那須岳ウォーキング(その2)    

 2日目のコースは、三斗小屋温泉~隠居倉~能見曽根~三本槍岳~能見曽根~朝日岳~峰の茶屋~那須岳ロープウエイ山麓駅。行程時間は6時間30分の予定。
 この日の出発は午前6時。朝食のお握りを携帯してスタートする。夜半に雨の音がしていたが、幸いにも朝には晴れていた。宿を出るとすぐに急坂の道を登る。暫く登ると真っ赤に紅葉したドウダンツツジの大きな株に遭遇。
画像
                 (真っ赤に紅葉したドウダンモミジ)

 左手には紅葉した斜面が続いている。しかし、我々が歩いている山の陰になってしまって残念ながら鮮やかさに欠ける。
画像
          (三斗小屋温泉源泉付近の紅葉  右の煙は源泉の湯気)

 更に登る。日が当たった木々の紅葉が素晴らしい。
画像
                (朝の光を受けて紅葉が一段と美しくなった)

 足元には綺麗な実も見える。
画像
                   (ツルリンドウの赤い実)
画像
                   (シラタマノキの白い実)

 シラタマノキの白い実を採って手で潰すとサロメチールの匂いがする。隠居倉山頂への最後の急坂に差し掛かると素晴らしい紅葉に出会った。
画像
                 (綺麗に紅葉した急斜面  隠居倉中腹)

 急坂を登りきった所で後を振り返ると、素晴らしい山々の眺望と紅葉の景色が見られた。一昨日のトップ画面に載せた風景だ。ハァ~、ハァ~と弾む息を静めながら見入る。苦労して登って来て良かった!と感じる一時だ。以下に再度載せる。
画像
                (綺麗に紅葉した尾根  隠居倉山頂付近)

 隠居倉山頂で持参のお握りを食べる。山頂での朝食だ。小休止した後、三本槍岳への分岐点である能見曽根へ向かう。暫くは潅木の中を下る。ナナカマドの赤い実が綺麗だ。
画像
                   (赤いナナカマドの実)

 実は綺麗に赤くなっているが、葉が綺麗に紅葉していない。かなり落葉してしまっているし、残っていても黒く枯れている。
画像
                 (葉が綺麗に紅葉していないナナカマド)

 能見曽根に向かう途中で、急斜面の谷底を見ながら尾根を歩く。この谷間も綺麗に紅葉している。
画像
              (綺麗に紅葉した谷間  隠居倉と能見曽根の中程)

 能見曽根を少し下った所から三本槍岳方向を見ると、ハイマツやクマザサの緑色と紅葉が混じりあって綺麗だ。
画像
                  (綺麗に紅葉した平原  清水平)

 清水平に到着し小休止する。ここは湿原だがこの日は乾いていた。木道越しに今、下りてきた能見曽根を見る。
画像
                   (綺麗に紅葉した山  能見曽根)

 山の天気は急変する。三本槍岳に向かう途中から風が強くなり、ガスも出始める。三本槍岳の山頂からは那須や会津の山々が一望されると山の案内にあるが、強風とガスで眺望を楽しむことは出来ず、早々に下山する。能見曽根までは先ほどと同じ道を戻る。
 能見曽根から朝日岳に登り、折り返して峰の茶屋に行く行程は強風とガスの中で遠くの山々の眺望や紅葉を楽しむことは出来ない。しかもこの区間は鎖のある岩場とガレ場の連続でガスが切れた時でも遠くの眺望や紅葉を楽しむ余裕を持てない。
 峰の茶屋に着いて、やっと眺望や紅葉を楽しむ余裕が出てきた。幸いガスも切れて那須山麓の市街地をバックにした山の紅葉を見る事が出来た。 
画像
               (ポッカリ雲が切れ、太陽に照らされた山の紅葉)

 峰の茶屋からはロープウエイを使わずに那須岳山麓駅まで歩いて下山する。緩やかな下り道で、上の画像の紅葉を左手に楽しみながら歩く。途中からは林の中の道になる。ここはまだ紅葉はあまり進んでいない。しかし、ロープウエイの下に綺麗に紅葉している所が有り、林間から見え隠れしている。 
画像
                    (緑の葉に縁取られた紅葉)

