香貫山の植物  クコ (番外編 ユズリハ)

 香貫山の林下で多少ジメジメした所に地面を這うように茂っている植物がある。葉の陰に紫色の小花を咲かせている。帰宅して調べたらナス科のクコ(枸杞)だった。
画像
画像
                (葉の陰に綺麗な紫の小花を咲かすクコ)

 クコの実は秋にみずみずしい赤い実を付けることは資料で知っていたが、その花に付いては認識が無かった。実物の赤い実を見たいと思っていたのでクコの木が香貫山に有ったと知った時は嬉しかった。

<クコの花>
 クコの花は紫色の小さな両性花で花冠は5裂し、雄しべは5個。
画像
                (何故か、花びらが反っている花が多い)

<クコの茎>
 クコの茎は細くて柔らかいので、斜面や崖地の様に垂れ下がることが出来る所が生育に適していると資料に有る。香貫山で見つけたクコの株は残念ながら平地で、しかも地面を這って茎が伸びているので花の付き方の様子が解らない。一枝を少し持ち上げて横から見る。
画像
                 (花は葉腋から吊る下がっている)

        ---2008年10月10日のブログより転載開始---
《クコ》
 昨年綴ったクコは全ての株が倒れていた。今年は全て、スクッと自立していた。
画像
                    (クコ 2回クリックで拡大可)

 このままの立ち姿で実が赤くなれば素晴らしい姿になるのだが、果たしてどうなるか?
        ---2008年10月10日のブログより転載終了---

 クコの花は葉腋から1個だけ吊る下がっていた。花は日数が経過すると色がだんだん変わると資料にある。  
画像
                    (咲き始めは鮮やかな紫色)
画像
                  (開花して日数が経つと白っぽくなる)

 別の枝を持ち上げて下から見上げる。
画像
                   (蕾や花が吊る下がっている)

 良く見ると枝先から、蕾、濃い紫色の花、少し薄い紫色の花、白っぽく変色した花が並んでいる。多分、開花順に並んでいるのだろう。

<クコの実>
 花を撮影したクコが生えていた所とは別の場所にクコを見つけた。こちらの株では花は終わって実を付けていた。明るく日も射していて好都合だった。
画像
画像
                   (何とも美しいクコの実)

 念願のクコの実を見る事が出来た。ミズミズしく、とても綺麗な実だ。資料によると、見た目はおいしそうなのですが,本当はまずいですから口に入れない方が無難です。果実酒にしたり、日干ししたりするのが一般的なようだとある。そのままにして置く事とした。

<クコ(枸杞)>
  ナス科、クコ属

<特徴>
  落葉低木で樹高2Mまで
  8~10月に1.5cm大の花を咲かせる
  細い枝で垂れ下がりやすい
  トゲに注意の事
  横に拡がるので広い面積が必要
  実を薬酒に利用

《番外編》 ユズリハの実
 ユズリハの緑の実に付いては10月4日の番外編で綴り、それを5月2日のユズリハのブログに記載した。ここに来て、実も熟したので以下に載せる。
画像
画像
                     (熟したユズリハの実)

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は10,239歩、今週の累計歩数は19,087歩/3日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

信徳
2007年11月07日 22:06
クコのあの赤い実から想像も出来ない紫色の花、クコの花は初めて見ました。
2007年11月07日 22:51
こんばんは。小さい頃、田舎にクコは植えてあったのですが、去年クコの苗を求めて花を初めて見ました。小さなナス科の紫の花でしたよね。今年も咲いて画像を撮ってありますが、花期が短かかったです。
今、実が出来て赤く熟れています~。随分真っ赤で奇麗ですよね。実は不味いのですか?今度試食してみます。こちらの山では、鳥が運んだものでしょうか?うちは去年鳥に食べられていました。
ユズリハの花からは少しの実で、黒っぽいのですね。お味はどんなのでしょうね。
2007年11月08日 01:07
しばらくで~す。子供の頃、クコの実には凄い薬効があると聞いたので、クコは特別な植物と思っていました。教えてくれたのが地元では尊敬されていた仙人のような山伏でしたので、特別なものであると信じていました。(枸杞という字も雰囲気がありますし)
その時に見たクコの実は干したもので結構大きかったのですが、昼食に行く中華料理店のサラダに付いて来るのは小さい実です。遠い昔に神々しいように見た「枸杞」を思い出して食べています。
2007年11月08日 07:02
クコに出合えてよかったですね、葉も虫食いのようなところが無くて元気そうな株ですし花も実も綺麗です、花色の変化が面白いですね。
寅太
2007年11月08日 12:04
クコはどこかで聞いたことがあるような、でも花も実も初めてのような気がします。
紫色の花はナスに似ていると思いますが、真っ赤な実はナスとは違って小さくて綺麗です。
今度山で出会いたいものです。
ユズリハはこんな実がなるのですね。我が家のユズリハはまだ雄か雌か決めかねています。
2007年11月08日 14:49
信徳さん、今日は。
信徳さんもクコの花は初めてですか。私も赤い実は知っていましたが花は知りませんでした。紫色の可愛い花でした。
2007年11月08日 15:00
一花さん、今日は。
一花花壇にはクコも有るんですか。赤い実が綺麗で好きです。念願の実物を見る事が出来、満足しています。実は食べるよりもお酒に入れる方が良いそうです。多分、鳥が種を運んで芽を出したのでしょう。ユズリハの実が食べられるかどうか?です。
2007年11月08日 15:07
hirasan、今日は。
クコにその様な思いが有ったのですか。クコの名前の響きにはそんな雰囲気が有りますね。現在でも薬効の話は時々聞きます。私は薬効よりも、みずみずしい赤い実に興味がありました。今回の出会いで満足しています。
2007年11月08日 15:11
OSAMIさん、今日は。
クコの実を見たい念願が叶い満足しています。花の色の変化も、もっと途中の色が撮れると良かったのですが、その機会に恵まれませんでした。
2007年11月08日 15:16
寅太さん、今日は。
私は、今回クコに会えて満足しています。是非、探してみて下さい。赤い実が綺麗ですよ。勿論、紫色の花も高貴ですが。そうでしたね、寅太さんの所のユズリハは1種類しかなかったのですね。山でも外観上は差がありませんので実を見つけるのも大変です。香貫山は雄株の方が多い様に感じています。

この記事へのトラックバック