香貫山の植物  ミゾソバ (番外編 ガマズミ)   

 香貫山の登山道脇の日陰にママゴノシリヌグイに似たピンクの花が咲いている。タデ科のミゾソバ(溝蕎麦)だ。
画像
                  (金平糖に似ているミゾソバの花)

 ミゾソバの名前の由来は田の溝地や湿地に生え、蕎麦の草姿に似ているからだ。香貫山には田圃は無いのでミゾソバは見られないと思っていた。
 ミゾソバを見つけた所は、すぐ横は雨が降れば沢になる日陰地で香貫山では一番ジメジメしている所なので肯ける。一塊になって咲いている。
画像
                       (ミゾソバの群生)

<ミゾソバの葉>
  別名のウシノヒタイ(牛の額)の由来は、葉の先を下にして見ると,葉柄の両脇にある突起を「牛の角」に見立て,目に当たるところに黒っぽい模様があるので,なるほどな~と頷ける。
画像
                  (ミゾソバの葉は牛の額に似ている)

<ミゾソバの花>
 ミゾソバの花は花弁に見える部分は花弁ではなく萼だ。これはタデ科植物の特徴の1つである。中心部は色が薄く、萼弁の先端は淡い紅色でなかなか綺麗だ。
画像
                (ピンク色の5片の萼が綺麗なミゾソバ)

 花の色や濃さには様々な物があり、ほとんど白色に見える物から全体が淡紅色の物まであると資料にある。香貫山の別の日陰地に有ったミゾソバはもう少し白っぽかった。
画像
               (最初に見つけたミゾソバ  少し濃いピンク)
画像
               (後から見つけたミゾソバ  白っぽいピンク)

<ミゾソバの茎>
 ミゾソバの葉柄や茎には短い棘があると言う。早速、調べてみたら下向きにザラザラしていた。
画像
                (ミゾソバの茎には下向きの棘がある)

 そう言えばママゴノシリヌグイにも棘があったのを思い出したが、あちらの棘はこちらよりも数段、手強かったと思う。

<ミゾソバ(溝蕎麦)>  
  タデ科、タデ属
  名前の由来: 田の溝地や湿地に生え、蕎麦の草姿に似ている
  別名:ウシノヒタイ(牛の額)
  別名の由来:葉の形が牛の顔に似ている

<特徴>
  一年草
  花期 8~10月
  田の溝のような湿った所を好む
  小さくて愛らしく、金平糖の様
  茎にとげがありふれると痛い

《番外編》 ガマズミの実
 ガマズミに付いては5月22日に綴っている。今年はどのガマズミも実の付き方も多く、また色付きも鮮やかな様に感ずる。日当たりの良い所の実は赤色が少し黒ずんで見える。
画像
                 (今年のガマズミの実は豊作か?)
画像
                 (上の画像の接写  鮮やかな赤色だ)