 那須岳山麓駅にはほぼ予定通りの12時45分に到着して今回の紅葉山行は終了。

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は9,006歩、今週の累計歩数は56,453歩/7日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年10月21日 21:37
こんばんは。前回と違って、今回は6時間半の工程で、ウォーキングと言うには少しキツイようですね。
山小屋を午前6時スタートで朝食持参なんですね。木々の紅葉と素晴らしい山の景色を見ながら歩くのも苦にならず、空気も美味しかったことでしょう。
シラタマノキ、去年求めていたのに、この夏のベランダで枯死していました。サルメチールの匂いしっかり嗅がれましたか?鳥は食べないのでしょうね??10、11枚目の写真、彩色豊かで絵のようですね。自然の葉色の素晴らしさにびっくりです。(隠居倉と能見曽根の中程と清水平)
山の天気は急変なんですね。強風とガスも出て早々下山されたのですね。でも雨には降られず、峰の茶屋からの眺望もまた素晴らしいですね。
素敵な紅葉の画像、ゆっくりと何度も見せて頂き、早々と今年の紅葉狩り楽しめました。有難うございました~。
寅太
2007年10月22日 16:32
平地では紅葉が遅れているようですが、一足先に見事な紅葉を堪能させていただきました。
ドウダンモミジは特に綺麗です。
2007年10月22日 17:46
真っ赤に紅葉したドウダンモミジの葉が美しいです。
ツルリンドウの赤い実、シラタマの木の白い実、ナナカマドも真っ赤な実がとても綺麗です。峠の茶屋からの那須山麓の紅葉、山の向こうに見える市街地が青く霞んできれいです。最後の画像は緑の囲まれた紅葉が素敵です。那須岳ウォーキングは素晴らしかったです。
2007年10月22日 17:48
一花さん、今晩は。
今年の最初の紅葉狩りを楽しんできました。鎖付きの岩場ではスリルを感じながらで紅葉狩りどころでは有りませんでしたが(笑)。シラタマノキの実のサロメチールの匂いはしっかり嗅ぎました。しっかりと実を潰したので、暫く指が臭かったです。鳥も食べないのでは?と思います。11枚目の「綺麗に紅葉した平原  清水平」の緑色は現地ではもっと綺麗な緑色でしたが太陽の光が弱くて、写真写りがあまり良くなかったです。PC上での紅葉狩りを楽しんでいただけて嬉しいです。
2007年10月22日 17:54
寅太さん、今晩は。
今年は夏が暑かったので紅葉が遅れているとの事で、那須岳でも紅葉は見れないかな?と心配していましたが、高い方ではしっかりと紅葉を見る事が出来ました。紅葉と言えばモミジですが高山域にはモミジは有りません。その代わりを務めているのがドウダンツツジですね。秋にしっかりと紅葉してドウダンモミジと名前を変えて出ていました。
信徳
2007年10月22日 17:58
日々紅葉は進んでいます。那須岳の紅葉はドウダンツツジに代表される赤が基調みたいですね。目の覚めるような綺麗な赤です。
2007年10月22日 18:19
杏さん、今晩は。
高山の春や夏のお花見物も良いですが、秋の紅葉狩りも又良いですね。モミジの紅葉も良いですがドウダンモミジの紅葉はモミジ以上かも知れません。色々の植物の実も見る事が出来ました。又、様々な紅葉の風景に接する事も出来て最高の山行でした。
2007年10月22日 18:29
信徳さん、今晩は。
那須岳の上の方はドウダンツツジの赤が中心ですね。麓の方はモミジやカエデ等が有りました。もう少し経つと麓が綺麗に紅葉すると思います。
2007年10月22日 19:13
山の紅葉は太陽の関係で色もいろいろあるようですし、気象の影響や急斜面だと登山者の方に余裕が無いなど大変な事もあったようですが、努力された結果の山の綺麗な紅葉を楽しませて頂きました。
2007年10月22日 23:57
OSAMIさん、今晩は。
2日間、日本晴れには恵まれなかったですが、雨にも降られず薄日の中ですから文句は言えません。綺麗な紅葉が見れたので満足して帰って来ました。

この記事へのトラックバック