香貫山の植物  ヤマハゼ (番外編 タブノキ)   

 今、香貫山のハゼノキは未だ蕾を沢山つけた状態だが、ハゼノキにソックリの木で既に満開の花を付けている木があった。調べると同じウルシ科のヤマハゼ(山黄櫨)だった。
画像
                         (満開の花を付けたヤマハゼ)

<ヤマハゼの花>
 ヤマハゼもハゼノキと同じ様に雌雄異株だ。資料を見ると、「雄花は花弁は5個あるが小さく目立たず、裏に反り返る。長い雄しべが突き出て,先端の黄色い葯が目立つ」とある。
画像
                            (ヤマハゼの雄花)

 「雌花は花弁は5個あり反り返る。柱頭は3裂。退化した雄しべの跡が見受けられる。子房は無毛」と資料に有るが、香貫山では雌株が未だ見つかっていない。ハゼノキは沢山あるがヤマハゼは殆ど見ていない。継続して探す事とする。

<ヤマハゼの葉>
 ヤマハゼの葉は一番上の画像に見られるように奇数羽状複葉だ。ハゼノキとの区別点は
ヤマハゼは葉軸や葉裏には毛が密生するがハゼノキは無毛と資料にある。又、ヤマハゼの葉軸は赤味を帯びることが多いともある。
画像
                    (ヤマハゼの葉軸や葉裏には毛が密生する)

<ヤマハゼ(山黄櫨)>
  ウルシ科、ウルシ属
  別名:ハゼ
<特徴>
  落葉小高木で高さは5~8m
  花期は5~6月
  雌雄異株
  果期は10~11月

《番外編》 タブノキの実
 タブノキの花に付いては昨年の4月10日に綴っている。そこでは秋に実を綴る事になっていたが忘れてしまった。今年になり、若い実が生ったので以下に載せる。

<タブノキの実>
画像
                          (タブノキの若い実)

 実の基部には花被片6個が残っている。熟すと果皮は黒く,花柄は赤く色づくと資料にある。継続観察する事とする。

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は7,565歩。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年05月19日 19:54
「毛無しと毛有り」ケシを思い出しました。毛無しは毒!ハゼの木と山ハゼの木、どちらもかぶれるのでしょうか?毛有りはかぶれない???御免なさい変な質問したりして。
2008年05月20日 09:59
個々の花は同じ様にかんじますけれど同じ雄花でもハゼノキとヤマハゼでは花の全体の形が違うようですね。
寅太
2008年05月20日 11:22
ハゼノキとヤマハゼの違いはあるようですが、とても見分けられそうもありません。
いままでハゼノキと思っていたものに多分ヤマハゼを入っているのでしょう。
葉軸の赤味のところなど今度は良く見るようにします。
鶴見の総持寺は永平寺と並ぶ曹洞宗の大本山になっています。
栴檀林の曹洞宗の学問所は駒込の吉祥寺ですが、今はその面影はありません。ここには榎本武揚や二宮尊徳の墓などがあります。
2008年05月20日 19:12
信徳さん、今晩は。
ハゼノキはウルシほど被れないと資料に有ります。写真を撮る時に葉や枝を掴みますが、葉や枝を傷つけて汁を付けない様に注意しています。ヤマハゼの被れ具合は解っていません。しかし、今回もハゼノキと同様に注意しながら葉を掴みましたが、今の所かぶれは有りません。ケシの毛の有無ほどの激しい差は無いと思いますが・・・。
2008年05月20日 19:18
OSAMIさん、今晩は。
ハゼノキの花とヤマハゼの花の差異は良く解りませんが、ヤマハゼの花弁の方がクルリと丸く裏に反っているかな?と感じました。今回の観察で一番解り易かったのは、葉軸が赤い方がヤマハゼでした。
2008年05月20日 19:24
寅太さん、今晩は。
ハゼノキとヤマハゼの違いは難しいです。仰るように葉軸が赤い方がヤマハゼと覚えて置いたほうが良いと思います。毛の有無も細かいので老人の目には有効とは思えません。カメラで写して初めて解りました(笑)。栴檀林の情報有難う御座いました。
2008年05月20日 21:47
こんばんは。
ハゼノキとヤマハゼノキは良く似ていますね。
葉も小さな花も区別がつきませんが、小さな花のシベが長く可愛いですね。
タブノキの花は昨年の4月の花を見せていただきましたが淡い黄緑色の花は綺麗ですね。大きな芽の中から幾つもの蕾が出て可愛い花を咲かせていました。タブノキの若い実もバトミントンの羽のように見えて可愛いです。
2008年05月20日 22:29
杏さん、今晩は。
ハゼノキとヤマハゼは良く似ていて区別はなかなか難しいです。タブノキは本当に大きな蕾から沢山の蕾が出てきましたがそれらが花を咲かせて、もうこんなに大きな実を付けています。若い実はバトミントンの羽の様にも見えますが、羽子板の羽根の様にも見えますね。
たら
2009年01月11日 07:35
 ヤマハゼの葉には毛の多い少ないがあるみたいですよ。紅葉や落ち葉のときにはその毛も落ちちゃうことがあるようです。葉軸の色もあてにならないようですし。ややこしいです。参考
http://www.geocities.jp/conservation7area/yamahaze/yamahaze.htm
2009年01月12日 10:36
たらさん、今日は。
ヤマハゼの情報を戴き有難うございました。一読させて戴きましたがまだ、理解しきれていません。今年の葉や花を再度観察する際に、もう一度読ませて戴きます。

この記事へのトラックバック