香貫山の植物  ハダカホオズキ  

 香貫山の登山道脇の植物に赤い綺麗な実が沢山吊る下がっている。
画像
                     (この赤い実は何の実かな?)

 実は、この植物の花は7月中旬から見ていたが名前が解らなかった。植物全体を見た印象はイヌホウズキに似ているがイヌホオズキの鳥が飛んでいる様なナス科の花とも異なっていてそのままになっていた。最近、真っ赤に綺麗に色付いた実を見て、再度調べてやっとハダカホオズキ(裸酸漿)と判明した。
画像
                    (赤い実が鈴なりのハダカホオズキ)

 名前の由来は赤く熟した果実がホオズキの実に似ているが袋に包まれていない為。共にナス科ではあるが属がホオズキはホオズキ属でハダカホオズキはハダカホオズキ属と異なる。
 上の画像の株には蕾から赤い実まで各成長段階の花や実がなっているので順番に並べてみる。 
画像
                     (葉腋から下向きに花柄を出した蕾)

 花は淡い黄色の鐘形で直径8mmほど、先は5烈して反り返る。雄しべは5個、雌しべは1個。 
画像
                   (花は5角形  蟻が密を求めている?)
画像
                      (2010年9月10日 追加)
画像
                         (雨に濡れた若い実)
画像
                      (緑色の実から橙色、赤色へ色付き始め)
画像
                        (更に、赤味を増した実)
 最後に、一番上の画像を再掲載する。 
画像
                        (全て赤色に熟した実)

        ---2008年11月27日のブログより転載開始---
 今年もハダカホオズキの赤い実が綺麗に稔ってきた。
画像
                    (ハダカホオズキの赤い実)

 ハダカホオズキに付いては昨年の9月30日に綴っている。その時の株は登山道脇に生えていた為に、引き倒されていて横倒しになった枝の葉の陰に隠れるように赤い実を付けていた。
 今年は別の場所で登山道から少し引込んだ所に生えている為、引き倒される事も無く現在でもスクッと立っている。そして見事な赤い実を沢山吊り下げている。
画像画像
              (赤い実を鈴なりに付けたハダカホオズキ)

 この株を初めて見つけた時は白い五角形の花が咲いている最中で、既に緑色の実も付けていた。 
画像
              (花と実が同居したハダカホオズキ  9月5日)

 それから40日後には花は終わって実が赤くなり始めていた。
画像
               (実が緑から赤くなり始めた  10月14日)

 更に43日後の昨日覘いて見ると、ほぼ全ての実が赤くなっていた。上から2枚目の画像を以下に再掲載する。
画像
                 (全ての実が赤くなった  11月26日)

 寒くなって葉も少なくなって来た為、綺麗な赤い実が更に目立つ様になった。
        ---2008年11月27日のブログより転載終了---

<ハダカホオズキ(裸酸漿)>
  ナス科、ハダカホオズキ属
  名前の由来:赤く熟した果実がホオズキの実に似ているが袋に包まれていない為

<特徴>
  多年草
  山地の林縁などに生える高さ60~90㎝
  花 期 8月~9月
  果 期 10月~11月
  葉の腋から2~3個の花柄を出し、下向きに花をつける
  花は淡い黄色の鐘形で直径8mmほど、先は5烈して反り返る
  果実は小さな球形で、熟すと深紅色になる
  果実は、萼片(袋)に包まれていない

 今日のウォーキングは雨で中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年09月30日 22:24
こんばんは。一瞬ミニトマトとも思いましたが、ハダカホウズキというのがあるのですね。花は白くホオズキの花に似ているようです。
画像で見ると、青い実と赤い実があって、花後に実がすぐ出来、そしてすぐ色付くのですね。ナス科のヒヨドリジョウゴにも似ているようです。
昔のホオズキは袋がありましたが、これには無いのですね。
これは有害ではなく、中を掘って、ほおずきのように口中で鳴らせるのでしょうか?
2007年10月01日 07:38
ハダカホオズキは真っ赤な鮮やか色で綺麗ですね、私の近くでは今まで見た事が無いですが、今回見せて頂いた画像を記憶しておいて注意して散歩しようと考えています。
2007年10月01日 18:10
一花さん、今晩は。
ナス科のヒヨドリジョウゴやマルバノホロシ等は綺麗な赤い実が生りますね。香貫山でもヒヨドリジョウゴの赤い実を期待して待っていたのですが、下草刈りでバッサリと切られてしまいました。又、生えてきて花を咲かせ始めましたが赤い実になれるかどうか心配です。ハダカホオズキの実が有毒かどうかは?です。資料にどちらとも記載されていませんでした。



2007年10月01日 18:16
OSAMIさん、今晩は。
ハダカホオズキの実はみずみずしい赤色でとても綺麗です。香貫山にはイヌホオズキの仲間が沢山生えていますが黒い実であまりウエルカムでは有りません。このハダカホオズキがもっと増えてくれると綺麗でウォーキングが楽しくなるのですが。今年、沢山の実が生ったので、来年はもっと増えることを期待しています。
寅太
2007年10月01日 18:35
初めて見ました。鮮やかな色ですね。
花から赤い実まで変化がわかります。
2007年10月01日 18:38
ハダカホオズキの実が鮮やかな色に色づきましたね。
画像のハダカホオズキの実は沢山ついていて凄いですね。
イヌホオズキの実は黒くなりますが、ハダカホオズキの実は赤くてきれいですね。初めて見せていただいた花はホオズキの花に似ているように思いました。
2007年10月01日 20:56
寅太さん、今晩は。
花を見つけた時は名前が解りませんでした。どうせイヌホオズキの仲間で実も黒いのだろうと考えてほったらかしにしていました。2ヵ月後に綺麗な赤い実を見てから一生懸命名前を調べましたがなかなか解りませんでした。ひょんな事から名前が判明しブログアップ出来ました。その様な訳で可愛い、愛しい赤い実のハダカホオズキです。
2007年10月01日 21:06
杏さん、今晩は。
私も始めて見た花であり実でした。名前が解るまでの経緯は寅太さんへのコメントに書いた通りです。最初はイヌホオズキの仲間で大したことは無いと思っていましたが、赤い実を見てからは態度が急変でした。ホオズキの実は見ていますが、花は見ていなかったので資料を見ると白い、5枚の花びら、5個の雄しべで良く似ていますね。ホオズキは花びらが反り返っていない点は異なりますが。

この記事へのトラックバック