那須岳ウォーキング(その1)     

 今日は、先日の那須岳ウォーキングに付いて綴る。
 那須岳とは茶臼岳・朝日岳・三本槍岳の総称だ。今回はこの3山を歩くのが第一の目的であるが、高山の紅葉を見るのがもう一つの目的であった。以下に、那須岳で見た紅葉風景と秋の実を中心に綴る事とする。
画像
              (今回紅葉山行での一番のお気に入り紅葉風景)

 初日のコースは那須岳ロープウエイ山頂駅~茶臼岳~峰の茶屋~避難小屋~三斗小屋温泉(泊)である。行程時間3時間30分の予定。
 12時30分に那須岳ロープウエイ山頂駅をスタート。この時に茶臼岳を見上げた紅葉は生憎ガスの為、鮮明さに欠けていた。紅葉自体もこれからだ。
画像
           (那須岳ロープウエイ山頂駅付近の紅葉はこれから)

 茶臼岳山頂に着くとガスは無くなったが山頂付近は薄い雲に覆われて山頂から見下ろした紅葉は鮮明さに欠けていた。
画像
          (茶臼岳から西方向を見た紅葉  左のガスは茶臼岳の噴煙)
画像
              (茶臼岳山頂から峰の茶屋方向を見た紅葉)

 茶臼岳から峰の茶屋まで下りる。後を振り返ると噴煙を伴った火山礫の茶臼岳が見える。
画像
               (那須岳は現在も噴煙を上げる火の山だ)

 ここからこの日の宿泊所の三斗小屋温泉方向を見ると、高山域の紅葉、潅木域の紅葉、樹林帯域の紅葉と連続して見える。一番手前の高山域紅葉は地面に這いつくばった草の紅葉だ。
画像
                    (一番手前は草紅葉)

 火山礫の崩れ易い斜面を少し下って覗いて見ると草ではなく落葉低木のクロマメノキ(黒豆の木)だった。
画像
                (草紅葉ではなくクロマメノキの紅葉だった)          

 クロマメノキの別名はアサマブドウ(浅間葡萄)と呼ばれ浅間山に多く野生し、果実は甘くて食べられジャムや果実酒や砂糖漬けにされる。
画像
             (美味しそうな黒紫色の実を付けたクロマメノキ)

 峰の茶屋から避難小屋を目指して下る。暫くすると潅木域に入る。その先に未だ紅葉していないダケカンバ林が見える。それより上部の紅葉との対比が綺麗だ。
画像
             (ダケカンバ林と紅葉の対比が綺麗だ)

 潅木域での紅葉の中心はドウダンツツジだ。紅葉した色にも幅がある。
画像
画像
          (紅葉しているドウダンツツジはドウダンモミジとも呼ばれる)

 避難小屋から三斗小屋温泉までは樹木林の中を歩く。カエデやその他の木々が黄色や赤色に色付き始めて登山道が明るい。
画像
画像
                   (紅葉した木々の中を歩く)

 登山道脇に赤い実が点々とある。ほとんどの株は葉も枯れて赤い実だけを付けているが、枯れていない葉を付けた株が有る。見覚えのある葉でマイヅルソウと判明した。
画像
                     (マイヅルソウの赤い実)

 枯葉でフサフサして歩き易い道を、紅葉の木々を眺めながら宿泊地の三斗小屋温泉に着く。ほぼ予定通りの午後4時であった。
 この日の歩数は9,961歩。

 今日のウォーキングは所用内の歩数で5、026歩。今週の累計歩数は38,114歩/5日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

