大瀬祭り(その1)

 奥駿河湾に春を告げる「大瀬祭り」が今月の4日に、沼津市の大瀬崎と内浦漁港で行われた。「奇祭」とも称される祭りのハイライトは、派手な化粧と長襦袢で女装した青年達が、大漁旗や杉葉などで装飾された漁船「踊り船」に乗り込み、「ちゃんちゃらおかし、ちゃらおかし。」の掛け声とともに俗称「勇み踊り」を踊りまくる所だ。
画像
                 (大瀬祭りのハイライトは踊り船による勇み踊り)

 海のお祭りでもあるし、駿河湾からの富士山を見ることも期待して船で行く事とした。しかし、天気は良かったのだが春霞で富士山は薄っすらとしか見えず、二兎目を得ることは出来なかった。
 船が港に近づくに従い、大瀬崎と大瀬神社がはっきりと綺麗に見えてきた。
画像(海上から見た大瀬崎)

 岬の先端に白い灯台

 大瀬神社は岬のほぼ中央に見える白い建物の辺りにある。

画像(大瀬崎神社)
 
 高台の上に建つ大瀬神社

 屋根に日の丸が立っている


 観覧船は大瀬神社側と反対の南側桟橋に停泊した。そこから神社側の桟橋を見る。
画像(神社側の桟橋)

 ヨットの向こう側に見えるのが神社側桟橋

 この桟橋で、この日のハイライトが見られる


 大瀬祭りは航海安全・大漁祈願の為、駿河湾の沿岸漁民が毎年4月4日に大瀬神社に参拝に来る。その時に、派手に飾られた踊り船の上で女装した青年達が陽気に勇み踊りを踊りまくるのだ。
 桟橋で待っていると赤白の横断幕で派手に囲った踊り船が近づいて来た。
画像
 船が赤白の横断幕で囲われている。

 船の縁に杉葉も付いている。

画像
 お囃子に合わせて踊っている。

 扇子も揃って振っている。

画像
 桟橋の反対側に回ってきた。

画像
 桟橋に接岸するのかな?

画像
 やはり、接岸して上陸し始めた。

 太鼓も下ろした。
 太鼓持参で大瀬神社へ参拝するのかな?

画像
 派手な女装姿で大瀬神社への参拝は考えられるが・・・。


 大瀬神社の方を見ると富士山が薄っすらと見えていた。撮影ポイントを桟橋の先端にすると富士山を入れることが出来そうなので、早速移動した。すると、2艘目の踊り船が桟橋に近づいて来た。
画像
 この船も赤白の横断幕で囲われているし、大漁旗も多く立っている。

画像
 杉葉も船の周りに付けている。

 マストの中ほどにダルマも見える。

画像
 桟橋の観客に縦一列になった。

 踊り船の右舷後ろに富士山が入って来た。

画像
 お囃子に合わせて扇子を振り、勇み踊り。

 富士山がもう少しはっきりと見えれば最高なのだが・・・。

画像
 桟橋の観客に向かって横一列に勢揃い。

 この踊り船はこのあとも数回、観客の待つ桟橋前を旋回してくれた。
 続きは明日へ。

 今日は新しく出来た牛臥山公園へ行って来た。そこでの歩数は5,810歩。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年04月10日 07:45
大瀬祭りは楽しい祭りのようですね、歩いている後姿は戴けませんが最後の写真などは拡大してみると、表情もわかって見学者とのやり取りが伝わる様で楽しさが伝わってきます。
寅太
2008年04月10日 18:34
海を眺めるだけでなく、今回は海の中にはいりました。
最近も漁船の事故がありましたが、命がけで漁をやっていると、祭りもはでになります。
女装がわかる程度で、アップの写真がないのが良かった。
その1ということはこの後に登場する可能性もありそうです。
早乙女太一くらいなら許せます。彼も1年ちょっと前までは風呂屋の舞台で踊っていて、目の前で見たことがあります。
2008年04月10日 19:28
大瀬祭りはとても賑やかな楽しそうな お祭りのようですね。
船にも大漁旗や紅白の横断幕や様々な飾りを付けて華やかですね。
船も飾り化粧をして若者も化粧をしてお囃子に合わせて踊るは様子は楽しそうですね。船の後方に春霞の富士山も見えて大瀬祭りは最高だったのではないでしょうか。
2008年04月10日 19:50
OSAMIさん、今晩は。
海の男のユーモラスなお祭りですね。歩く姿ももっと女らしく歩くと面白いなと、感じました。カメラに向かって必死でしたので勇み踊りをジックリと見れませんでした。画像で初めてこんな表情をしていたのだと解りました(笑)。
2008年04月10日 19:57
寅太さん、今晩は。
そうですね、海を見ているだけでは飽き足らず、まずは海の上ですね。海の中ではダイビングする必要があり、これは?ですね。暫く大瀬祭りは続きますので女装のアップも出て来るかも知れません。スミマセン、早乙女太一は知りませんが・・。
2008年04月10日 20:01
杏さん、今晩は。
大瀬祭りは、海の男のユーモラスなお祭りですね。前から一度は見たいと思っていたのですが、今年やっと見に行って来ました。天気が良かったので海も荒れず楽しんでこれました。富士山が霞んでいなければ文句の付けようが無かったのですが・・・。

この記事へのトラックバック