香貫山の植物  キツネノマゴ (番外編 ミヤギノハギ)

 今年も登山道脇の草叢にキツネノマゴ(狐の孫)の小さな花が咲いている。
画像
                    (キツネノマゴ)

<キツネノマゴの株>
 キツネノマゴに付いては昨年の8月23日にも綴っているが今年の様に群生している様子は記憶に無い。
画像
                      (キツネノマゴの群生)

 花は小さいが株全体は良く分枝して草丈は40cm位になる。
画像
                 (良く分枝して形の良い草姿をしている)

 その茎や枝先に長さ1~3cmの穂状花序を付けるが、花は一斉に咲かず、1~2個ずつ順番に咲くので、見栄えがあまり良くない花である。次の画像では3個咲いているが滅多に見る事はない。
画像
                (穂状花序の花は一斉に咲かず華麗さを欠く)

<キツネノマゴの花>
 花は一見してシソ科かゴマノハグサ科植物の様に思うがキツネノマゴ科で独立している。花は淡紅紫色の唇形花で約8mm。上唇は細く二浅裂し、下唇は大きく三浅裂する。その下唇には白い模様がある。
画像
               (下唇の白い模様がキツネノマゴの特徴)

 花の白いシロバナキツネノマゴという品種も有ると言うが香貫山では見ていない。又、沖縄にはキツネノヒマゴ(狐の曾孫)が分布していると、資料にある。

<キツネノマゴ(狐の孫)>
  キツネノマゴ科、キツネノマゴ属
  名前の由来:穂状花序を狐の尾にたとえ、形が小さいことから「孫」とされた

<特徴>
  1年草
  8~10月に開花  
  暖地の日当たりの良い路傍や草地などに生える
  花は淡紅紫色で花径7mm程度
  草丈40cm以下
  良く分枝して株を作る
 
《番外編》 ミヤギノハギ
 ミヤギノハギに付いては今年既に2回綴っている。その中でミヤギノハギの開花に付いて延べているが、そこでの結論は「7月初めに1回目、9月中旬に2回目が咲く」 であった。そして9月中旬にそれを追加確認する宿題が残っていた。(http://dekowalker.at.webry.info/200706/article_16.html
 今日確認したところ予想通り、見事に咲いていた。今が最盛期だろうと推定される。
画像
                 (前2回と同じアングル  9月25日撮影)

 正面から見ると
画像
画像
                 (上の画像を右側から見る  9月25日撮影)

 前2回で綴った結論は正しい事が追加確認された。又、7月の1回目の咲き方よりも9月の2回目の方が豪華だと思う。秋の七草の一つであるハギは秋が似合う花なのだ。

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は9,706歩、今週の累計歩数は19,031歩/2日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年09月25日 21:31
こんばんは。キツネノマゴの季節ですね。このキツネノマゴ科の植物があり、おと年ブログアップしてどんな狐の孫の顔かと思って実物を見、その小さい花にちょっとがっかりしました~。
「花は一斉に咲かず、1~2個ずつ順番に咲く」それと「穂状花序を狐の尾に喩えたもの」。そこがキツネノマゴ科特有で似ているようです。
やはり、シソ科の花びらの感じですよね。花びらには、狐の饅頭様の独特の焼印?があるようですよね。
ミヤギノハギの観察、やはりこの時期が一番花付がいいのですね~。
「萩」の字の成り立ちと、「秋の七草」の代表を納得ですね。
2007年09月26日 09:07
キツネノマゴは色々の所で花盛りで綺麗な花ですが、花が何とも小さくて写真にするのに困りものですよね、同じ小さな花でもハギは絵になりますし綺麗で良いですね。
寅太
2007年09月26日 14:01
キツネノマゴはどこでも咲いています。
ハギの中で一番綺麗なミヤギノハギは今が満開ですね。
白いハギも咲き始めました。
2007年09月26日 17:02
キツネノマゴは良く見かけますが、これほど群生しているのを見たことがありません。見事ですねぇ。最初にキツネノマゴを見たときは小さな可愛い花の名前が分かりませんでした。調べてキツネノマゴと分かりました。花を撮る時も小さな花なのでボケてばかり(今でもですが)でした。キツネノマゴには白花もあるそうですね。やはり可愛い花でしょうね。
2007年09月26日 19:01
一花さん、今晩は。
今、香貫山の登山道脇を飾っている花は少ないですが、このキツネノマゴはアチコチで群生させて咲いています。小さな花なので、画像ではその雰囲気がなかなか出ませんが頑張っている様を綴った積もりです。
香貫山で見るハギの中で一番綺麗に咲くのがこのミヤギノハギです。年に2回も咲かせるとは元気な花ですね。
2007年09月26日 19:07
OSAMIさん、今晩は。
キツネノマゴも花序の花が同時に咲いてくれると結構、見た目が良くなると思うのですが・・・。その点、ハギは多くの花が同時に咲くので豪華です。細い茎に沢山花を付けて地面に着いてしまう様にお辞儀をするのが欠点かな?
2007年09月26日 19:13
寅太さん、今晩は。
ミヤギノハギがハギの中では一番綺麗だと私も思います。キツネノマゴとミヤギノハギを同時に載せてキツネノマゴには申し訳なかったかな?
昨年、私も白色のハギを見ましたが清楚で良いですね。香貫山には残念ながら有りません。
2007年09月26日 19:19
杏さん、今晩は。
キツネノマゴには、今年の香貫山はベストコンディションだった様です。到る所で見かけます。白色のキツネノマゴが一緒に咲いてくれれば良いのですが・・・。自然界のことですから人間の希望通りにはなりませんよね。

この記事へのトラックバック