三頭山ウォーキング(その4)   

 今日は三頭山ウォーキングの最終回で鞘口(さいぐち)峠から麓までを綴る。
 鞘口峠から歩き始めて直ぐに白い花が一塊になって咲いていた。キンポウゲ科のニリンソウ(二輪草)だった。
画像画像
                       (ニリンソウ)

 上左の画像中の花は良く見ると1本の茎から3輪の花を付けていた。
画像
                        (3つの花を付けても2輪草?)

 帰宅して調べたら、ニリンソウは花を2つ付けるのが多いが3つ、4つの場合もあると記されていて新たな発見でも、珍しい事でもなかった。20分ほどで森林館に到着し、ここで休憩と館内の見学をした。
画像
                            (森林館)

 森林館は2階建ての建物でレストランや売店の他に森の様々な情報提供用にパソコンやスクリーンが設置されていた。事務所もあり、そこで三頭山で見られる花のパンフレットを貰い、オオカメノキの名前を知ったのだった。
 建物の外に出ると丸太切り体験が出来るコーナーがあった。現在では滅多に出来ない事なので子供達にとっては良い体験所だと思う。
画像
                         (丸太切り体験コーナー)

 森林館から駐車場へ向かう出口からは、綺麗に咲いているミツバツツジが見られた。香貫山では既に散ってしまっているが、やはり三頭山の季節はまだ早春だった。
画像
                           (ミツバツツジ)

 駐車場に向かう道は登りの時と同じ道だが、帰りには余裕が有った為か、道端に色々の花を見つけた。昨日綴った説明板が置かれていたミヤマエンレイソウ、オドリコソウ、ムラサキケマン、キケマン、チゴユリ等が観察できた。ここではキケマンのみを載せる事とする。
画像画像
                            (キケマン)

 駐車場には山頂から2時間弱で到着した。売店でお土産を買った後、麓のあきる野市の秋川渓谷にある「瀬音の湯」に入ることとした。
画像画像
                     (日帰り温泉「瀬音の湯」)

 露天風呂に入ると、「風が木立を抜けてゆきます。やわらかな葉音と渓流のせせらぎが、この里のBGMです。」とパンフレットにあるが、その通りであったし露天風呂から見る景色は新緑に埋め尽くされた山の斜面だった。
 露天風呂からは撮影禁止なので湯後にロビーの窓越しに、露天風呂から見える景色と同じ景色を撮影した。
画像
              (露天風呂は瀬音をBGMに、スクリーンには新緑の山々)

 汗を流した後、ゆっくりと手足を伸ばして温泉に浸かる。爽やかな風を顔に受け、渓谷のせせらぎを聞きながら新緑を楽しむ。贅沢な一時であった。

<ニリンソウ(ニ輪草)>
  キンポウゲ科、イチリンソウ属
<特徴>
  多年草、明るい山地や道そばに生える
  4~5月に咲く5弁の白い花、花径2cm程度
  花は2つが多いが、3つ或いは4つ咲く場合もある
  花弁は無く、花弁に見えるものは萼片
  一輪草と同時に咲いている
  葉には白い模様が出来る
  草丈10cm以下
  集団で咲くと清楚で可愛らしい

<キケマン(黄華鬘)>
  ケシ科、キケマン属
  名前の由来:ケマンとは浮彫りの仏前装飾具
<特徴>
  2年草
  4~5月咲く、花の長さ2cm程度
  海岸近くの道そばや山すその明るい場所に生える
  茎は赤味を帯び太い
  草丈60cmまで
  
 今日のウォーキングは香貫山で歩数は10,290歩。今週の累計歩数は33,162歩/5日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年05月23日 20:09
三頭山はまだ早春ですね。ミツバツツジ、ニリンソウなど春の花が綺麗に咲いて、おまけに露天風呂から見る新緑はすっかり身体を解してくれたことでしょう。
2008年05月23日 21:50
今晩は
三頭山のニリンソウ今が盛りの様子で生き生きしていますね。
ミツバツツジの薄紫が綺麗です。
ミヤマエンレイソウも群生していて綺麗です。
見せて頂き有り難う御座います。
2008年05月23日 22:08
三頭山では今頃ニリンソウが奇麗に咲いているのですね、ところでこの山にはヤマザクラは有りませんでしたかね?、ミツバツツジもキケマンも山は春の感じですね。
2008年05月24日 18:22
ニリンソウ、まだ咲いているようですね。
真っ白いニリンソウが山中で咲いていると足を止めて眺めてしまいますね。淡いピンクのミツバツツジ、キケマン、オドリコソウ、チゴユリなど可愛い花々をご覧になられましたね。
歩かれた後の秋川渓谷の露天風呂から眺められた風景も格別だった事と思います。
2008年05月24日 20:57
信徳さん、今晩は。
今回の山行は三頭山の標高1000mから1531mの間ですから平地に比べれば大分気温が低いです。その為、まだ季節的には早春だったのですね。露天風呂は山の自然の中で最高の気分でした。
2008年05月24日 21:00
chiharuさん、今晩は。
私はニリンソウの実物を見たのは初めてだったので嬉しかったです。その他の山野草は早春に咲く花々で、少し季節が早春に戻った気分でした。
2008年05月24日 21:04
OSAMIさん、今晩は。
三頭山の上部はまだ早春の季節感でした。ヤマザクラは見かけなかったです。見落としていたかも知れませんが・・・。ミツバツツジが蕾から開き始めた段階でした。
2008年05月24日 21:08
杏さん、今晩は。
私はニリンソウの実物は初めてでしたので嬉しかったです。ミツバツツジ、キケマン、オドリコソウ、チゴユリなど早春に咲く花を多く見れました。やはり、汗をかいた後の温泉は良かったですね。露天風呂の環境、雰囲気も最高でした。
寅太
2008年05月29日 11:51
ニリンソウは平地よりは1ヶ月位遅れているのでしょうか。
こんど「瀬音の湯」に瀬音のBGMを聞きながら湯につかりたいと思います。
2008年05月29日 22:11
寅太さん、今晩は。
三頭山全体が平地に比べれば季節的に遅くて、まだ早春だった感じです。従って1ヶ月くらいは遅い3月末頃の感じでしたね。是非、瀬音の湯に入ってみて、瀬音のBGMを堪能してみて下さい。

この記事へのトラックバック