香貫山の植物  エノキ   

 今日は久し振りに香貫山の植物、エノキを綴る。昨年、エノキの花を撮影し損なった為に綴る事が出来なかったが、ここに来て花を撮影出来たので昨年撮影した実の画像も含めて綴る事とする。
<エノキの花>
 エノキは雌雄同株で、本年枝(緑色の枝)の上部に両性花を下部に雄花を付けるが、どちらも小さくて目立たない花である。
 雄花の雄しべは4個ある。
画像(エノキの雄花)

 緑色の本年枝の根元側に沢山付く

 雄しべは4個ある


 両性花は本年枝の先の方に数個付く。
画像(エノキの雌花)

 緑色の柱頭は2裂している

 左の画像では雄しべは開きっていないが葯も見える


 雄花と両性花が写っている画像を以下に載せる。
画像(エノキの花序)
 茶色の旧年枝から下向きに出た本年枝に注目

 旧年枝に近い方に4個の雄しべが十字形に開いた雄花が見える

 本年枝の先端に両性花の2裂した柱頭が見える


<エノキの実>
 開花直後には新しい葉も出て来る。その横には雌花の子房が膨らんで来ている。
画像(早や、膨らんで来た子房)

 2裂した柱頭としなびたような雄しべの葯も未だ付けている




<2008年4月13日撮影>

 以下に、昨年撮影したエノキの実を載せる。
画像(緑色のエノキの実)








<2007年6月16日撮影>

画像(赤く熟したエノキの実)

 実は直径6~8㎜程度と小さいが、赤褐色に熟した頃食べると甘い。





<2007年8月23日撮影>

画像(萎びたエノキの実)

 葉が黄葉する頃まで実が生っているが黒く萎びてくる




<2007年12月2日撮影>



<エノキの葉>
画像(エノキの葉)

 葉は卵形で上半分にのみ鋸歯がある

 


<2007年12月2日撮影>


画像(エノキの黄葉)

 コナラやイチョウの様には綺麗に黄葉しないがエノキの大きな木が数本並んでいると見事な黄葉の景色になる。


<2007年12月2日撮影>



<エノキ(榎)>
  ニレ科、エノキ属
<特徴>
  落葉高大木で樹高25m以下
  雌雄同株
  4~5月に淡黄色の小花を咲かせる
  10月に実が赤褐色に熟す、直径7mm程度
  木肌はザラザラしているが割れない
  色は灰黒褐色

 今日は所用の為、ウォーキングは中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2008年04月19日 23:34
一里塚のようなところにあるエノキは大きくて、沢山の実が付いているのは見るのですが花は初めてです、可愛い花を咲かせるのですね勉強になりました。
信徳
2008年04月20日 17:51
エノキの花は初めてです。大きな木も目立たない小さな花が第一歩なんですね。
2008年04月20日 17:59
OSAMIさん、今晩は。
香貫山でもエノキは大きくて花の撮影には苦労しました。一番低い位置の枝を引き下げて撮影しました。花は小さくて色も薄黄緑色ですから気が付き難いです。実は沢山付いていますよね。
2008年04月20日 18:03
信徳さん、今晩は。
樹木の花は概して小さい花が多い様に感じています。小さな花で大きな木ですと写真を撮るのが難しくて困ります。あの手この手を使いますが、ギブアップも度々です。
2008年04月20日 18:55
エノキは知っていましたが、エノキの花は初めて見せていただきました。
花も小さな可愛い花ですね。普段、大きなエノキの木の下を通ったりしているのでしょうが、花や実はあまり気が付きません。
雨の日などに木の下に小さな花びらなどが落ちている時灘があります。
エノキの実も大きな実ではないのでしょうね、今まで木が付きませんでした。
2008年04月20日 21:24
杏さん、今晩は。
エノキの花は小さくて、色も薄黄緑色で目立ちません。実も小さいですが熟すと赤褐色になるので少しは目立ちます。薄甘くて食べられますよ。小さい頃食べた事がありますが、もっと甘くて大きければ良いがな・・・と思いました。

この記事へのトラックバック