大平山ウォーキング(その2)

 今日は昨日に続き大平山ウォーキングについて綴る。
 ユーカリの木が生えている所を過ぎてヒノキ林の中を進むと落ち葉の上に白い物が見える。残雪だった。
画像
                       (ヒノキ林の下に雪が残っていた)

 更に進むと雪は見えなくなり、大きな石が見えて来た。標識を見ると「江戸城構築用石丁場跡と刻印石の分布地」とある。
画像画像
               (江戸城構築用刻印石)

 横にある説明板を読むと、江戸城構築用石材は相模、伊豆、駿河から採石され石船に積まれて江戸まで運ばれた。豊富な石材と海運の便の良さから伊豆東海岸は中心的採石地となり多くの丁場が営まれ、伊東市内の海岸や山中には現在34箇所の石切丁場跡が確認されている。また、採石された石には他藩と区別する為に刻印がされた、とある。
画像画像
        (説明板 Wクリックで拡大出来ます)     (石に残されている刻印)

 この様に大きな石を、こんな急斜面からどうやって下ろしたのだろうか。更に、それを船に乗せて江戸まで運ぶのはさぞかし大変な作業であっただろうと思いながら先へ進むと、今度は大きな根っこがひっくり返っていた。倒れていたのはヒノキであったが意外と根が浅くて小さい。これでは強風で簡単に倒れる筈だと感じた。
画像
                        (倒れたヒノキの木)

 更に登って行くと、残っている雪が多くなって来た。良く見ると残雪をバックにコウヤボウキの実が綺麗に見えた。
画像
                    (残雪をバックにコウヤボウキの実)

 香貫山で見た白い綿毛の他にピンク色の綿毛をした実もあった。
画像画像>
            (ピンク色のコウヤボウキの実)     (白色のコウヤボウキの実)

 登山道の先の視界が開けて、もう直ぐ山頂と思われる所まで進むと残雪が多くなって来たし道もぬかるんできた。
画像
                       (山頂近くの残雪)

 スタート時、伊東駅で見た白い物はやはりここら辺りの残雪だった様だ。山頂にはもっと多くの雪が残っているのだろうか・・・?

 明日に続く。今日のウォーキングは雨で中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年01月29日 20:18
今晩は 江戸城築城石切丁場跡に残された構築用マークが残されていてここの石が使われた証になっていますね。伊東市内には34カ所も石切丁場跡があるなど江戸城築城当時は石工や石を運ぶ人足達で大賑わいだったのでしょうね。
2008年01月29日 21:12
大平山も残雪があり道が悪くなってお困りだったようですね、それにしても自然の中のコウヤボウキは素晴らしいですが、私が以前取り上げたようにここでも綿毛がピンク色に染まっていて、何だか面白いと思いました。
信徳
2008年01月29日 22:55
ご無沙汰しています。毎日寒い日が続きますがデコウォーカーさんの行動力に驚いています。本当に健康なんですね!
寅太
2008年01月30日 12:11
江戸城の石は伊豆半島から運んだものが多いとは知りませんでした。勉強になります。
百人持ちの石の大きさはよく分かりませんが、石高十万石につき千百二十個とは凄い。前田家なら1万個以上ですね。
近くの山でもコウヤボウキは実がそのまま残っています。でもこちらのものはピンク色はほとんどないと思います。
2008年01月30日 16:36
太平山から江戸城築城のための採石をしていたようですね。
石切丁場跡も沢山残っているようですが、当時はとても賑わっていたことでしょうね。採石された石には刻印をしてあったようですが、大名もノルマがあり大変でしたね。大きな石を運ぶのは大変な事だったと思います。山頂付近には雪が残っているようですね。コウヤボウキの実がピンクに色づいていて綺麗ですね。
2008年01月30日 19:01
chiharuさん、今晩は。
現在の伊東市は温泉の町ですが、この頃は採石の街で賑やかだったでしょうね。採石の歴史が半世紀も続いたとありますから江戸城構築にも同じ時間が掛かったのでしょうね。現在ならば数年で出来ますかね?
2008年01月30日 19:08
OSAMIさん、今晩は。
この日はアイゼンを持っていなかったので下り斜面を歩く時は気を使いました。OSAMIさんのブログでピンクのコウヤボウキを見て知っていましたので、見つけた時は嬉しかったです。もう少し雪が残っていればコウヤボウキのピンク色が綺麗に撮影できたかも知れません。歩きには雪は不要で、写真撮りには雪が必要とは、理不尽ですね(笑)。
2008年01月30日 19:14
信徳さん、今晩は。
健やかウォーキングやデコウォーカの名前を付けていますので歩かないとブログを書けませんので、頑張って歩いています。
2008年01月30日 19:20
寅太さん、今晩は。
石の大きさですが、上の画像中の石の大きさは長手方向は2mくらいはあったと思います。百人持ちとはどの様な単位でしたかね?ピンク色のコウヤボウキは香貫山でもなく、私は今回の大平山で初めて見ました。
2008年01月30日 19:24
杏さん、今晩は。
半世紀に渡って採石をしたとは、大変だったと思います。大きな石の切り出し方、麓までの下ろし方、船への積み込み等、どの様にやったのか興味有りますね。ピンク色のコウヤボウキはOSAMIさんの所では見ていましたが実物を見たのは初めてでした。

この記事へのトラックバック