香貫山の植物  コニシキソウ (番外編 初秋の富士山)   

 昨日綴ったオオニシキソウ(大錦草)の仲間のコニシキソウ(小錦草)を求めて、今日は別の遊歩道を探してみた。やはり、砂利が敷かれた所にコニシキソウを見つけた。オオニシキソウは地面から立ち上がっていたが、コニシキソウは地面を這っている。
画像
                (砂利道を這って伸びるコニシキソウ)

 昔、庭や畑の草取りでこの雑草は茎の途中に根が生えていて抜き難く、又引っ張ると茎がすぐに切れてしまって取りづらかった事を思い出した。コニシキソウと言う立派な名前が付いていたとは全然知らなかった。
 花らしき物は小さくて見えないが、トウダイグサ科特有の子房は見える。
画像
         (コニシキソウの子房は毛に覆われている  2回クリックで拡大出来ます)

 オオニシキソウ、コニシキソウの名前の元となっているニシキソウが別にあるのだが、香貫山ではまだ見つけていない。ニシキソウは草丈が低いのでコニシキソウに似ていると言う。コニシキソウとの区別点は二つあって、一つは上の画像で見た様に子房や茎が毛に覆われている事と、もう一つの特徴は葉の中央に赤紫の斑紋がある事だと言う。
画像
                (コニシキソウの葉の中央には斑紋がある)

 この2点を頭に入れて、ニシキソウを継続して香貫山で探すこととしよう。

<コニシキソウ(小錦草)>
  トウダイグサ科、トウダイグサ属
  花期:夏

<特徴>
  一年草
  畑、道沿いや庭に生える
  茎は直線的に地を這って広がる
  葉の中央に赤っぽい斑紋がある
  6~9月に目にとまらないほど小さい花を咲かせる
  茎をちぎると,白い乳液を出す
 
《番外編》 初秋の富士山
 今日は秋晴れの良い一日だった。陽射しは強かったが湿度が低く爽やかにウォーキングする事が出来た。
 香貫山の展望台では久し振りに富士山の姿を見る事が出来た。今年の夏は今日の様にスッキリと富士山が見えたことは無かったと思う。
画像
                       (初秋の富士山)

 振り返って駿河湾を見ると、海面近くに薄い雲の層が横に一筋掛かっていた。こんな景色は初めて見た。
画像
                       (初秋の駿河湾)

  今日のウォーキングは香貫山で歩数は10,072歩、今週の累計歩数は41,937歩/5日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

信徳
2007年09月21日 22:12
いよいよ登場してきました「富士」心がワクワクしてきます。この暑い残暑、初冠雪は暫くお預けでしょうね。コニシキソウも砂走りには棲息出来ないでしょう???
plysima
2007年09月21日 23:20
お久し振りです。今日の富士山は綺麗でしたね。私も朝一番で見ましたよ。夏の間ずっと厚い雲に覆われていて見えませんでしたよね。これから秋にかけて綺麗な富士山が見られるとうれしいですね。
2007年09月21日 23:55
コニシキソウ、良く見かけますが、名前を知りませんでした。
小さな小さな葉ですね。草取りをした時など根まで取れないで大変でした。今度から名前を言えそうです。
久しぶりに姿を見せた富士山が綺麗ですね~。
今日は暑かったですね、これから秋空に富士山が綺麗に映えることでしょうね。
2007年09月22日 00:13
こんばんは。今日はコニシキソウですね。これはやはり地に這って逞しいもので、引き抜き難いものでしたよ。
相撲取りの小錦サンは、この植物の存在を知っていたのでしょうか?
逞しくしぶとい感じですが。。
ニシキソウというのもあるのですね。そちらで見つかるといいですね。本には載っていなかったのですよ。
今日は秋晴れの真っ青な青空でしたね。富士山も綺麗に見えて、お散歩も10,072歩と気持ち良かったようですね。
寅太
2007年09月22日 09:35
コニシキソウは我が家では庭の通路に生えています。何度か写真を撮りましたが、小さ過ぎて上手く撮れません。
デコウォーカさんはさすがです。
いよいよ富士山の季節、またまた楽しみが増えました。
2007年09月22日 18:59
この草は名前を知らないまま雑草としてみていましたがこれからは少し注意してみたいと思いますし、ニシキソウにもお目にかかりたいですね。 
2007年09月22日 19:53
富士山がここに登場するのは久し振りになってしまいました。これからチョクチョク出て来ると思います。砂走りにはコニシキソウもオオニシキソウも住めないと思います。
2007年09月22日 19:59
plysimaさん、今晩は。ご無沙汰でした。
矢張り、昨日の富士山をご覧になっていましたか。今年の夏は早朝には時々顔を出していましたがウォーキングに出るときには大抵、雲の中に隠れてしまっていました。これからは楽しみですね。
 
2007年09月22日 20:07
杏さん、今晩は。
私もコニシキソウの名前は知りませんでした。草取りでこの草は根まで取れなくて苦労しましたが、同じ経験をしていたのですね。「私の富士山百景」に入れたくなるような夏の富士山を狙っていたのですが、今年はダメでした。秋以降で頑張りましょう。
2007年09月22日 20:14
一花さん、今晩は。
力士の子錦関と植物のコニシキソウでは大きさ、逞しさの点ではイメージが合いませんね。子錦関及び関係者はコニシキソウは知らなかったと思います。知っていたら子錦の名前を選ばなかったと思いますが・・・。
これからはウォーキングのお友達として富士山が入ってきますので楽しみにしています。
2007年09月22日 20:19
寅太さん、今晩は。
やはり寅太さんの庭にもコニシキソウが進出していますか。小さ過ぎてデジカメ泣かせですよね。一花さんへもコメントしましたが、これからはウォーキングのお友達として富士山が入ってきますので楽しみにしています。
2007年09月22日 20:25
OSAMIさん、今晩は。
コニシキソウは憎い雑草のイメージしかなく、名前が有るとは思いもしませんでした。誰が付けたか、立派な名前でビックリしています。コニシキソウとオオニシキソウは帰化植物ですが、ニシキソウは日本古来の品種だそうです。外来種に押されていなければ良いのですが、心配です。

この記事へのトラックバック