信徳
2007年10月19日 21:44
今年の紅葉シリーズ第一弾です。P/Cを前にして紅葉楽しんでいます。
那須岳の紅葉は素晴らしいです。群馬も谷川、草津から紅葉はスタートしました。
2007年10月19日 22:26
こんばんは。こちらではハナミズキとカシワバアジサイが少し紅葉して、モミジはまだ緑です~。山の紅葉は早いですね。1枚目の画像、遠景の山が青く、手前は緑と紅葉が混じって色彩的にも素敵な画像ですね。
那須岳ロープウェーで3時間半で気軽に登れて登山というより、ウォーキング感覚のようですね。那須岳は現在も噴煙を上げる火の山なんですね。山は草紅葉も始まって、秋本番ですね。
クロマメノキってブルーベリーのようで、美味しそうですね。
ドウダンツツジも真っ赤でお見事です。カエデも薄黄色やオレンジ赤色など色様様で歩く登山道も目移りがして楽しかったことでしょうね。
画像ですっかり出かけた気分になりました。
2007年10月20日 09:36
お気に入りの一枚はうっとりする眺めで良いですね、道がこの中を横断しているようですし、このような所をゆっくりと歩くと気分は最高ですよね、ダケカンバの黄色は未だ少し後になりそうでしたか?。
寅太
2007年10月20日 10:28
紅葉から富士山の季節が始まり、今年もデコさんの画像を楽しみにしています。
出かけた本人には不満でしょうが、パソコンでの紅葉は充分に楽しめました。
マイズルソウはこんなに赤い実がたくさん付くのにはびっくりしました。
蝶や昆虫などがたくさんいるからでしょうか。
2007年10月20日 16:56
最初の、お気に入の画像が素晴らしいですね。
今年は紅葉が遅いと伺っていましたが、素晴らしい紅葉がご覧になれましたね。アサマブドウの葉も紅葉して実も可愛い実が色づいていますね。
真っ赤に紅葉したドウダンツツジが綺麗な色ですね。画像を拡大しますと、また違った画像に出会えて素晴らしかったです。
2007年10月20日 20:06
信徳さん、今晩は。
ブログ上の紅葉狩りだけでなく現地での紅葉狩りを楽しんで下さい。草津ならば紅葉狩りの後に温泉に浸かることも出来ますね。
2007年10月20日 20:16
一花さん、今晩は。
こちらの香貫山でも紅葉はまだです。那須岳でも麓の方はこれからでした。ロープウエイに乗れば茶臼岳山頂までは1時間チョッとで登れます。小さな子供連れ親子も見かけました。岩場なので靴は登山用が必要ですね。クロマメノキの実が美味しいと知らなかったので食べませんでした。ブルーベリーのようと知った時は残念無念でした。
2007年10月20日 20:21
OSAMIさん、今晩は。
お気に入りの1枚の辺りでは顔が潅木の上に出ていますので遠くの見晴らし、紅葉見物が十分に楽しめました。ダケカンバはまだ緑色で黄色に変わるのにはまだ時間が掛かる様でした。
2007年10月20日 20:30
寅太さん、今晩は。
ご指摘の通りです。紅葉の時期になると富士山の季節にもなります。早速これから富士山の初冠雪をアップします。那須岳の紅葉は満足して帰りました。欲を言わせて貰うなら、今日の様に日本晴れであったらもっと素晴らしい紅葉であっただろうという事です。しかし、これは欲張り過ぎですね(笑)。マイヅルソウの小さな花からはこんなに沢山の実が出来るとは信じられませんでした。仰る通り受粉支援部隊が完備しているのでしょうね。
2007年10月20日 20:37
杏さん、今晩は。
那須岳ウォーキングの後半にも沢山のお気に入り紅葉風景が続きます。後半は明日、綴ります。アサマブドウの紅葉も実も初めてでしたが、紅葉は素晴らしかったです。実が美味しいと知ったのは帰宅してからでした。食べてみれば良かったと残念に思っています。
plysima
2007年10月22日 23:24
一番最初の写真の紅葉、すごく綺麗ですね!もうこんなに紅葉しているところがあるんですね。肉眼でこの光景を見られたなんてうらやましいです。
2007年10月22日 23:50
plysimaさん、今晩は。
この景色は那須岳の1880m近辺です。那須岳の麓はまだ紅葉していませんが1800mでは紅葉が真っ盛りでした。この日は薄い雲が掛かっていて太陽の光が弱くて色の鮮やかさがカメラでは撮れていません。肉眼ではもっと鮮やかでした。

この記事へのトラックバック