香貫山の植物  カキノキ (番外編 ビワ)   

 香貫山の登山道脇にカキノキが有り新葉が綺麗に伸びてきた。葉の裏側を覗き込むと白い花が沢山付いていた。
画像画像
                 (カキノキの花は葉の裏に下向きに咲く)

 カキノキの花は小さい頃から良く見ていたので調べるつもりは無かったが一応調べてみて、ビックリした。カキノキは雌雄同株だった。無意識に撮影した画像を整理したら2種類の花が有った。

<カキノキの花>
 雌花は点々と離れて1ヶ所に1つ咲き、大きさは1~1.6cmで黄白色と資料にある。
画像
                           (カキノキの雌花)

 柱頭が4つに分かれた雌しべがあり、周辺には痕跡的な雄しべがあると資料に有るが、上の画像ではその辺りの細かい所までは見えない。
 雄花は一番上の左画像の様にたくさん集まって付き、雌花よりも小さく8mm程度。萼片も雌花に比べて小さい。4つに分かれた花弁の先端部分だけが黄白色でその他の部分は白色と、資料にある。
画像
                          (カキノキの雄花)

 中には雄しべが8本あると、資料に有るが釣鐘型をした雄花の中までは上の画像では見えない。カキノキも昨日綴ったマツヨイグサの仲間と同様に4の倍数が基本的な性質としてあるようだ。カキノキが雌雄同株であったことだけでなく、雌花や雄花の詳細についても殆ど知らなかった。

<カキノキの実>
 1週間後に訪れると雌花にはもう実の赤ちゃんが付いていた。
画像
                      (カキノキの生まれたての実) 

 この柿の木がどんな実を付けるのか、渋柿なのか甘柿なのか秋が楽しみだ。

<カキノキ(柿の木)>
  カキノキ科、カキノキ属
  別名:カキ
<特徴>
  落葉高木、高さ10m
  雌雄同株
  花期:5~6月
  果期:10~11月

《番外編》 ビワの実
 ビワに付いては昨年の11月30日に綴った。そこでは今年の初夏に実を観察して綴るとしていた。ここに来て、黄色い実を沢山付けている。
画像画像
                     (沢山稔ったビワの実)

 今年になって、香貫山で食べられる実としてはクサイチゴ、ビワと続いている。次に稔るのがサクランボ、クワだろうか。

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は8,716歩。今週の累計歩数は22,325歩/3日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年05月28日 18:47
今晩は
ビワはが大きくなって間もなく収穫でしょうか。サクランボやクワの実が次々と物って季節の木の実が絶えず良いです。柿の実りの秋に期待しています。
2008年05月29日 06:51
普通のカキノキはあまり良く見たことが無いのですが、拝見するとそれぞれ個性的な花を付けているようですね、私も今度良く観察してみようと思います、ビハはそろそろ食べごろのようですね。
寅太
2008年05月29日 11:13
わが家にはカキノキがありながら、雌花と雄花があるのは知りませんでした。毎年開花した花が落ちるのでがっかりしていましたが、役目が終わり使い捨てられる雄花だったんですね。
小さな木なので、昨年は豊作で今年は花が見当たりません。
近所の家の落ちた花でも観察します。
2008年05月29日 18:34
柿の花は子供の頃から見ていましたが、雌花ばかり見て柿の花と思っていました。雄花は初めて見せていただきました。
先日、柿の花を撮ったので見てみたら雄花雌花がありました。種類が違う柿でしたので花の形が違うと思っていました。有り難うございました。
そちらは早いですね、ビワの実もオレンジ色の美味しそうな色になっていますね。
2008年05月29日 18:52
chiharuさん、今晩は。
そうですね、ビワはもう少し木で熟させた方が良いかもしれません。香貫山のサクランボも黒く熟し始めたものも有ります。しかし、ヤマザクラの実ですからあまり美味しくは有りません。クワは木が小さいし、本数も少ないのでもう直ぐ熟すな、と思っているうちに無くなってしまいます。いづれも食べるのでなく、観察、観賞用です。
2008年05月29日 19:02
OSAMIさん、今晩は。
カキの花、特に雌花は萼片に囲われた面白い形をしていますね。昔、木の下に多く落ちていた事を記憶していますが、沢山木に付くのは雄花と知りましたので、多分雄花だったかもしれませんね。ビワはもう少し木で熟させた方が良いかも知れません。待っていると、鳥に先に食べられてしまうかも知れません。
2008年05月29日 19:09
寅太さん、今晩は。
私もカキノキの花に雌花と雄花が有るのを知りませんでした。沢山落ちている花は雄花だったのですね。雌花の花後は緑色の萼片に囲われていますから、葉の陰に有ると見落としてしまいます。寅太さんの庭の柿の木にも隠れた実が残っているかも知れません。
2008年05月29日 19:16
杏さん、今晩は。
杏さんも柿の花に雄花と雌花があるのを知りませんでしたか。私も今回、初めて知りました。毎年、沢山の花が落ちてしまって残念に思っていましたが、あれは雄花だったのですね。今頃になって納得しています。ビワはもう少し木で熟した方がよいと思います。

この記事へのトラックバック