陣馬山ウォーキング(その1)   

 今日は、先日行って来た陣馬山ウォーキングに付いて綴る。この日は神奈川県藤野町の落合登山口(210m)から山頂(857m)までを往復した。近くの民家の庭先や登山道脇にニホンスイセンの他に、八重のスイセンが随分賑やかに迎えてくれていた。
画像画像




                     (八重のスイセン)

 簡易舗装から山道に入る所には大きなトサミズキの花も迎えてくれていた。
画像画像




                    (満開のトサミズキ)

 山道を30分くらい歩いた所で小休止する。目の前の松の木の根元に見慣れないキノコらしき物を見つけた。初めて見たサルノコシカケだった。
画像
                         (サルノコシカケ)

 檜林の中をジグザグに進む。ここの檜林は良く間伐されていて明るく風通しも良かった。
画像
                      (明るく風通しの良い檜林)

 林の中から富士山も見えた。沼津を出た時は良く見えていた富士山だが春霞が出てきて薄っすらとしか見えない。
画像
                        (春霞の中の富士山)

 檜林から林相が美しい雑木林に変わる。アチコチの落葉樹に太いフジが巻きついている。庭園に植えられるフジ(野田藤)は右巻きだが、山に生えているヤマフジ(山藤)は左巻きだと資料に有った。以下の画像を見ると左巻きなのでヤマフジに間違いない。
画像
                   (太いヤマフジに巻き付かれた落葉樹)

 山頂近くなると幹がツルツルしたヒメシャラの林が現れて来た。植樹記念の標識が付いていた。
画像
                         (ヒメシャラの森)

 最後の急坂を登りきると広々とした山頂に着く。名物の馬の像を撮影する。後から撮影した画像には小さく富士山が写っているが霞んでしまってハッキリと見えなかった。
画像画像
                 (陣馬山山頂の馬の像)

 この日は、山頂に着いてから昼食を終えて下山する時までズーッと富士山は春霞の中だった。
画像
                       (春霞が晴れなかった富士山)

<トサミズキ (土佐水木)>
  マンサク科、トサミズキ属
<特徴>
  樹高3m以下の落葉樹
  花期:3~4月
  黄色い花
  1花序に7~8個の花を付ける
  葯は赤色を帯びる
      
 今日のウォーキングは香貫山で歩数は8,513歩。今週の累計歩数は30,260歩/3日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年03月26日 22:56
陣馬山の山頂付近は未だ冬枯れの感じですね、春霞でしょうか富士山が霞んでいるのが少し残念というところだったでしょうか。
寅太
2008年03月27日 12:43
蛇松緑道シリーズは楽しませてもらいました。線路を保存の形で残しておくのはなかなか良いと思いました。
新シリーズは「陣馬山」ですね。何が出てくるか楽しみです。
山頂のシンボルの馬の像ですが、かなり首が長いようで、もう少し長いと麒麟山になりそうです。
2008年03月27日 18:00
日曜日に陣馬山にお出掛けだったのですね。
先日(23日)の最後のコメントを見落としていました・・。
デコウォーカさんがお近くに来ていただいで嬉しいです。藤野から登山をされて いかがでしたでしょうか。私も登山はしませんでしたが陣馬山の下まで行ったりします。
登山道近くでは、トサミズキの花が満開でお出迎えしていましたが、大きな木のようですね。
陣馬山登山の途中に眺めた富士山は、春霞がかかっていましたが真っ白に見え綺麗です。陣馬山の山頂の真っ白い馬も印象的です。
白馬も眺めている遠くの山々や富士山が春霞の中に全体が見えて素敵です。
2008年03月27日 18:53
今晩は
お疲れ様でした。途中の民家で八重咲きの水仙やニホンスイセンそれにトサミズキの歓迎を受けて陣馬山の山頂へ登り切ったときの眺めがまた素晴らしいものだったと思います。靄に包まれた富士山も綺麗に見えています。見せて頂き有り難う御座います。
2008年03月27日 19:27
OSAMIさん、今晩は。
陣馬山の山頂付近はまだまだ春遠しでした。沼津を出る時は富士山が見えていたので期待していたのですが残念な結果に終わってしまいました。陣馬山の方角から富士山を見る機会が少ないので期待していたのですが・・・。
2008年03月27日 19:37
寅太さん、今晩は。
蛇松線の線路が残っているのは良い事だと私も感じています。それ以上に蛇松を残していてくれたら、もっと感激したのですが・・・。そうですね、キリンの様な首の馬ですね。陣馬山シリーズは冬枯れで材料不足の為、キリンの首の様に長くなく今日で終わりです。あまり期待しないで下さい。
2008年03月27日 19:52
杏さん、今晩は。
この前の日曜日にそちら方面にお邪魔しました。昔、陣馬山には八王子方面から登ったことがありますが、藤野町からは初めてでした。藤野からの登山者は少なかったですが山頂には大勢いたので、やはり八王子方面からの方が多い様でした。陣馬山、高尾山の方角から富士山を見る機会が少ないので期待していたのですが、春霞の中で薄っすらとしか見えず残念な結果に終わってしまいました。
2008年03月27日 19:56
chiharuさん、今晩は。
霞がもう少し薄ければ良かったのですが、富士山は残念な結果となってしまいました。その代わり、冬場ですが花々には多少は恵まれた山歩でした。今日、これから陣馬山で見た残りの花々をアップします。

この記事へのトラックバック