香貫山の植物  ヨモギ (番外編 コブシ)      

 香貫山の草原に背を伸ばしたヨモギ(蓬)が風に揺れている。ヨモギは春先にヨモギ餅用に地面に這った葉を摘んだイメージが強く、この様に50~60cmに株立ちした姿は一瞬違和感を覚える。畦や草地に普通な多年生草本で地下茎で増殖して群生すると言う。
画像
                   (ススキにも負けないヨモギの群生)

  ヨモギはセイタカアワダチソウと同様にアレロパシーを発生させる能力を持っていて地下茎などから他の植物の発芽を抑制する物質を分泌する。自らの種子も発芽が抑制されるが、ヨモギは地下茎で繁殖するので,特に問題はない。密生して生育する理由は,ここにある、と資料に有る。確かにヨモギは群生している。

<ヨモギの花>
 ヨモギは夏から秋にかけ花序を出して目立たない花を咲かせる。 
画像
                     (ヨモギの蕾は地味だ)

画像
                     (花が咲いても地味だ)

 頭花は少数の筒状花のみから構成され、舌状花はない。黄色のシベがヒョロヒョロと出ている。
画像
            (アップで見たヨモギは黄色のシベで地味さが少しは解消)

<ヨモギの葉>
 ヨモギの葉の裏は輝くように白い。これは毛が密生している為だ。
画像
              (ヨモギは光沢の有る白色の葉裏が一番派手だ)

 この毛を食物に混ぜると粘りが出てくる。ヨモギを餅にいれるのは、緑色に着色するためではなく、粘りを出す為であると、資料に有る。また葉裏の毛を集めて、もぐさを作るともある。どうやって毛を集めるのか・・・?この他、ヨモギ酒やヨモギ風呂、せんじ薬など民間薬として使われてきたようである。
 昔からヨモギは日常の生活で良く使われてきたが、観賞面では見向きもされなかった植物ではなかろうかと思う。

<ヨモギ(蓬)>
  キク科、ヨモギ属
  名前の由来:よく燃える草、という意味
  別名:モチグサ(餅草)

<特徴>
  多年草
  夏から秋にかけて薄緑の小さな花が咲く
  葉裏は白くこの毛をもぐさとして灸に利用した
  若葉や新芽を草もちに利用する、またテンプラにも良い
  小さい外傷には生葉の青汁を患部に塗布する
  全草を陰干し煎じて飲用し、利尿や熱さましなどに利用する
  浴用にも良い

《番外編》 コブシの実
 コブシに付いては3月21日に綴った。(http://dekowalker.at.webry.info/200703/article_22.html)その中で、コブシは「資料によると秋には面白い形の実を付けるとある。秋にシッカリ見る事としよう。」と綴った。最近になって資料通りの実を見る事が出来たので以下に載せる。
画像
                (赤く色付いたコブシの実  10月1日撮影)
画像
             (実が割れて朱色の種子が顔を出した  10月5日撮影)

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は8,521歩、今週の累計歩数は55,796歩/6日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

寅太
2007年10月07日 02:00
むかし草餅で世話になったし、日本古来の植物と思いますので、庭に1株植えてあります。
観賞価値はまったくないようです。
コブシの実は見たことがありませんので今度探してみます。
2007年10月07日 18:21
こんばんは。食いしん坊にはヨモギは春のイメージしかなく、秋のこの時期はあまり見向きもしませんよね。花も地味ですし、、。これってブタクサ同様、アレルギーにもなるようなんですよね。アップの花の写真、良く見れば可愛いのですね。でもちょっと可愛そうですが観賞用にはなりませんよね。裏葉は毛がありますが、毛を集めてモグサなんですか?どうやって集めるのでしょうね~。
辛夷の実は、あの春の白い花が何故こんなに変身したの?と思ってしまいますよね。赤いのが目立って虫こぶみたいな感じですよね。
種から発芽するのでしょうか?
2007年10月07日 19:30
ヨモギは子供のころから見ていますが、花は気がつきませんでした。
春にはヨモギの若葉を摘んで草もちを作ってもらいましたが、秋のヨモギは見向きもしませんでした。花は目立たない花ですね。
コブシの実が赤く色づいてきましたね。割れて中の真っ赤な種子が出ていますが、初めて見ます。秋ですね、様々な実が付いていますね。
2007年10月07日 20:34
寅太さん、今晩は。
寅太さんの庭にもヨモギを植えて有るのですか。1株でも随分大きく増えるのではないですか。春には草餅が楽しめますね。春のコブシの白い花から、こんな実が出来るとは信じられませんね。朱色の種が綺麗なので幾つか採ってこようと思っています。
2007年10月07日 20:45
一花さん、今晩は。
ヨモギと言えば草餅ですよね。子供の頃はあまり好きではなかったが、今では何とも言えない味で好きです。私もそんな時のヨモギのイメージしか有りません。ヨモギがこんなに背が高くなるとは思っていませんでした。コブシの春の白い花のイメージからは、このグロテスクな実は信じられませんよね。コブシの名前の由来は、実の形が子供の拳に似ているからと資料に有りますが、子供の拳のイメージが掴めません。朱色の種から芽が出て木になると思いますが・・・。
2007年10月07日 20:51
杏さん、今晩は。
一花さんへのコメントにも書きましたが、私も草餅に使うヨモギのイメージしか有りませんでした。秋のヨモギは知りませんでした。拳の朱色の種子がどんな物か、採取して調べようと思っています。結構大きいですよ。見た感じではピイーナッ1粒位かな?

この記事へのトラックバック