香貫山の植物  ノハラアザミ (サンショウ)   

 昨日と一昨日は紅葉を求めて那須岳に行ってきた。その模様は後日綴る。今日は香貫山の草叢の中に咲き始めたノハラアザミ(野原薊)に付き綴る。
画像
                    (草叢の中に咲いたノハラアザミ)

 ノハラアザミに付いて昨年は9月30日に綴っている。(http://dekowalker.at.webry.info/200609/article_25.html)その時の画像も含めて綴り直す事とする。
 今、香貫山にはこのノハラアザミに良く似ているタムラソウも咲いている。ノハラアザミの葉や蕾には棘があるが、タムラソウには無い。
画像
          (ノハラアザミの葉には棘がある  2回クリックで拡大出来ます)

 ノハラアザミの蕾の総苞片は反り返るが、タムラソウの蕾の総苞片は反り返らない。
画像
                (ノハラアザミの総苞片は反り返る)

 このノハラアザミは春に咲くノアザミ(野薊)にも良く似ている。開花時期も異なるがノアザミの総苞はべとつくが、ノハラアザミの総苞はべとつかない。
 以下に、ノハラアザミの花の成長過程を推測を含めて追ってみる。
 ノハラアザミの頭花は多数の筒状花からなり、上向きに咲く。開花直後の花を良く見ると、ピンクの5枚の花びらが開いてその間から紫色の雄しべが飛び出してくる。その雄しべの先端には白い花粉が付いている。
画像
           (ノハラアザミの開花直後  2回クリックで拡大出来ます)

 雌しべは、その紫色の雄しべの中から花粉を押しのけて伸びてくる。(肌色に変色した雄しべの上に薄紫色の棒状物が出ているのが雌しべだ。)この時点で雄しべの先端に有った花粉は雌しべに移っている。
 雌しべが出揃った段階が次の画像だ。
画像
          (雌しべが出揃った段階では花粉はどこにも見あたらない)

 トップの画像に戻るが、この花の段階は半分の頭花は雌しべが伸びきって花粉が無くなってい、残り半分の頭花は花粉の中を雌しべが通過中の段階である。
 キク科の頭花の受粉行為は、雄しべの先端に付着した花粉の中を雌しべが通過する際に行われるのではないかと推測するが・・・。
        ---2007年12月27日のブログより転載開始---
<ノハラアザミの実>
 ノハラアザミに付いては10月16日に綴った。ノハラアザミも花を見つけた所を覗いてみると、株全体は枯れていなかったが実は既に枯れて白い種毛を開いていた。
画像画像




      (左:ノハラアザミの枯れた実   右:ノハラアザミの株  12月18日撮影)

 別の株の実の方がもう少し時間が経っている様で、今にも飛んでいきそうな種子が見える。
画像
              (今にも飛び出しそうな種子  12月18日撮影)
        ---2007年12月27日のブログより転載終了---

<ノハラアザミ(野原薊)>
  キク科、アザミ属
  名前の由来: 山野の乾いた日当たりのよい草地に生え、野原に多い

<特徴>
  多年草
  草丈40~100㎝
  花期は8月~10月
  ノアザミ(野薊)に似ているがこちらは春、5月から8月にかけて咲き総苞の背部がふくれで粘着するがノハラアザミの総苞は鐘球形で粘着しない。

《番外編》 サンショウの実
 サンショウの実は熟すと真っ赤になる。
画像
                 (真っ赤になったサンショウの実)

 実が裂けて黒光りした種子が出る。イヌザンショウやカラスザンショウは3個の分果に分れ、それぞれの分果から1個の種子が出るが、サンショウは2個の分果に分かれそれぞれから1個の種子が出る。
画像
               (赤い果皮と黒い種子が綺麗なサンショウの実)

 赤い果皮には,すごい刺激がある。くぼみが腺点である。このまま食べるとしばらく口の中がしびれて感覚がなくなるほど…とにかくスゴイ!と資料にあるのでチャレンジしてみた。
 ほんの少し、ゴマ粒半分位のかけらを口に入れたら、サンショウの匂いがプンと来て暫くするとかなり強力な痺れが襲ってきた。資料に偽りは無かった。

 今日のウォーキングは香貫山で7,826歩。昨日のウォーキングは那須岳ウォーキングで歩数は15,603歩。今週の累計歩数は23,429歩/2日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

信徳
2007年10月16日 20:33
開花直後はまるでイソギンチャクの触手のようですね。綺麗です。
2007年10月16日 21:22
こんばんは お邪魔します
ノハラアザミの咲き始めには花粉が沢山付いていますが雌しべが出そろうと見あたらなくなるとは珍しい花ですね。
サンショウの赤い実の中から黒い種子が出てくるとは・・・
この黒いのが一個のしゅしなのですか?。
2007年10月16日 23:16
アザミの種類も多いようですね。ノハラアザミの花、薄紫色の綺麗な花ですね。Wクリックしましたら、ピンクの星型の花びらの中から紫色の雄しべ出ているのですね。オシベの先端には真っ白い花粉が付いていました。
紫色の雄シベの中から薄紫色の細い棒状が雌しべなのですね。驚きの連続です!今まで、何気なく綺麗なアザミの花と見ていましたが・・・。
デコウォーカさんの素晴らしい観察力に脱帽です!
寅太
2007年10月17日 11:30
ノハラアザミの開花直後の画像は見事です。
若い頃は肉眼でここまで見えたのかも知れませんが、いまは画像が見えない部分を補ってくれてありがたいと思っています。
ノハラアザミの総苞がべとつくのは知っていますが、花で確認したことはありません。
花に嫌われない程度に触るのは、植物を知る上で大事なことだと思います。
2007年10月17日 17:32
こんばんは。紅葉を求めて那須岳にお出かけだったのですね。アップ楽しみです~。
ノハラアザミは5枚の花びらの中から紫のオシベが出て花粉を出し、そのオシベの中からメシベが出て花粉を貰って受粉するのですね。そして最後にメシベが伸びてきている姿なのですね。
御蔭様でこれで、またしっかりとオケラの花を見るとその仕組みが同じで良く分かりました。ずっと~気にかかっていたのですが、花後も撮って観察した方がいいですね^。
アザミを撮った時、花によって蕊の中の色が違っていたりしていて不思議だったのですよ~。これで一つ賢くなったようです~。有難うございました。ツワブキも撮ったら、蕊が日毎に変わっていきますが、キク科のものは同じような仕組みなんでしょうか?
サンショウの実も試食されて強力な痺れに襲われて、ま~~実体験も植物を知る上で大事?なことでしょうね。
2007年10月17日 17:42
信徳さん、今晩は。
アザミを見ると、あの刺々しい感じを持ちますが花をマクロで見ると綺麗な花です。イソギンチャクも気味悪いイメージが有りますが、良く見ると綺麗でしたね。
2007年10月17日 17:51
chiharuさん、今晩は。
雌しべが出揃う時には花粉が見えないと綴りましたが、雌しべにくっ付いて行くものと、雌しべに押されて雄しべの谷間に落ちて行くものとに別れると思います。蟻等がこの落ちた花粉を身につけて受粉を助けるのではないかと思います。1個の実は3個の分果に別れ、それぞれの分果からは1個の黒い種子が出てきます。本文の記述が解り難かったので、以上の様に書き直しておきました。
2007年10月17日 17:58
杏さん、今晩は。
信徳さんへのコメントにも書きましたが、アザミを見るとあの刺々しい感じを持ちますが花をマクロで見ると綺麗な花です。色が紫とピンク系で美しい彩ですね。花の構造がどうなっているのか、花によって異なります。推測も入れて構造が解ると楽しいですね。
2007年10月17日 18:04
寅太さん、今晩は。
デジカメのマクロ撮影で老眼で衰えた視力を補強して貰っています。撮影してから、こうなっていたんだと理解しています。総苞がべとつくのは春に咲くノアザミで、秋に咲くノハラアザミはべとつきません。軽く触って確認して見て下さい。
2007年10月17日 18:20
那須岳の紅葉はもう少し時間を下さい。整理が出来ないでいますので。
花の成長過程はオケラもノハラアザミと同じだと思います。今日はこれからオケラに行く前に、もう一回タムラソウを綴ります。これもノハラアザミと同じですね。ツワブキも同じですか?香貫山では今は蕾ですので、これから観察をしてみます。オケラの花後に実が出来るかどうか、が私の推測を含んだ結論のチェックになります。足元で観察できる一花さんに、花後の観察を是非、お願いしたいのですが・・・。サンショウは本当に小粒でもピリリですね。実感出来ました。

この記事へのトラックバック