香貫山の植物  ヤマハッカ (番外編 クスノキ)      

 香貫山の登山道脇に小さな紫の花が咲いている。アキノタムラソウがまだ咲いているとばかり思っていた。それにしても花期が長いなぁ~と疑問になり写真を撮って調べてみた。
画像
                (アキノタムラソウが未だ咲いている?)

 確認したらアキノタムラソウに良く似ているがシソ科のヤマハッカ(山薄荷)と解った。参考にアキノタムラソウの画像を7月20日のブログより転載しておく。
画像
             (アキノタムラソウ  9月20日のブログより転載)

 アキノタムラソウもシソ科特有の唇形花を何段も輪生させる点はヤマハッカと良く似ているが、唇形花の形が異なる。この点は少し先で詳細に記述する。 

 ハッカと名がつくが香りは無い。根元から多数枝分かれして素直に伸び、草丈は1mまでと資料にある。一方、アキノタムラソウは茎の先で枝分かれして多数の花をつけるので草の全体姿は大分異なる。
画像
            (ヤマハッカは根元から枝分かれして真っすぐ伸びる) 

 1cmにも満たない薄紫色の小さな花が数個ずつ固まって、何段にも付く点はアキノタムラソウと似ている。アキノタムラソウの方が花は大きい。
画像
           (何段にも付く点はアキノタムラソウに似ている)

<ヤマハッカの花>
 花色は濃い青紫色で花径5~6ミリと小さい。花の上唇は立ち上がり、4裂し中央の2裂した部分に縦模様がある 。下唇は舟形で前方に突き出し、雄しべや雌しべはこの中に隠れると資料にある。 以下の画像を2回クリックで拡大して確認して下さい。
画像
            (ヤマハッカの花  2回クリックで拡大して下さい)

 上部の花弁が立ち上がって広告の効果を持ち、下部の花弁が雄しべ・雌しべを抱え込んでおり、この部分に虫が乗るなどして力がかかると、包み込まれていた雄しべ、雌しべが飛び出してくる。こうして、訪花昆虫の体の下面に花粉をつける仕組みになっています。訪花昆虫はアブや小型のハチが多いようですと資料にある。(上の画像でも下から3段目の2個の花で下唇が少し開いて隙間からシベが見える。)
 早速確認してみた。左手一本で小さな花を掴み、親指で下唇を押す。右手一本でカメラを持ちながらシャッターを押す。なかなか上手く行かない。解り難い画像で申し訳有りません。
画像
              (下唇を押すと隠れていた雄しべ、雌しべが現れた)

<ヤマハッカ(山薄荷 )>
  シソ科、ヤマハッカ属

<特徴>
  多年草
  9~10月開花
  花色は濃い青紫
  花径5~6ミリと小さい
  花の上唇が4裂し中央の2裂した部分に縦模様がある
  ハッカと名がつくが香りは無い
  根元から多数枝分かれして素直に伸びる
  草丈1mまで

《番外編》 クスノキの実
 クスノキに付いては5月25日に綴った(http://dekowalker.at.webry.info/200705/article_23.html)。今日はクスノキの実を以下に載せる。
画像
                     (クスノキの実)

 クスノキは大きな木のくせに、花は小さく疎らにしか付かないと綴ったが、実も然りで花よりも更に少ない。木の上の方にはもう少し実の数が多い枝も有るが写真を取れる高さには、やっと一粒の実を見つける事が出来たのだった。
 上の画像を良く見ると、実の基部が,杯状の花被筒につつまれている。これは,クスノキ属に共通の特徴だと資料にある。実は熟すと光沢のある黒色~黒紫色になると言う。それまでこの実が木に付いているだろうか?

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は10,053歩。今週の累計歩数は27,022歩/3日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

