大平山ウォーキング(その3)

 今日も大平山ウォーキングの続きを綴る。
 残雪でぬかるんだ山道を登りきると、やはり山頂であった。心配した残雪は、登山道脇には大分積もっていたが幸いにして人が歩くところには残っていなかった。
画像
                         (大平山山頂)

 
 大平山は海岸に近くて海が良く見渡せる。海上には初島や伊豆大島も見えた。
画像画像
                  (近くの海上に見える初島)

画像
            (伊東市街地から伊豆大島まで見通せる)
画像画像
              (眼下の伊東市街地)         (大海原に浮かぶ伊豆大島)

 大平山は標高577,7mであるが伊東駅の標高は海抜一桁と思うので標高差は570mはあると推定する。海岸に近い山なので登山道が急勾配だったのが肯ける。
 山頂から芝生広場、富士山眺望ポイントへ向かう。道は平坦になるが雪は相変わらず残っている。
画像
                   (山頂付近には相変わらずの残雪)

 暫く行くと樹木の間から大室山や矢筈山が見えた。どちらの山にも雪が積もっている。逆光で見難かったが矢筈山には雪が降っている様にも見えた。2月10日の山焼きを控えた大室山が茶色に見えた。ここで山焼きを見たらどんな景色になるのだろうか?山焼き後は全山真っ黒になるのかな?
画像画像
             (お椀を引っくり返した様な大室山)    (げんこつの様な矢筈山)

 芝生広場を目指したが、残雪も多く坂道で滑りそうなのでそれ以上進むのは止める事とした。眼下の景色を見ながら昼食を取った後、元来た道を引き返す事とした。富士山を見たかったが諦める事にした。暖かい伊東で雪に遮られるとは予想だにしていなかった。
 大平山ウォーキングは今回で終わり。今日のウォーキングは千本浜で歩数は13,144歩。今週の累計歩数は23,369歩/3日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

信徳
2008年01月30日 21:05
残雪の量から推測すると大分降ったのですね。こちらは一向に降りません寒いだけですから思い切り降って貰いたいものです。
2008年01月30日 21:45
山頂は見晴らしが良くて素晴らしい景色ですね、伊豆大島も近くに見えていて何だかびっくりですし、大室山というのも珍しい形ですね。
寅太
2008年01月31日 09:30
高尾山が599mですから大平山は20mしか違いません。
でも海に近いですから、登るとなると高尾よりも厳しいでしょう。
冬場は滑りますので気を付けて下さい。
昨日の朝日新聞の夕刊に高尾山のシモバシラがカラーで載っていました。
温暖化の影響で、見れる時期が遅くなっているとのこと。
大平山から見える島は東京都ですね。
2008年01月31日 18:03
大平山からの眺めが綺麗ですね。
山頂付近には雪が残っていますが、随分降ったのでしょうね。
真っ青な海が綺麗です。初島、大島も良く見えますね。
近くの大室山や矢筈山にも残雪があるように見えましたが、風が冷たかったのではないでしょうか。
残雪がありますので気を付けていても滑ったりしますので、無理をされずに引き返されて良かったと思います。
2008年01月31日 18:10
信徳さん、今晩は。
この前の箱根に積もった時に大平山にも積もったのでしょうか。海に近いのでこれほど雪が残っているのにはビックリしました。そちらの方が寒そうなのに、まだ雪が積もっていないのも何となく可笑しいですね。
2008年01月31日 18:15
OSAMIさん、今晩は。
雪が残っていて外気も冷たかったですが、山頂では眺望に恵まれました。大室山は特徴のある形で一度覚えると忘れません。伊豆大島が若干霞んでいましたが見えただけでも良しとしました。
2008年01月31日 18:22
寅太さん、今晩は。
高尾山より20m低いだけでしたか。高尾山はもっと高いイメージが有りました。残雪やぬかるみは滑ると骨折等が心配なので注意しながら歩くので疲れますね。伊豆大島は東京都でしたね。感覚的には伊豆がつくので静岡県のイメージですね。
2008年01月31日 18:33
杏さん、今晩は。
山頂では雪が残っていて外気も冷たかったですが、眺望に恵まれました。青い海に島が浮かんで見えると、登山して良かったと感じます。昼食を取っている時も寒くて、食べ終わったら直ぐに下山開始しました。滑って転んで後悔しないように、戻りました。

この記事へのトラックバック