香貫山の植物  マメヅタ (番外編 オドリコソウ)  

 香貫山の日陰に有る大きな岩の表面にビッシリと葉を付け、その葉の中に茶色の花を付けた植物があった。苔のようでもあるし、ツタのようでもあるし、調べても名前が解らなかった。寅太さんのブログでシダ植物でウラボシ科のマメヅタ(豆蔦)だと教えて戴き、やっと香貫山の植物として綴る事が出来た。
画像画像
                             (マメヅタ)

 茶色の花と思ったものは胞子葉に付いた胞子嚢だった。マメヅタには名前の由来になった豆の子葉に似た丸い形をした栄養葉と胞子を作る胞子葉とがある。
画像
                        (マメヅタの栄養葉)

 栄養葉は繁殖には直接関わりが無い。その栄養葉の間から立ち上ったへら形の葉が繁殖のための胞子を作るので胞子葉と呼ばれる。一番上の左画像が胞子葉だ。
 岩の垂直面に栄養葉と胞子葉が固まっている所を上から見た所と、下から見た所を以下に載せる。
画像画像
                (マメヅタを上から見た画像)           (マメヅタを下から見た画像)             

<マメヅタ(豆蔦)>
   ウラボシ科、マメヅタ属  
  名前の由来:葉が豆類が芽を出した時の子葉に似、ツタのように岩や木に張り付く
  別名:イワマメ(岩豆),マメゴケ(豆苔)
<特徴>
  常緑性のシダ植物
  岩の表面や樹皮上に生育
  葉は丸い栄養葉と、細長くて立ち上がった胞子葉

《番外編》 荒倉山の山野草  オドリコソウ
 今日は荒倉山の麓に群生していたオドリコソウ(踊り子草)を綴る。
画像画像
                          (オドリコソウ)
 山の麓にある側溝の半日陰で風に揺られて、賑やかに踊っている様だった。 

<オドリコソウ(踊り子草)>
  シソ科、オドリコソウ属
  名前の由来:ぐるりと囲んだ花が、笠をかぶった踊り子の姿に似ている
<特徴>
  多年草
  春の4~5月に咲く
  道、薮そばの半日陰に生える
  集団を作る事が多い
  草丈70cmまで 

 今日はゴルフで歩数は14,844歩。                

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年05月12日 21:11
 良く見つけましたね。ただ漠然と香貫山に登っているのではなく目を皿のように見開いて探しているのですね。頭が下がります。
2008年05月12日 21:57
ツダ類は種類も多いようでこのマメヅタも見かけますが、このように面白い胞子をつけるとは知りませんでした、しかし沢山の胞子を作るようですね。
2008年05月13日 06:37
お早う御座います
マメヅタ初めて見ました。
上から見ると豆のさやのように見えますね。
茶色に見える部分が胞子葉についた胞子嚢だったのですね。
珍しいマメヅタを見せて頂き有り難う御座います。
2008年05月13日 16:36
マメヅタは、初めて見せていただきました(気が付かないだけかも・・)
丸い形の栄養葉と、ヘラ形の胞子葉があるようですね。
胞子葉は裏側に茶色い胞子を付けているので、良く見ないと分からない時もありますね。
オドリコソウ、真っ白い花が可愛いですね。こちらのも咲いているのでしょうが、まだ見たことがありません。
群生しているオドリコソウ、楽しそうに踊っているようですね♪
可愛いオドリコソウに出会いたいと思っています。

2008年05月13日 20:55
信徳さん、今晩は。
このマメヅタは目を皿の様にしなくても見つけられましたが、名前を調査する時には目を皿の様にしたのですが、見つけられませんでした。色々の植物が有る物だと感心しています。
2008年05月13日 20:59
OSAMIさん、今晩は。
香貫山にもシダ類は色々ある様です。調べる時間が無いので放って有ります。しかし、このへら状の物だけは気になっていたので解った時には、スッキリとした思いでした。
2008年05月13日 21:03
chiharuさん、今晩は。
そうですね、胞子葉の胞子嚢が付いていない面は、豆の莢の様ですね。栄養葉が豆の葉で、胞子葉が豆の莢に似ていると、マメヅタの名前がますます適切だと考えられますね。
2008年05月13日 21:09
杏さん、今晩は。
マメヅタは岩だけでなく、樹木の幹にも生えるようです。湿った所の樹木で見た様な気もします。今度、山に行った時に良く注意してみようと思っています。オドリコソウは香貫山には生えていないので、荒倉山で会えて嬉しかったです。多分、高尾山辺りには生えていて、今元気に踊っているかも知れませんね。
寅太
2008年05月14日 14:46
ご紹介いただきありがとうございます。
香貫山はかなり居心地がよいのか、良く育っています。
マメズタは胞子があるのでわかりますが、これにそっくりなのがラン科のマメズタランです。
こちらは花が咲きます。
オドリコソウもじっくり見ると面白い形をしています。
2008年05月14日 19:06
寅太さん、今晩は。
マメヅタの名前を教えて戴き有難う御座いました。花から調べていましたので、胞子葉が花でなく葉ですから、ヒットする訳が有りません。お蔭で胸がすっきりしました。マメヅタランは後で資料を調べてみます。オドリコソウはシソ科の花で良く見ると面白い花ですね。

この記事へのトラックバック