私の富士山百景 24番 達磨山高原

春霞と富士山

画像

  (達磨山高原レストハウスから駿河湾越しの富士山 2回クリックで拡大可)

 戸田からの帰り道、富士山のビューポイントの一つである達磨山高原レストハウスに立ち寄った。午前中より更に春霞が晴れてきて富士山の麓や愛鷹山、更には富士海岸線も薄っすらと見える様になっていた。
 富士山の頂だけが陽を受けて白く輝き、春霞の中に浮き出るように見えていたのが強く印象に残った。
(この画像は3月12日のブログ沼津海岸線ウォーキング 富士海岸防潮堤(最終回)で既に記載した画像の一部をズーム拡大撮影したものです。)
 沼津海岸線ウォーキング 井田~戸田シリーズは今日で終了。
 今日のウォーキングは一日中、雨模様の為中止。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

信徳
2008年03月19日 21:18
春霞に浮かぶ富士山も幻想的で良いですね。
2008年03月19日 22:25
先日も千本松原と一緒に見させて頂きましたが、中ほどが霞んで幻想的な雰囲気ですね。
寅太
2008年03月20日 11:47
素晴らしいの一言です。
昨日、ニホンアブラギリの群生地がありましたが、1週間前の「その時、歴史は動いた」の河井継之助が、その地を通った時の「塵壷」という日誌に出ていました。
この付近は燈油に使う毒荏(ドクエ)の産地とありました。
2008年03月20日 17:41
今晩は
この場所からの富士山は宙に浮いているような
幻想の世界に引き込まれました。
素晴らしい写真を有り難う御座います。
2008年03月20日 20:33
信徳さん、今晩は。
富士山の姿にも、色々あると思っています。それを求めて幾つ集められるか、楽しみにしています。
2008年03月20日 20:41
OSAMIさん、今晩は。
達磨山と富士山は地図で調べると約40kmあります。流石にこれだけ離れると富士山の細かい所までは見えません。霞みも加われば、幻想的な景色になるのですね。頂だけが宙に浮いたように見える富士山も良いなと思っています。
2008年03月20日 21:02
寅太さん、今晩は。
アブラギリは毒性があるので別名で毒荏(ドクエ)と呼ばれると資料で見ました。その時、歴史は動いたを見忘れたので河井継之助がここを通った云々は解っていませんが、その頃からの産地だったのですね。
2008年03月20日 21:04
chiharuさん、今晩は。
OSAMIさんへのコメントにも書きましたが、達磨山と富士山は地図で調べると約40kmあります。流石にこれだけ離れると富士山の細かい所までは見えません。霞みも加われば、幻想的な景色になり、宙に浮いた様に見えるのですね。
2008年03月20日 21:28
こんばんは。
裾野に広がる春霞の中で、白い雪を頂いた富士山の山頂付近だけが浮かびあがり素晴らしい画像ですね。
青い空に白い富士山が映える姿み綺麗ですが、やわらかな薄紫ような色に見える春霞に染められた富士山の姿が綺麗ですね。
Wクリックで大きな迫力のある富士山を見せていただきましたが、白い雲の動きも綺麗ですね。
2008年03月20日 21:59
杏さん、今晩は。
OSAMIさんへのコメントにも書きましたが、達磨山と富士山は地図で調べると約40kmあります。流石にこれだけ離れると富士山の細かい所までは見えません。霞みも加われば、白い雪を頂いた富士山の山頂付近だけが浮かびあがり幻想的な景色になりますね。高い空の白い雲も富士山を引き立たせますね。