香貫山の植物  シロザ (番外編 ノコンギク)   

 香貫山の登山道脇に大きく伸びた草が有る。アカザ科のシロザだ。
画像
                (良く見ると穂状の花を咲かせているシロザ)

 荒れ地などに生育する一年草で草丈は1.5m程になり、茎は木質化して丈夫である。
画像
                (砂利道脇の荒地に逞しく生えたシロザ)

 シロザの名前は同属のアカザに対して、葉に白い粉粒があるので付けられた。 

<シロザの花>
 シロザの花序には粉状の毛がたくさんあり、花も白い粉で覆われるので注意してみないと開花している状況がわかりにくい。8月の終わり頃から10月にかけ、緑色の花を咲かせる。花弁はなく、萼が5深裂し、平開する。雄しべは5本で雌しべは1本。花はまず雄しべが成熟し、その後雌しべが成熟する。
 雄しべが成熟している雄性期の花は開く。次の画像は萼が開いているので雄性期だ。
画像
       (雄性期  萼が開いて雄しべ5本が飛び出ている 2回クリックで拡大可)

 雌性期では花はほとんど開かず、雌しべの柱頭だけが出ている状態になる。
画像
                (雌性期  萼が閉じて柱頭だけが出ている)
 
 その後、花は赤味を帯びてくる。
画像
                     (花後は赤味を帯びてくる)

画像
                      (更に赤味を増してくる)

 同時に葉や茎も赤味を帯びてくる。
画像
                   (同時に葉や茎も赤味を帯びてくる)

<シロザの実>
 実は更に紅葉して真っ赤になり最後には、種子だろうか黒い物が顔を出している。
画像
画像
                  (赤く稔った実から黒い種子が出る)

<シロザの茎>
 シロザの茎は丈夫で硬く、大きく育ったものを乾燥させて杖にする程である。軽くて丈夫な杖ができるという。茎は目立った稜があり、通常赤色を帯び、秋になると赤紫色になる。別の場所に生えているシロザは既に茎が赤色を帯びている。
画像
                     (シロザの茎は稜があり赤色を帯びる)

 観察を終えたら切り取って杖にしてみようと考えていたが、杖に良さそうな株は最近の草刈で無くなってしまった。

<シロザ>
  アカザ科、アカザ属
  名前の由来:同属類似種アカザに対して、葉に白い粉粒がある
  別名:シロアカザ

<特徴>
  1年草
  茎は直立し高さ50~150㎝になる
  茎は太く丈夫で堅い
  葉は三角状で大きく鋸歯がある
  葉の下面や芽には白い粉がたくさんついている
  夏に茎先に円錐状の穂のようになって白い花が咲く。

《番外編》 ノコンギク
ノコンギクに付いては11月1日に綴っている。その後ノコンギクが、ガードレールに巻き付いたクズの葉の上まで茎を伸ばせて花を咲かせているのを見つけた。その一塊の花や蕾の色が鮮やかだったのでついつい撮影してしまった。あのノコンギクが、条件さえ合えばこれほどまでに美しく変身出来るのかと、再認識させられた一瞬だった。
画像
                 (美しく変身したノコンギクの花)

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は8,848歩。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年11月05日 19:22
こんばんは。アカザ科のシロザなんですね~。
アカザはインド原産で葉は中心が赤紫になって奇麗でしたが、シロザは葉の中心と新葉が白く日本産なんですね。
田舎では庭に野菜ジュース用のアカザが植えてあって、よく見ていました。何か薬効があったのか??です。赤い茎から杖が出来るのですね。軽くて重宝しそうですが。。
以前OSAMIさん宅でもアップでその実を見せて戴きましたが、シロザの花後も赤くなって、花かとも見まごうような美しさですね。今度しっかりと観察してみます。
野紺菊は蕾、開花の違う段階の花が揃うと彩が素敵ですね。
信徳
2007年11月05日 20:44
「アカザが突然変異でシロザになった」のでは無いですね。シロザの赤いステッキなど何か粋な感じがします。
2007年11月05日 22:07
シロザのこといろいろと勉強になりました、特に3枚目の画像で花の状態が分かり納得です、私が以前取り上げたアカザも日当たりの条件やその他の事であのような面白い形と色になっていたということだと思います。
シロザも実が赤くなるのですね、面白いと思います。
寅太
2007年11月06日 06:07
アカザ科のシロザが面白い。拡大すると花の形も面白い。
雌雄の違いと成育過程は、いつも観察力に脱帽です。
シロザをじっくり見る姿は、まわりから見ると植物学者でしょう。
ノコンギクもこの色で咲いてくれると、白いノコンギクなどと名前を間違うことはありません。
ツキイチゴルフというのに、昨夜からの激しい雨が降っていましたが、いまは音はきこえません。
ナイスショットと周りの紅葉を期待して行ってきます。
2007年11月06日 16:21
アカザ科のシロザ、道沿いなどに生えていますが、普段は気にして見ていなかったと思います。Wクリックで見せていただきましたが、緑の花が綺麗ですね、星型の花に長いシベが可愛いです。赤くなったシロザの実もきれいですね。シロザの花と実どちらも、これほど綺麗だとは思いませんでした。

2007年11月06日 17:30
一花さん、今晩は。
アカザ科アカザ属のシロザ、別名はシロアカザ。アカ、シロ入り乱れて混がらがりますね。いずれにしても兄弟みたいな関係で良く似ています。OSAMIさんからアカザ杖の情報を戴き、シロザで杖を作ろうと思っていたのですが、草刈で材料が入手出来なくなってしまいました。ノコンギクはファミリー全員が揃うと美しくなりますね。
2007年11月06日 17:34
信徳さん、今晩は。
アカザとシロザは兄弟みたいな関係で良く似ていますね。シロザの赤いステッキを作る予定でしたが、草刈で材料が入手出来なくなりました。
2007年11月06日 17:44
OSAMIさん、今晩は。
そちらでアカザを見た時はシロザの実と似ているのでビックリしました。シロザもアカザの仲間で、基本的には実も茎や葉まで最後は赤色に変化するようです。シロザの杖の情報を戴き、調べました。シロザで杖を作る予定でしたが、残念ながら草刈で材料入手が出来なくなりました。又の機会にします。
2007年11月06日 17:55
寅太さん、今晩は。
アカザ科アカザ属のシロザ、別名はシロアカザ。アカ、シロ入り乱れて混がらがりますね。いずれにしても兄弟みたいな関係で良く似ています。実は、花が開いているのはデジカメで撮影して拡大してみて初めて発見しました。目視では気が付きませんでした。ノコンギクもこのレベルならば野に咲く紺菊の名前も頷けますね。今日は雨上がりの絶好のコンディションでベストスコアが出せた事でしょう。
2007年11月06日 17:58
杏さん、今晩は。
実は、花が開いているのはデジカメで撮影して拡大してみて初めて発見しました。目視では気が付きませんでした。赤い実の方は目視でも良く見えました。いづれもなかなか綺麗ですよね。是非、機会がありましたら覗いてみて下さい。

この記事へのトラックバック