近種のオキザリス・・・オキザリスも黄色、ピンク、白と多彩です。
2008年06月01日 09:25
街中を歩いていてもイモカタバミが良く咲いているのに出会います、特に印象的だったのは石垣の上から石垣に垂れるように何メートルにもわたって咲いているのは素晴らしい眺めでしたが、なかなか生命力の強い植物のようですね。
2008年06月01日 19:48
信徳さん、今晩は。
カタバミにピンクのムラサキカタバミが有るのは知っていましたが、イモカタバミは香貫山で初めて見ました。オキザリスも色々の色が有りますが、その内に香貫山にも進出してくると思います。綺麗な花なのでウエルカムですが。
2008年06月01日 19:53
OSAMIさん、今晩は。
イモカタバミを香貫山では昨年までは見た記憶が有りません。最近進入してきたと思います。綺麗な花なのでウエルカムです。この花が、石垣の上から石垣に垂れるように何メートルにもわたって咲いているとは、凄い眺めでしょうね。イモカタバミが石垣の上でラインダンスをしていたのですかね(笑)。
寅太
2008年06月01日 22:24
こうやって並べるとよくわかります。
わが家にあるのはムラサキカタバミだと思っているのですが、じっくり観察してみることにします。
2008年06月01日 22:50
寅太さん、今晩は。
解って頂けたでしょうか。花は単独で見ていると大きさや色の具合の比較が解り難いですが並べると差異が良く解ります。寅太さんの庭は美しい女性に侵入され易いので、進入済みのカタバミはイモカタバミかも知れません。
2008年06月03日 00:59
こちらはムラサキカタバミ、イモカタバミピンクの大きめの花ですね。
黄色い花カタバミの花も良く見かけますが、こちらではムラサキカタバミは線路沿いに群生して咲いています。お天気は悪いと開花しないでいますね。イモカタバミは花の色が濃く大きくて綺麗ですね。
オキザリスの花、黄色い綺麗な花でやはり大きな花です。
香貫山で増えているようですが、綺麗な花ですので嬉しいですね。
2008年06月03日 08:45
杏さん、お早う御座います。
そちらではムラサキカタバミが線路沿いに咲いていますか。殺風景な線路沿いを賑わせてくれている事でしょう。お天気が悪いと開花しませんか?今度、良く観察してみます。有難う御座いました。オキザリスは冬の花が少ない時に咲いてくれるので、増えてくれると嬉しいですね。
YAMA
2019年12月24日 17:52
3、4枚目はイモカタバミ(学名オキザリス・アーティキュラータ)ではなく
ベニカタバミ(学名オキザリス・ブラジリエンシス)です。
YAMA
2019年12月24日 17:59
更に7、8枚目ですが、'オキザリス' という種名はありません。
'オキザリス'とはカタバミ属全般の学名で、カタバミの仲間は全てがオキザリスの中の一種です。
そして、この黄色のカタバミはハナカタバミ(学名オキザリス・ボーウィアナ)ではなく、オオキバナカタバミ(学名オキザリス・ペスカプラエ)です。

この記事へのトラックバック