香貫山の植物  ススキ (番外編 コナラ)   

 今日は久し振りに富士山が綺麗に顔を出した。しかも頂上に白い雪を被せた姿だった。気象庁発表の初冠雪は既に終わっているが、私は見損なっていたのでこのブログ上では初冠雪である。
画像
               (私のブログ上の富士山初冠雪とススキ)

 今日は、ブログ上の初冠雪を飾ってくれたススキ(薄)を綴り、那須岳ウォーキング(その2)は明日綴る。ススキが集団で風になびく姿は優しくて美しく、香貫山でのその模様は昨年の9月28日に綴った(http://dekowalker.at.webry.info/200609/article_23.html)ので、今回は花や実の詳細を綴る。
 
<ススキの花>
画像
                (ススキの花期  穂は横に開いている)
 ススキの穂は沢山の小穂からなる。また小穂は複数個の小花からなるが,ススキの場合は2個の小花からなる。黄色く垂れ下がっているのは雄しべの葯で、白色のブラシのようなのが雌しべの柱頭だと、資料にある。
画像
                     (白っぽいススキの花)
画像
                      (赤っぽいススキの花)

 ススキの花は花びら、雄しべの花糸、雌しべの花柱等は見当らない。雄しべの葯と雌しべの柱頭のみと必要最小限のものから構成されている。しかも、葯も柱頭も随分他の花に比較すると形状が異なる。

<ススキの実>
 ススキの実も他の植物の実とも異なる形状をしている。
画像
                (ススキの実期  穂はすぼんで尾状になる)
画像
                        (ススキの実)

 ススキは茅葺屋根に使われることからカヤ(萱)とも呼ばれる。又、オバナ(尾花)とも呼ばれ秋の七草の一つだ。最後に、象山をバックにしたオバナの開花直後と実が稔っている様子を以下に載せる。
画像
                (オバナの花期  穂は横に開いている)
画像
               (オバナの実期  穂はすぼんで尾状になる)

<ススキ( 薄 )>
  イネ科、ススキ属
  名前の由来:すくすく育つ木(草)の意味
  別名:オバナ(尾花),カヤ(萱)

<特徴>
  宿根草
  秋に咲く(8~10月)
  秋の七草の1つ
  日本代表の身近で美しい秋の花
  昔は草葺屋根用に草原があった
  葉を上から下に逆に触ると手を切る

《番外編》 コナラの実
 コナラに付いては4月9日に綴った。(http://dekowalker.at.webry.info/200704/article_9.html)また実に付いても8月24日に綴った。10月に入り茶色に色付き始めた実も今日時点では完全に熟して茶色に色付き、登山道には沢山の実が落ちている。

画像
             (茶色に色付き始めたいたコナラの実  10月2日)
画像
               (茶色に完熟したコナラの実  10月20日)

 4月にコナラの枝に雌花を見た時は、こんな小さな花があのドングリに成長するのかと、信じられなかった。秋になりチャンと一人前のドングリに成長したのだ。

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は9,333歩、今週の累計歩数は47,447歩/6日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