 今日のウォーキングは雨で中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年10月27日 17:34
ミゾソバをご覧になれて良かったですね。
とても可愛い花だったことと思います、ミゾソバは子供の頃に水路の側に咲いていた小さな花がそうだったような気がします。先日、高尾山で見ましたが、やはり半日陰で薄いピンクの花を咲かせていました。ミゾソバの花の色も濃い色から薄い色と様々なようですね。
ガマズミの実が綺麗ですね。見事に色づいて真っ赤な実も重いほどに付いていますね。香貫山のガマズミは豊作のようですね。
関東地方に台風が近づいているようですね、こちらも風雨が強まっています。お気を付けて下さい。
2007年10月27日 19:45
ミゾソバって言うんですね。見慣れた草なのに名前を知らないものが多いことを思い知らされます。
ガマズミは私の散歩コースにもあります。夏のうちに沢山の実がなっているのを見ていました。きっと今年は豊作なんでしょう。
ガマズミの実は酸っぱいそうですが、果実酒によさそうです。
信徳
2007年10月27日 20:25
「赤飯」「コシヒカリ」そして「ソバ」が出てきた。またまたご馳走様!明日は何かな?
寅太
2007年10月28日 07:01
昨夜の台風はかなり風雨が強かったのですが、今朝は雲ひとつない良い天気です。
そちらからの富士山は綺麗でしょう。
ミゾソバの綺麗な花に誘われて触ったら、前になんとママコノシリヌグイだったことがあります。
ママコノシリヌグイのトゲの痛さは触った人でないと分からないでしょう。よくこんな痛いものでお尻を。
ガマズミもこれだけ実が付けばお見事です。
2007年10月28日 08:12
雑草なのにミゾソバは綺麗な花ですよね、この花も少し改良してもう少し大きい花が咲くようになると、結構な園芸種になるのではと思ったりしながら見ています。
カマズミの実が綺麗でアップの画像はいいですね。
イッチャン
2007年10月28日 13:02
いつもの良い目で観察楽しみです。
ガマズミは子供の頃霜が降りて甘くなった実を食べた事があります。
その頃呼んでいた名前は確かヨスズと言ってた様な気がします。
最近ガマズミと解りました。地方によって呼び名が違ってますね。
2007年10月28日 20:56
杏さん、今晩は。
皆さんのブログで度々登場していたミゾソバは香貫山には無いと思っていましたが、最近になって見つかりました。しかも、2ヶ所で見つけ感動してしまいました。香貫山のガマズミは今年は豊作の様に感じています。兎に角、綺麗です。花が少なくなってきたこの頃にあっては、赤い実が綺麗に生っていると嬉しくなります。今回の台風はあまり大きな被害は出ませんでしたので良かったです。
2007年10月28日 21:01
hirasan、今晩は。
ミゾソバは可愛いですね。タデ科の中でもピンクで金平糖の様で可愛いです。そちらのガマズミの実も綺麗に赤くなっていると思います。ガマズミの実を食べたことはないですが、果実酒に良いと聞きますので、チャレンジしようかなと思っています。赤い実が綺麗でしょうね。
2007年10月28日 21:04
信徳さん、今晩は。
赤飯、コシヒカリ、蕎麦と続きましたね。今日は・・・?お楽しみに!
2007年10月28日 21:11
寅太さん、今晩は。
台風一過とは良く言ったものですね。今朝は素晴らしい富士山でした。5合目くらいまで雪に覆われました。今日は野辺山の方まで山に行ってきたので沼津の富士山は見れませんでした。山梨側からの富士山は逆光で今一でした。そうですね、ミゾソバとママゴノシリヌグイは良く似ていますね。まま母は相当意地悪なんでしょうね。こんな可愛い子供をいじめるのは許せませんね。今年は、ガマズミが豊作で、喜んでいます。
2007年10月28日 21:14
OSAMIさん、今晩は。
ミゾソバはピンクの色が良いですね。しかも、色のバリエーションが有って更に楽しいですね。皆さんのブログで見ていると濃い色のものがあって会ってみたいと思っています。今年のガマズミは豊作で色も綺麗だと感じています。
2007年10月28日 21:15
お邪魔します
ミゾサバまだ元気よく咲いていて暖かさを感じます。此方は葉の色も枯れ葉色になってしまったところが多いようです。また綺麗なガマズミを見せて頂き有り難う御座います。
2007年10月28日 21:19
イッチャンさん、今晩は。
ガマズミの実は未だ食べていません。酸っぱいと聞いていましたが霜の降りる頃には甘くなるのですか。その頃、試してみようかなと思います。その前に果実酒もいいな、と思っています。ガマズミに限らず、植物には名前が色々あって面白いですね。
2007年10月28日 21:24
chiharuさん、今晩は。
そちらの方が花が咲くのや実の生るのが全般的に早いのですかね。皆さんのブログで見ていると、ミゾソバに関しては香貫山は遅かったようですが。香貫山のガマズミは今年は豊作で色も綺麗だったと感じています。

この記事へのトラックバック