香貫山の植物  ナガミヒナゲシ (番外編 ハナイカダ)       

 香貫山の五重塔広場に隣接した草叢に朱色の花が咲いていた。ケシ科のナガミヒナゲシ(長実雛芥子)だった。
画像画像
             (緑色の草叢の中で鮮やかなナガミヒナゲシの花)

 ケシの花には栽培が禁止されているものもあるが、このナガミヒナゲシは禁止されていない。この場所では、昨年までは見ていなかったと思う。繁殖力が強いと資料にあるので、五重塔広場の狭い花壇に咲いていたものが広がってきたのだろう。

<ナガミヒナゲシの花>
 花弁は4枚で雄しべは多数、雌しべの柱頭には米印状の筋が入っている。
画像
                   (面白い形の雌しべを沢山の雄しべが囲む)

 柱頭の筋の数は4~8本とあるが、一番上の花は9本もある。少ないのを探したら6本のものがあった。
画像
                      (雌しべの柱頭の筋が6本)

<ハナミヒナゲシの実>
 花後、直ぐに実が出来る様だ。草叢の緑の中で解り難いが、実が付いた茎が風にユラユラと揺れていた。
画像
                         (ナガミヒナゲシの実)

<ナガミヒナゲシ(長実雛芥子)>
  ケシ科、ケシ属
<特徴>
  1年生
  路傍などの荒地に生育する
  ケシの仲間には栽培が禁じられているものがあるが、本種は特に問題ない
  葉は羽状に深裂し、毛が多い
  花弁は4枚であり、雄しべは多数
  中央部のめしべの柱頭は4本から8本の筋状であるが、7・8本のものが多い
  
《番外編》 ハナイカダ
 ハナイカダの花に付いては4月14日に綴った。その後の状況を見ると、若い実が大きくなってきた。
画像
                       (ハナイカダの若い実)

 横から見ると、竿を横に添えれば筏に乗っているように見える。
画像
                            (筏乗り) 

 今日は所用でウォーキングは中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年05月25日 23:08
ナガミヒナゲシは何処にも飛んで行き直ぐに繁殖するようですね。雑草の中に2~3輪は綺麗ですが、この花ばかりが増え続けると少し問題かも知れませんね。
2008年05月26日 06:18
山ではナカセミヒナゲシが奇麗に咲いていますね、街中でも街路樹の根元などで沢山咲いていたこの花も今は沢山の実の姿になっています、ハナイカダの実が可愛いですね。
2008年05月26日 19:28
信徳さん、今晩は。
ナガミヒナゲシは本当に繁殖力が強いですね。気をつけて見ていると道端の狭い所にも生えていますね。あまりにも増えすぎると他の植物への影響も出るでしょうから、程ほどにしていて欲しいですね。
2008年05月26日 19:30
こんばんは。
ナガミヒナゲシは近頃良く見かけます。
道路沿いに可愛い花が咲いて風に揺れている様子はとても綺麗ですね。
ケシ科でもナガミヒナゲシは禁止されてないのですね。今まで見ていたケシの実は丸いですが、ナガミヒナゲシの実は名前のように長いですね。
ハナイカダの花は可愛いですね。もう実が付いているようですね。
葉の上に乗っている実は筏乗りのように見えて本当に不思議です。
2008年05月26日 19:32
OSAMIさん、今晩は。
草叢の緑の中で朱色の花は目立っていて綺麗です。道端の狭い所に生えているのを良く見かけますが、そろそろ花期も終わり頃の様ですね。ハナイカダの実は凛々しく育った若武者の様に感じました。
2008年05月26日 19:40
杏さん、今晩は。
ナガミヒナゲシは繁殖力が強くてアチコチに咲いていますね。アヘンが取れないから、綺麗な花が増えるのは嬉しいですが、あまりにも増えすぎるのは困りますね。ハナイカダの実は凛々しい若武者の様です。昔ならば筏乗りに見えたでしょうが、現代ではサーフィン乗りに見えますかね?
plysima
2008年05月26日 23:41
ナガミヒナゲシはここ3~4年であちこちで見かけるようになったと思いませんか?20年位前では見かけなかった花だと思いました。きれいなのですが、繁殖力が強そうで、ちょっとこわいですね。
2008年05月27日 19:12
plysimaさん、今晩は。
そうですね、この花は最近良く見かけます。ケシ科の花の中には栽培が禁止されている花も有りますが、この花は禁止されていないし綺麗なので増えるのは結構ですが、他の植物にまで影響する様だと困りますね。そうなら無い事を祈っています。
寅太
2008年05月29日 11:59
ナガミノヒナゲシは何処でも見られるようになりました。
花がそれなりに可愛いので、あまり抜かれることもなく、それが増えているのだと思います。
ハナイカダは花は咲いてもなかなか実が乗ってくれません。
香貫山のハナイカダは学習に協力してくれます。
2008年05月29日 22:25
寅太さん、今晩は。
道路端で良く見かけていましたが、香貫山でも見つけました。繁殖力の強い植物なのですね。弱々しい花ですが、芯の強い植物なのでしょうか。香貫山でハナイカダに花が咲いている時に解ったのですが、実を付けているハナイカダの近くには、大きな雄株が有りました。小さな雌株に対して大きな雄株でしたので、十分に花粉が供給されたのでしょう。

この記事へのトラックバック