2008年の桜模様(その8)

国立遺伝学研究所(遺伝研)

 今日は昨日に続き遺伝研構内で満開の白系統の個別品種を綴る。

桐ケ谷(キリガヤ)
 鎌倉の桐ケ谷にあってこの名前が付いた。別に「八重一重」、「御車返(ミクルマガエシ)」とも呼ばれる。花色は淡紅色で花弁の外側に濃紅色が残る。半八重咲で花弁が5枚と旗弁が6~10枚。大輪(3.6~5.5cm)。
画像画像

 別名の御車返の由来は、昔この木の下を車に乗って通った貴人達が、この花を見て一人が八重咲き、別の一人が一重だと争論し、車を返して見たところ八重と一重が交じって咲いていたところからこの名が付いたと伝えられる。

山桜枝垂れ(ヤマザクラシダレ)
 樹性にヤマザクラの性質があり、枝が枝垂れる。花色は白色で花弁の外側に濃紅色が残る。中輪(2.6~3.5cm)。
画像画像

鞍馬桜(クラマザクラ)
 別名をヒゴヨシノと呼ばれ、熊本市の木村義夫氏の庭にあった。花色は白に近い淡紅色で、散り際に花芯が赤味を帯びる。大輪(3.6~5.5cm)。
画像画像




伊豆吉野(イズヨシノ)
 オオシマザクラとエドヒガンの交配種。竹中要博士がソメイヨシノの起源がオオシマザクラとエドヒガンの雑種である事を実験的に証明する為に様々な交配を行い、その過程で得られた。花色は白色で大輪(3.6~5.5cm)。
画像画像

千原桜(チハラザクラ)
 熊本県島崎町千原台には「千原桜原木の跡地」が今も残っている。ヤマザクラとマメザクラの雑種。花色は白色で花弁は5枚、旗弁が6~10枚ある。大輪(3.6~5.5cm)。
画像画像

三島桜(ミシマザクラ)
 竹中博士がソメイヨシノの起源の研究途中、三島市谷田城の内にあったソメイヨシノの実生から生まれた。竹中博士は育成地に因んでミシマザクラと名付けた。花色は白色で散り際に花芯が赤味を帯びる。中輪(2.6~3.5cm)。
画像画像




 一昨日記載した一番最後の画像(下に転載)の中央の白い花が上のミシマザクラ。因みに左の紅色の花は昨日綴ったセンダイヤ。
画像
                    (左:センダイヤ   右:ミシマザクラ)

 今日は雨でウォーキングは中止。

この記事へのコメント

2008年04月08日 22:24
サクラも本当にいろいろの種類がありますね、それに此方のものは木も伸び伸びとしていてとても良い感じのサクラという気がします、いろいろのサクラ楽しませて戴きました。
plysima
2008年04月09日 01:13
遺伝研は本当にたくさんの種類があるんですね! 山桜枝垂れは、会社で遺伝研に行った人も、「めずらしいよねー。」と言っていて、今日のランチでの話題のひとつでした。
2008年04月09日 17:55
今晩は
さすが遺伝研です、こんなに沢山の桜があるのですね。千原桜は真っ白でこれが桜?と思ってしまいそうです。珍しい花ばかり見せていただき有り難う御座います。
寅太
2008年04月09日 19:55
桜の花を堪能しています。
ミクルマガエシのいわれは面白い。どちらも正しく仲直りですね。
きょうの桜の花びらの数はかぞえられそうです。
昨日のものは、「花びらが1枚、花びらが2枚・・・・」できっと眠くなるほど多かった。
2008年04月09日 20:15
OSAMIさん、今晩は。
桜の種類は多いですが、似ているものが多く、素人にはその差異があまり良く解りません。ここは手入れも良く木もノビノビと大きくなって毎年楽しませてくれています。
2008年04月09日 20:20
plysimaさん、今晩は。
会社のお友達も遺伝研に行かれたのですね。この枝垂れは入口に入ってすぐの所にあり良く目立ちました。良く見かける枝垂れに比べて枝が太く感じました。垂れ下がっていると言うよりも下に曲がっていると言うイメージでした。
2008年04月09日 20:29
chiharuさん、今晩は。
そうですね、千原桜は真っ白でした。花芯も緑色が掛かっていてソメイヨシノとは随分違いますね。
2008年04月09日 20:35
寅太さん、今晩は。
ミクルマガエシの由来は面白いですよね。昔はほのぼのとした、それでいて味のある話が多いですね。そうですね、今日は数えていても眠る前には数え終わりますね。
2008年04月09日 22:23
こんばんは。
桜の花の種類は多いですね。
花の種類と花の色もちがって白に近い色から淡い色そして濃い色と様々な桜の花の色があり楽しめますね。
こちらでも高尾の多摩森林科学園で「御車返し」を見た顔がありますが、大輪の綺麗な桜の花ですね。名前の由来も面白いですね。
大きな木を遠く殻眺めても綺麗ですし近くで花びらを見るのも綺麗ですね。桜の花は素敵です。
2008年04月10日 23:44
杏さん、今晩は。
名前を正しく記憶していないので定かではありませんが、私も昔高尾の多摩森林科学園へ行った事があると思います。そこで初めて黄色の桜を見て感激したことを良く覚えています。御車返しの由来は面白いですね。まだまだ知らない桜があると思いますのでこれからも探して行きたいと思います。

この記事へのトラックバック