香貫山の植物  マユミ   

 マユミの赤い実に付いては昨年の11月29日に綴った。そこではマユミの花を今春の5~6月に観察すると記した。
 未だ、早いかな、と思っていたがマユミの木を覘いてみると咲き始めていた。
画像
                     (既に開花が始まっていたマユミの花)

 半月前はまだまだ堅い蕾であった。
画像
                     (マユミの蕾  2008年4月15日撮影)

 マユミの花は4個の花弁と4個の雄しべと1個のメシベから構成されている。開花直後の雄しべの葯は赤い。
画像
                       (開花直後は雄しべの葯は赤い)

 暫くすると葯は黒くなる。
 画像画像
                       (マユミの雄しべの葯は赤色から黒色に変化する)

 全ての蕾が開花するまでは、まだまだ先の様だ。
画像
                        (未だ、多くの蕾が残っている)

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は84,91歩。今週の累計歩数は58,901歩/6日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年05月03日 20:09
マユミが可愛い花を付け始めましたか、沢山の花が咲くと結構賑やかに見えますけれど、やはり秋の赤い果実と種が一番印象に残る木ですよね。
2008年05月03日 20:51
マユミは赤い実こそ忘れませんが白い花は注意して見た事がありません。ミカンの花もそうですね。綺麗な白い花を付けるのに何故か無視してしまいます。
2008年05月04日 18:30
マユミの地花は小さな花ですね、もう花が咲き始めましたか。
花びらが4枚で淡い黄緑色の花は目立たないようですね。
子も小さな可愛い花が赤い実になるのですね。
11月のキジを見せていただきましたが、赤い実が弾けて中の真っ赤な種が見えて綺麗でした。秋になると真っ赤な実が楽しみですね。
2008年05月04日 18:51
OSAMIさん、今晩は。
マユミは何と言っても花よりも秋の赤い実とその種の方が良いですね。花はもう少し小さいかと思いましたが意外に大きいと感じました。
2008年05月04日 18:54
信徳さん、今晩は。
OSAMIさんへのコメントにも書きましたが、マユミは何と言っても花よりも秋の赤い実とその種の方が良いです。花の時期には注目されなくとも良いと思います。しかし、ミカンの花は良い匂いがするので、これは注目したほうが得だと思います。
2008年05月04日 18:59
杏さん、今晩は。
OSAMIさんへのコメントにも書きましたが、マユミが注目されるのは花よりも秋の赤い実とその種の方ですね。でも、良く見ると花も端正な綺麗な花です。
寅太
2008年05月05日 16:40
春先にこんな感じの花は結構ありますね。
庭でニシキギの花がさいていますが、花びらの先が丸いことをのぞけば、たいへん似ていると思います。
2008年05月05日 20:46
樹木の花は小さくて地味な花が多いですね。マユミもニシキギも花よりも秋の赤い実の方が綺麗で注目されますね。

この記事へのトラックバック