寅太
2007年10月24日 19:54
ヤマハッカとアキノタムラソウは花の色はそっくりで、全体の形も似ている。私も良く間違います。
きょうも所属しているグループの山野草展示会があり、寄せ植えのなかにまだ咲いてなかったので勘違いをし、アキノタムラソウと名札に書いてしまい、あわててヤマハッカと訂正しました。
花の形は大体分かりますが、雄シベ、雌シベまで見るのは初めてです。
拡大画像をありがとうございます。
信徳
2007年10月24日 20:28
名人達が見まちがうのですから迷人は区別出来ません。区別出来るまでにはあと二、三年は掛かりそう。
イッチャン
2007年10月24日 21:07
昨日大月市の猿橋から百藏山(1003m)に行って来ました。ヤマハッカ,アキノタムラソウらしき花が咲いてました。残念ながら区別はつきません、念願のタムラソウが咲いてました。ブログで細かく説明をして下さっていましたので、違いが分かりました。風もなく穏やかな天気で富士山も良く見えて良い山でした。頂上にはリンドウの花も咲いて単独の山で遠く雲取山も見えました。
2007年10月24日 21:29
今晩は お邪魔します。
私のような素人には見間違うことが多くこの花もアキノタムラソウかヤマハッカかの区別が付きそうにありません。
2007年10月24日 21:47
こんばんは。
ヤマハッカ、アキノタムラソウ、良く似ていますね。
アキノタムラソウは見ましたが、ヤマハッカはまだ見ていませんが、ハッカと名が付いているのでハッカの香りがするのだと思っていましたが、香りは無いのだそうですね。ヤマハッカは根元から枝分かれしないでそのまま生えていますね。したから2番目の画像をWクリックしましたら大きなヤマハッカの花、青紫のとても綺麗な花に驚きました。中のシベも良く分かりました。
2007年10月24日 22:03
こんばんは。アキノタムラソウとヤマハッカは色がよく似ていますね。
でもアキノタムラソウの方が花が大きく、花の形が微妙に違うようです。
ヤマハッカの仲間のセキヤノアキチョウジを育てていましたので、何となくその突き出た形が理解できます。そしてこのヤマハッカの学名はプレクトランサスで、「プレクトランサス」の花も今鉢で咲いていますが、花模様も形も似ているのですね。
ここはヤマハッカも見られて野草園並に何でも揃っていますね。
クスノキの5月25日クリックしたら、??が出てきました~。実もやっと撮影出来て良かったですね。
2007年10月25日 06:19
自然教育園で取り上げたヤマハッカは大分痛んでいましたかが、こちらは色も形も綺麗ですね、来年はもう少し早い時期に行って観察してみようと思っています。
2007年10月25日 16:21
寅太さん、今日は。
アキノタムラソウとヤマハッカは本当に良く似ています。開花時期が前後している(正確には少しダッブッテいますね)からまだ良いですが、同時に咲いたら大混乱ですね。雄しべ、雌しべの撮影には苦労しました。
2007年10月25日 16:26
信徳さん、今日は。
少し前までアキノタムラソウの小さい株がまだ生えていたので両方並べて見たら一目瞭然に区別できました。別々に見ると苦労しますね。しかし、実物を見て花の下唇の差を知ると、区別は簡単になると思います。
2007年10月25日 16:33
イッチャンさん、今日は。
昨日は良い天気で山行はさぞかし、気分良く登れたことと思います。富士山も見られ、色々の山野草にも会えて良かったですね。特に、念願のタムラソウに会えて良かったですね。アキノタムラソウとヤマハッカの差異は下唇を見れば解ります。しかし、下唇を見るためには上半身を折り曲げて覗き込まないとダメですね。
2007年10月25日 16:36
chiharuさん、今日は。
皆さんへのコメントにも書きましたが、アキノタムラソウとヤマハッカの差異は下唇を見れば解ります。しかし、下唇を見るためには上半身を折り曲げて覗き込まないとダメですね。この覗き込む動作がなかなか面倒ですね。
2007年10月25日 16:42
杏さん、今日は。
ヤマハッカはアキノタムラソウがピーク時期を過ぎてから咲き出します。似ていますので、念のために覗き込んで下唇の形を確認して下さい。意外と、アキノタムラソウと思っていたのが、実はヤマハッカであるかも知れませんから。(実は、私がこのパターンでした。)
2007年10月25日 16:51
一花さん、今日は。
アキノタムラソウとヤマハッカの違いは皆様にも既に書きましたが、下唇を見れば解ります。ヤマハッカの下唇は、仰る通り突き出ています。アキノタムラソウは下唇を下方に下げています。虫眼鏡が無いと年寄りの目にはなかなか大変です。
??の件、有難う御座いました。早速修正しました。

2007年10月25日 16:57
OSAMIさん、今日は。
自然教育園は都心に有るので開花時期が香貫山よりも早いかもしれませんね。香貫山では今が最盛期の様に感じています。

この記事へのトラックバック