信徳
2007年10月20日 21:42
TVで富士山の冠雪を伝えていた。昨日は小雨が降って寒かった。紅葉も一段と進んでいる。来週は日本一(?)の照葉峡の紅葉見物だ。
2007年10月20日 21:50
富士山が綺麗に見えていますね。
ススキの小さな花もこうして拡大して見せていただくと何時もと違った新鮮さがありました。見せて頂き有り難う御座います。
2007年10月20日 22:33
こんばんは、富士山はもう初冠雪したのですね。この前、画像でたくさんの雪を頂いた富岳百景?画像を見せて戴いたですが、また冬になるのですね。
ススキも随分前から野原に生えて、9月のお月見でも活躍していましたが、もう穂が出て種の状態ですよね。マクロ画像、まだ良く見た事がなかったですが稲のようですね。
土手のススキを見ると、赤いススキと白っぽいものがありますよね。
ススキの花は、雄しべの葯と雌しべの柱頭のみと必要最小限なんですね。白いブラシのようなものが雌蕊の柱頭ですね。私が以前アップしました、風知草のズームの中で、紫の穂みたいなものが雌蕊で、釣り下がっているものがオシベの葯だったのですね。ここでしっかりと教えて戴き勉強しました~。イネ科の花は全部同じようなんでしょうね。
コナラ(どんぐり)も色付いてきて、収穫の秋になりましたね。
2007年10月20日 23:39
久しぶりの富士山、綺麗ですね。
初冠雪があったのですね、頂上あたりがうっすらと白くなっていますね。
富士山をバックにススキが素敵ですね。
子供の頃からススキは見ていますが、ススキの花をこれほど良く見せていただいたには初めてです。イネ科だそうですが、色は違いますが、稲の花と似ているように思います。
コナラの実も茶色に変わってドングリになりましたね。
2007年10月21日 11:19
ススキと富士山素晴らしい景色です、今日の関東地方は少し風もあり素晴らしい青空ですから、富士山の見える高層マンションなどからは綺麗な富士山が見えていることでしょうかね、しかし地元で見る富士山には及びも付かないことですけどね。
ススキの花はとても珍しいです、色もいろいろあるとは知りませんでした。
2007年10月21日 15:42
待ってました!素敵な富士山ありがとうございます。
2007年10月21日 18:05
信徳さん、今晩は。
TVで富士山の冠雪をご覧になりましたか。今回の冠雪は8合目~頂上ですからはっきりと綺麗に見えました。今週の照葉峡の紅葉見物は楽しんで来て下さい。
2007年10月21日 18:10
chiharuさん、今晩は。
富士山の今回の冠雪は8合目~頂上ですから雪の面積が多い為、はっきりと綺麗に見えました。ススキの花をマクロで見ると今まで気付かなかった美しさを発見できました。
2007年10月21日 18:30
一花さん、今晩は。
今年の富士山初冠雪は既に終わっています。今回は私のブログ上に初登場の冠雪でした(紛らわしくてゴメンナサイ)。これから、また私の富士山百景が時々出ると思います。風知草の画像を改めて見ましたがススキに良く似ていますね。イネ科に共通しているのでしょうね。今日は日曜日で天気も良く香貫山にも親子連れが何組かいました。子供達が一生懸命ドングリを集めていました。昔懐かしい風景でした。
2007年10月21日 18:36
杏さん、今晩は。
一花さんへのコメントにも書きましたが、今年の富士山初冠雪は既に終わっています。今回は私のブログ上に初登場した冠雪でした(紛らわしくてゴメンナサイ)。ススキの花はマクロで見ると綺麗ですね。イネ科に共通の様ですね。コナラの花を見た時は、秋にチャンとドングリまで成長出来るのか心配しましたが、問題なく成長しましたし、今年も豊作でした。
2007年10月21日 18:43
これからは富士山が良く見える日が多くなります。東京からも見える日が多くなると思います。これからも、度々富士山が登場すると思いますがお付き合い下さい。ススキのマクロ画像で見る花は綺麗ですね。特に、ブラシと言うか、鳥の小さな羽の様なメシベの柱頭が綺麗で可愛いですね。
2007年10月21日 18:54
OSAMIさん、今晩は。
スミマセン、上のコメントで挨拶を忘れてしまいました。
2007年10月21日 18:58
羽島のすーさん、今晩は。
富士山の冠雪景色を楽しんで戴き良かったです。
先ほど、PC上で金比羅参りをさせて貰いました。天気が良くて讃岐平野も綺麗に見渡せて良かったですね。
寅太
2007年10月21日 21:23
きょうは初冠雪に誘われて富士山に行ってきました。朝は綺麗に晴れていたのですが、途中から雲がかかってきました。
私も富士山とススキです。
これから撮ってきた画像を見てみます。
2007年10月22日 07:18
寅太さん、お早う御座います。
昨日は富士山に行ってこられたんですね。富士山は朝、晴れていても日中雲が掛かることは度々あります。そして夕方には雲が無くなる。昨日はこのパターンでしたかな?富士山とススキ、期待しています。

この記事へのトラックバック