香貫山の植物  ツワブキ 

 今、香貫山の登山道脇には黄色の花が並んで咲いている。キク科のツワブキ(石蕗)の花だ。今年の香貫山を一番最後に飾る花がツワブキの花だろう。
画像画像




                          (ツワブキの花)

 この株には蕾から満開の花まで各段階の花がある。例によって、これらを開花順序に並べてみる。
<ツワブキの蕾>
画像画像
              (未だ堅い蕾)              (ほころび始めた蕾)

<ツワブキの花>
 最初に開花するのは一番外側にある舌状花から。
画像画像
          (舌状花の開花スタート)          (開花終了し花びらが反り返る)

 次は舌状花の隣内側から筒状花が開き始める。
画像画像
         (筒状花の雄しべが伸びる)        (次に雌しべが伸び柱頭が2分割する)

 もう少し経過した花には以上の各開花レベルの花が混在して見える。
画像
               (異なる開花レベルの花が混在する)

<ツワブキの実>
 花が終わると綿をまとめたような種が出来ると資料にある。継続して観察をする。
        ---2008年1月11日のブログより転載開始---
 ツワブキ付いては11月16日に綴った。その中で「花が終わると綿をまとめたような種が出来ると資料にある。継続して観察をする。」と綴った。今日はその実に付いて綴る。
画像画像




             (タンポポの様な種毛を付けたツワブキの実)

 殆どの種子は飛んでしまったが、まだ飛び去っていない種子が残っている実がある。
画像画像
     (上部の種子が飛び去った実)        (殆どの種子が飛び去った実)

 上の画像を見れば種毛と種子の構造や、種毛が球状になる様子が良く理解できる。種子の飛び去る順序は上部から順次飛び去り、一番下の種子が最後に飛び去るのだろう。
        ---2008年1月11日のブログより転載終了---

<ツワブキ(石蕗、艶蕗、山蕗)>
  キク科、ツワブキ属
  名前の由来:葉に艶のある蕗

<特徴>
  常緑の多年草
  10~12月咲き
  花径3センチ位
  葉が蕗に似ている
  春の新芽(茎)や蕾を山菜に利用する
  草丈40センチ位

 今日のウォーキングは所用で中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年11月17日 00:37
こんばんは。今日はOSAMIさん宅もツワブキで同じでしたね。
キク科で、花の咲き方の蘂の出る様子も菊そっくりですね。蕾の状態は雑草っぽいです。
これは葉を見ると菊の感じがなく、葉は硬くて艶がありますよね。
茎は伽羅ブキとして佃煮に利用されますが、フキの方が柔らかい感じです。自生地は海岸の崖や岩上だけでなく、小高い丘にも自生するようです。画像追って日々観察されたのですね。
花も奇麗に撮れて素敵です~。レイアウト、バッチリ決まりましたね。
うちの日蔭にあるものはまだ蕾で、これからしっかり観察します。
2007年11月17日 00:42
ツワブキの黄色い花、可愛いですね。
黄色い花びらが少し反り返るように咲いていますね。
1本の茎から沢山の花が咲きますが、一番下の画像は、花びらと花びらが交差して丸い毬のように見えます。黄色いツワブキの花が、花手毬のように見えました。とても綺麗なツワブキの花でした。
寅太
2007年11月17日 08:33
ツワブキが綺麗な季節です。
売っているツワブキはかなり値段が高いのですが、香貫山では登山道の脇に生えているんですね。
ヤマラッキョ、ヤブコウジ、ツワブキといろいろな花があってうらやましい。
信徳
2007年11月17日 09:57
この時期黄色い花は目立ちます。自生のツワブキなど最近は段々少なくなっているのではないでしょうか?
2007年11月17日 10:10
こちらも立派なツワプキで綺麗に咲いていますね、皇居東御苑の群生は日陰でしたがこちらは日当たりは良いのでしょうか?。
2007年11月18日 00:18
一花さん、今晩は。
キク科の花はどれも同じ様な咲き方ですね。ツワブキの葉はキク科の他の葉に比べると全然違いますね。ツワブキが海岸の岩場に生えているのを未だ見た事がありません(この時期に海岸に行く事が無い為かも知れません)。今度、海岸でも観察してみようと思います。レイアウトは見易くと思って工夫していますが、なかなか難しいですね。
2007年11月18日 00:25
杏さん、今晩は。
ツワブキの花は大きくて沢山の花を付けるので綺麗です。晩秋を向かえ他の草花は枯れてしまうのに反して元気良く咲き出す、珍しい花だと思います。気付きませんでしたが、最後の画像は鞠の様にも見えますね。
2007年11月18日 00:30
寅太さん、今晩は。
ツワブキがそんなに高価で売られていますか。香貫山にはツワブキは沢山生えていますので高価に売れるイメージが湧きません。冬に入り、香貫山もそろそろ草花は終わりです。
2007年11月18日 00:33
信徳さん、今晩は。
キク科の黄色い花が多いので秋には黄色の花が多く感じるのでしょうか。香貫山のツワブキは年々、増えているように思います。ツワブキには香貫山は適しているのかも知れません。
2007年11月18日 00:36
OSAMIさん、今晩は。
皇居のツワブキの群生は凄かったですね。香貫山のツワブキも日陰に生えているほうが多いですね。日当たりの良い所にはあまり生えていません。

この記事へのトラックバック