沼津海岸線ウォーキング 我入道(その1)

 我入道(がにゅうどう)海岸

 ビュウオから見た我入道海岸を以下に載せる。
画像(ビュウオから見た我入道海岸)
 手前は狩野川河口
 右側が我入道海岸と駿河湾
 海岸に並行した緑は松の防風林
 その向こうの山が牛臥山
 海上のおむすび山は淡島

 我入道海岸の防潮堤に立ったら狩野川河口側に大勢の人が集まって何かしていた。
画像
                     (波打際で何をしているのかな?)

 近づいて見ると賑やかに潮干狩りをしていた。
画像
                   (大人も混じって町内会で潮干狩り)

 我入道海岸が、こんなに潮が干上がった状態は初めて見た。沖合いにも瀬が出ていて子供達が貝を採っていたり釣りをしている人もいる。画像の左には足を海上に出して潜っている人もいる。
 成果は?
画像
                     (豊漁のチョウセンアサリ)

 我入道海岸は砂浜の為、貝が生育するのだろう。狩野川と沼津港を中に挟んで西側の千本浜は砂利浜であったが、東側の我入道海岸は砂浜だ。狩野川から流れ出る土砂が千本浜には積もらず、我入道海岸の方だけに積もる為だろうか?1kmくらいしか離れていないのに海の環境は随分変わるものだ。
 干上がった砂浜に出て沖合いを見る。白い波が幾重にも押し寄せて来ていた。やはり、この辺りにも砂が堆積しているのだろう。
画像
                     (波の向うに見えるのは大瀬崎) 

 反対側の我入道海岸を見る。防潮堤の上に松林と牛臥山が並び、その奥には沼津アルプスの5つの山が全て見えている。左画像に香貫山と横山、右画像に徳倉山(象山)と大平山と鷲頭山が見える。大平山は徳倉山と鷲頭山の間に頭だけを出している。
画像画像
                         (我入道海岸と沼津アルプス)

 我入道海岸の東側に移動する。高さは無いが、牛臥山の切り立った崖が
海に落ち込んでいる。
画像画像
                     (我入道海岸の東端は牛臥山の切り立った崖)

 確か、満潮時には崖っぷち(砂が黒く湿った所)まで海水が来るはずだ。干潮のお蔭で海辺の洞窟に富士山を入れて撮影が出来た。
画像
                          (洞窟と富士山)

 砂浜で語らっている人に静に近づいて富士山をバックに撮影した。
画像
                (お喋りに熱中している2人と釣りに熱中している1人)

 西側の砂浜に比べて、こちらは何とも静かな砂浜だった。

《付記》 我入道(がにゅうどう)の由来
 日蓮上人が滝の口の難を逃れて後、漁船にかくれて鎌倉を逃げたのだが、潮か風の具合で船がこの部落に流れついて-この土地こそ我が入る道であると、宣言しながら上陸して、身延山へ行ったことから我入道と呼ばれるようになった。
      <芹澤光治良 人間の運命の1巻・1章より>

 今日のウォーキングは所用で中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

信徳
2008年04月17日 00:29
二週間ほど台湾に遊びに行っている間に桜は終わり春の大祭から潮干狩りまで時は移っているのですね。本当に春爛漫って感じです。これからまた楽しく拝読させていただきますので宜しくお願い致します。
2008年04月17日 08:56
なんとも穏やかな海の景色が良いですね、牛臥山の切り立った崖の所には立て札とロープが見えますが、崖の落石が危険ということでしょうね、海と洞窟と富士山とても良い感じです、ビュウオも入っていますね。
2008年04月17日 18:07
我入道海岸での潮干狩り、楽しそうですね。
チョウセンアサリは初めて見せていただきましたが、アサリより大きいように見えますが、蛤のような貝でしょうか。
豊漁のようですが、バケツいっぱい採れれば楽しいでしょうね。
お天気も良いですし、海も穏やかなようで潮干狩り日和のようでしたね。
青空に真っ白な富士山が綺麗ですね。
近頃のお天気でこのようにすばらしい富士山が眺められるのは珍しいように思いますが・・。
寅太
2008年04月17日 18:28
干潮のお蔭で洞窟と富士山が取れるとは貴重な画像です。
チョウセンアサリというのはこのあたりの海岸に以前から生息していたのでしょうか。
それとも昨夜までは別のところに住んでいたとか?
2008年04月17日 21:13
信徳さん、今晩は。お帰りなさい、早速お寄り下さり有難う御座います。
4月に入って2週間も経つと桜は終わり、色々の草花が咲き誇り春爛漫になりますね。春の祭りも賑やかに始まります。こちらこそ、これからも宜しくお願い致します。
2008年04月17日 21:23
OSAMIさん、今晩は。
この日は風も無く穏やかな春の一日でした。「春の海、ひねもすのたり、のたりかな」でした。牛臥山の崖下の立て札とロープは崖の所にある狭い洞窟に入らない様にする為だと思いますが、その役にはたっていない様に感じました。解り難い角度に写っていますが、ビュウオが解って戴き感激しています!
2008年04月17日 21:37
杏さん、今晩は。
皆さん楽しそうでした。私も裸足になろうと思いましたが予備の靴下等も無いので止めました。チョウセンアサリは普通のアサリよりも大きいのかも知れません。ここの海岸で潮干狩りをするのは地元の漁業関係の人が多いと思いますので収穫時期を良く知っているのでしょう。鋭いご指摘ですね、この青空に白い富士山は大分前で3月22日に撮影した物です。申し訳ありません、ブログアップが遅れていました。
2008年04月17日 21:47
寅太さん、今晩は。
この崖下は満潮時には通れないはずですので洞窟と富士山が撮れたのはラッキーだったですね。このチョウセンアサリが昨夜まで何処にいたか?鋭い質問ですね!子供達の潮干狩り体験の為に昨夜、朝鮮からの貝を放流した可能性もありますね?まっ、そこまで勘ぐる事は止めておき、素直にここで育った貝だとしておきましょう(笑)。
2008年04月18日 19:01
こんばんは。
富士山の画像、とても素晴らしいです。
やはり、海に富士山は最高ですね。
広い海岸の青い海と空、いつも見ることが出来ない私のとって素敵な画像は楽しみです。
遠くに白い富士山、本当に綺麗です。
ここ何日か雨模様で、お天気の富士山の画像は嬉しいです。
2008年04月18日 21:58
杏さん、今晩は。
ここ1週間くらい、富士山が隠れて見えていませんね。何となく寂しいです。この日の様にクッキリと見えていると何となく楽しくなります。これからの富士山は、だんだん雪が減ってきます。その変化も見ていて楽しい物です。これからも富士山を写していきますので飽きずに見て下さい。

この記事へのトラックバック