健やかウォーキング

アクセスカウンタ

zoom RSS クレマチスの丘の地上絵      

<<   作成日時 : 2008/04/30 19:04   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

 沼津市に隣接した長泉町にあるクレマチスの丘にチューリップを使った地上絵(インフィオラータ)が出来たと新聞で見たので早速行ってきた。
画像
               (緑の芝生広場の池を囲んで作られたインフィオラータ)

 このインフィオラータは富山県産のチューリップ約15万本を使って作成されたと言う。「インフィオラータ」とは、イタリア語で「花を敷きつめる」という意味で、道路・広場などに花びらなどにより絵模様を描き、鑑賞に供するというイベントと初めて知った。
 このインフィオラータのデザインはドイツ人アーティストのピーター・ポマーさんが担当し、400人のボランティアが8時間かけて作ったと言う。 
画像画像
                   (チューリップで描かれたとは見えない地上絵)

 このクレマティスガーデン内の美術館ではピーター・ポマーさんの作品を集めた展示会も同時開催されていた。
 インフィオラータに近づいて良く見ると、赤や黄色、紫、ピンク等のチューリップが綺麗に敷き詰められている。
画像
               (短く切断されたチューリップが敷き詰められている)

 花柄の途中で短く切断されたチューリップはスポンジに挿されている。水はホースで供給され、所々で噴水で散布されている。
画像画像
             (花はスポンジに挿され、水はホースから噴水で供給されている)

 残念ながら、展示期間は作成した日を含めて4日間だと言う。
 このインフィオラータの直ぐ横にはホワイトガーデンがあり白色のクレマティスや、オオデマリ、コデマリ、白のチューリップ等、白色の花だけが綺麗に配置されていた。繊細な白を基調として控えめながらも豪華で、なかなか見応えがあった。
画像
                           (ホワイトガーデン)

 クレマティスガーデン内にはクレマチスを含めて様々な花が咲いていた。その中でも一際綺麗に咲いていたケマンソウを最後に載せる事とする。
画像画像
                             (紅白のケマンソウ)
 
<ケマンソウ(華鬘草)
  ケシ科、コマクサ属
  別名:タイツリソウ(鯛釣草)
<特徴>
  宿根草
  4〜5月に咲く
  花は赤い鯛がたくさん釣れたように竿がしなる
  花径2cm位
  華鬘とは装飾の仏具
  高山植物のこまくさに近い
  草丈70cmまで
  白色もある

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は8,285歩。今週の累計歩数は23,109歩/3日。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
江川太郎左衛門の仲立ちか、静岡と多摩は離れていても時々同じのを取り上げます。
今回はチューリッっプ、グッドタイミングです。
でも単なるチューリップでなく、地上絵と原種を取り上げるのが面白い。
太郎左衛門に宜しくです。
寅太
2008/04/30 20:56
せっかく作ったチューリップ地上絵作ったひも含めて4日間時短いですね。天気が良すぎると早くしおれてしまうかも知れませんね。
chiharu
2008/04/30 21:08
このところ街や公園のチューリップが切断される事件がニースになっていますが、このインフィオラータのチューリップは産地で球根のために摘まれた花を使ったものでしょうかね?。
奇麗なケマンソウです、ここのものも赤系のものが勢いが良いようですね。
OSAMI
2008/04/30 22:26
沼津・井田の菜の花の地上絵を思い出しました。菜の花単色でも綺麗でしたがチューリップは多色地上絵で素晴らしいアートです。勿体ない気もしますが。
信徳
2008/04/30 23:27
寅太さん、今晩は。
そうですね、期せずして同じ日にチューリップを取り上げていますね。単なるチューリップでなく、そちらは原種チューリップでこちらはチューリップの地上絵でした。これも江川太郎左衛門の仲立ちですか?彼にお礼をしておけば、これからも度々ありえますね(笑)?
デコウォーカ
2008/05/01 19:12
chiharuさん、今晩は。
そうですね、4日間では短すぎますね。水を欠かさず与えているから素人考えではもっと続けても良い様に思いますね。しかし、プロの目からは許されないのでしょうか。
デコウォーカ
2008/05/01 19:15
OSAMIさん、今晩は。
巷ではチューリップを切断してしまうと言う許しがたい事件が起きていますね。OSAMIさんが仰るように、このチューリップは「産地で球根のために摘まれた花」かも知れませんね。そこまで確認してきませんでした。今度、機会が有りましたら確認してみましょう。ケマンソウはOSAMIさんの所で、取り上げた時も赤色の方が白色よりも豪華でしたね。多分、そう言う性質なんでしょうね。
デコウォーカ
2008/05/01 19:23
信徳さん、今晩は。
そうでした、井田の菜の花の地上絵も立派でしたが、チューリップの方が更に立派ですね。遠い宇宙から見たらどんな風に見えるでしょうね?小さくて見えないかも(笑)?OSAMIさんからのご指摘の様にこのチューリップは「産地で球根のために摘まれた花」かも知れません。そうすると、勿体無いではなく、廃物の活用となりとてもチューリップの為には良い事になりますね。しかし、4日間だけは、勿体無いと思います。
デコウォーカ
2008/05/01 19:30
チューリップで描いた絵は素敵ですね。
スポンジの上に差してホースから水を噴水などして供給してるのですね。
4日間と短いですが、チューリップの切花だからのでしょうか。
画像を拡大すると1個1個のチューリップの花が綺麗ですね〜。
ホワイトガーデン、緑の木々の囲いの中に白い花々が咲いていて綺麗ですね。紅白のケマンソウも可愛い花を咲かせていますね。

2008/05/01 22:21
杏さん、お早うございます。
私はチューリップの花で作られたインフィオラータを初めて見ました。新聞を見ていなければ、チューリップで作られているとは思えません。近づいて見ると、端の部分では花弁が開いてしまっている物もありましたが、綺麗な花が並んでいました。4日間の儚いショーですね。白色の花で埋め尽くされたホワイトガーデンは見事でした。
デコウォーカ
2008/05/02 07:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
クレマチスの丘の地上絵       健やかウォーキング /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる