香貫山の植物  ナンテンハギ (番外編 白花ツユクサ)      

 香貫山の登山道脇に有る草叢に紫色の花が点々と見える。近づいて見ると、花はマメ科の蝶形花で、葉はナンテンの葉に似ている。昨年、何処かの山で見たナンテンハギ(南天萩)かな、と思いながら帰宅して調べると、間違いなくナンテンハギだった。
画像
               (ナンテンハギはマメ科の花とナンテンの葉゙似)

 ナンテンハギは、高さ1m程度になる多年草。草原や林縁部など、比較的日当たりのよい場所に点々と生育すると資料にある。香貫山でもその通りの環境に生えていた。
画像
                   (草薮で他の草に負けずに咲いている)

<ナンテンハギの蕾>
画像
                    (花や蕾は少し下向きに花柄に付く)

<ナンテンハギの花>
 花は6~10月に咲く。マメ科独特の蝶形花を短めの花序に10個ほどつける。
画像
                  (蝶ではなく小鳥が飛んでいる様にも見える) 

 花色は紫色であるが向陽地では紅色が強くなるが、半日陰地では淡い色になる様だと資料に有る。
画像
                      (半日陰では淡い紫色になる)

<ナンテンハギの葉>
 葉は2枚の小葉からなる複葉。別名のフタバハギ(二葉萩)はこの複葉に由来する。
画像
                      (ナンテンハギはこの二葉が特徴)

 以上のナンテンハギの画像は数日前のものだが、今日も香貫山の別の所でも見つけた。アキカラマツの花と一緒に咲いていた。
画像
             (アキカラマツと一緒に咲いたナンテンハギ)

 アキカラマツは通常1m位になるのだが、ここのアキカラマツは一度刈り取られた後に生えてきたもので、草丈は約10~20cmであった。アキカラマツの花期は終わり頃であるがナンテンハギと元気に咲いていた。

<ナンテンハギ(南天萩)>
  マメ科、ソラマメ属
  名前の由来:葉が南天、花が萩に似ている
  別名:フタバハギ(二葉萩),タニワタシ(谷渡し)

<特徴>
  多年草  
  6~10月に赤紫色の蝶形花を数個まとまって咲かせる
  ハギ(萩)のような花だが,草本
  小葉は2枚
  草丈は1mまで

《番外編》 ツユクサ(白花)  
 時々しか通らない登山道を歩いていたら白色のツユクサが咲いているのを見つけた。
画像
                   <前から見たツユクサ(白花)> 
画像
                   <後から見たツユクサ(白花)> 

 この花を見つけたのは午後3時頃であった為、雌しべが花びら側に巻き戻って来ている。長く伸びた雌しべの姿を撮影する為に、昨日の午前中に同じ所に行ってみたら、何と、草刈完了直後であった。心当たりの場所には刈られた草々が倒れている。白色のミズクサを探してみたが見つからない。「あぁ~、残念!!!」
 種が零れていて、来年咲いてくれれば良いが・・・。

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は7,539歩、今週の累計歩数は24,279歩/4日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

信徳
2007年10月11日 22:28
気品さを感じさせる草花ですね。すっかり涼しくなって一挙に秋です。
2007年10月12日 00:15
こんばんは。萩とつきますが南天の葉に似たナンテンハギがあるのですね。これはソラマメ属でハギ属でないのですね。それで萩の花の咲き方に似ないようでした~。
私もあちこちで見かけて撮っていますが、草本なんですね。アキカラマツは2番花でまた咲いているのですね。
白花露草画像撮られてラッキーでしたが、除草されて残念でしたね。来年また出てくるといいですね。ここはよく草刈されて管理の良い山なんですね。
2007年10月12日 02:09
ナンテンハギ、綺麗な色ですね。
先日、川原で雑草の中から赤紫色の花が見えたので近くに行きましたら、ナンテンハギでした。
デコウォーカさんが半日陰では淡い紫色と書かれていますが、私の見た花は川原の日が当たる場所でしたので赤紫色だったのですね。とても綺麗な花でした。アキカラマツと一緒に咲いている画像は素敵ですね。
シロバナツユクサ、綺麗ですね。せっかく午前中の行かれたのに草刈後だったのでしょうか。残念でしたね。でも、シロバナツユクサの花の画像がとても綺麗に撮られていますね。
2007年10月12日 09:54
ナンテンハギというのは見た事がありませんが色が良いですね、白花のツユクサも初めてです、来年も咲いてくれる事を期待しましょう。
2007年10月12日 17:33
信徳さん、今晩は。
そうですね、このナンテンハギは草叢の中で毒々しくも無く、弱弱しくも無く緑色の中で上品に、気品良く咲いていましたね。朝晩は涼しくなり過ごし易くなりました。これからは秋の夜長を楽しむ季節になりました。
2007年10月12日 17:54
一花さん、今晩は。
ナンテンハギの花はハギの花よりもマメの花に似ています。香貫山には今、ヤブマメが咲いていますが、これに良く似ていますね。アキカラマツは一度も咲かない内に刈られてしまい、再度成長し直して咲き始めたかも知れません(この場合も2番花と言うのかな?)。白色露草が来年も咲くのを願っています。香貫山は現在今年、2回目の草刈作業中です。ウォーカーにとっては有り難いですが、植物観察には良い場合も悪い場合もあり、複雑な気持です。白色露草の横に咲いていたイヌコウジュ(品種確認中)もバッサリでした。白色露草やイヌコウジュの場合は悪い場合。これから珍しい花が咲けば、良い場合になります。この秋はどちらになるか???
2007年10月12日 18:02
杏さん、今晩は。
私も近くでマジマジとこの花を見たのは今回が初めてでした。信徳さんへのコメントにも書きましたが気品有る花だと思いました。この花は色の薄い花と濃い花を両方見ると美しさが更に良く解る気がしました。(2種類の花を見た気持になったのかな?)白色露草は来年のお楽しみにとって置きましょう。
2007年10月12日 18:15
OSAMIさん、今晩は。
香貫山ではこのナンテンハギは2ヶ所で見ました。なかなか可愛い、気品のある花なのでもっと他の所にも増えて貰いたいと思っています。白色露草が来年も咲いてくれる事を願っています。
寅太
2007年10月12日 21:23
朝から高尾山を歩いていました。
ノコンギクやアキノキリンソウなど秋の花は咲いていますが、紅葉は遅れていてまだ秋の感じがしませんでした。
ハギは咲き始めの頃が一番綺麗ですね。
それから白いツユクサは初めてみました。(驚き)
2007年10月13日 08:28
寅太さん、お早う御座います。
昨日は高尾山だったんですね。秋の山野草に色々会われたようで、ブログアップを楽しみにしています。紅葉は未だでしたか。高尾山の方がこちらよりも紅葉は早いと思いますので、こちらがまだまだなのは当然ですね。白色の露草が来年も咲いてくれることを願っています。

この記事へのトラックバック