香貫山の植物  ヤブランとコヤブラン    

 香貫山でハンゲショウやノシランを見つけた水飲み場近辺に、ヤブランの花が咲いていた。あれ?まだヤブランの花が咲いているの?と思いつつ写真を撮った。
画像
画像
画像
              (水飲み場のヤブラン  9月21日撮影)

 今年も昨年もここの水飲み場とは別の登山道脇でヤブランを見つけてブログに載せている。但し、いずれも8月中旬に綴っている。今年は8月20日にノシランとあわせて綴っているので以下に再掲載する。(http://dekowalker.at.webry.info/200708/article_9.html
画像
画像
             (登山道脇のヤブラン  上8月18,下8月13日撮影)

 両者の開花時期には約1ヶ月の違いがある。因みに、登山道脇のヤブランは現時点では緑色の実が沢山生っている。
画像
画像
           (登山道脇のヤブランは既に実が生っている  9月24日撮影)

 環境の差や個体差も有るだろうが1ヶ月も差が有るのは肯けない。ネットで色々調べるとヤブランの仲間にヒメヤブラン(姫藪蘭)とコヤブラン(小藪蘭)があることが解った。ヒメヤブランはヤブランに比べ葉が小さく、花茎に付ける花の数が数個と少ないと資料に有るので対象から落ちる。
 次にコヤブランとの比較では「ヤブラン(藪蘭)は一株ずつ株立ちになるのに対して,コヤブランは地下茎を伸ばして広がり群落を作るのでグラウンドカバーとして利用されます。」とある。

 一番上から3枚目の水飲み場のヤブランの画像を良く見ると、ノシランやその他の葉と入り乱れているので3日後の9月24日に葉を整理して撮影してみた。
画像
              (水飲み場のヤブランは一株ごとに分かれている)

 一方、登山道脇のヤブランは一番上から5枚目の画像を見ると、如何にも地下茎を伸ばして群落を作っている様に見える。どうも、水飲み場の方がヤブランで、登山道脇はコヤブランの様だ。
 又、開花時期に付いてある資料を見ると、ヤブランは8月~10月に対してコヤブランは7月~9月とある。コヤブランの方が1ヶ月早い。この点からも登山道脇の方はコヤブランと推定される。
 以上の検討から、今回綴った水飲み場の植物がヤブランで、8月20日に綴った登山道脇の植物はヤブランではなくコヤブランだと結論し、過去の記述を変更しておく事とする。

 最後に追加検討の為、それぞれの葉を1枚づつ失敬させて貰い比較してみた。
画像
          (上が水飲み場のヤブランの葉、下が登山道脇のコヤブランの葉)

 名前の通りコヤブラン(小藪蘭)の葉の方が短い。しかし、ネットで色々の資料を調べてもヤブランとコヤブランの葉の大きさを比較した記述は無い。昔、命名者は両方を見比べてコヤブランの方が小さいので、コ(小)を付けた様に推測するが・・・。

 今日のウォーキングは香貫山で7、789歩、今週の累計歩数は26,820歩/4日。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年09月27日 18:16
コヤブランというのがあって今頃花を付けているのですね、植物の世界も複雑でなかなか面白い所ということでしょうか。
2007年09月27日 21:02
こんばんは。以前アップなさったのは、ヤブランでなくコヤブランでしたか?本には、ヒメヤブランというのが載っていて、花数が少なくこれとも違いますね。
ネットでは、「ヤブランは1株ずつ株立ちになる。コヤブランは地下茎を伸ばして広がり群落を作る。本州、関西地方以西から四国・九州それに中国に分布し、暖地の林内に生え、地中に走出枝を伸ばして広がる。「ヤブラン」に似て、線形の葉の幅が4~7ミリほど、7月~9月ごろ花茎を伸ばして総状花序に淡い紫色の花。別名で「リュウキュウヤブラン(琉球藪蘭)、グランドカバーに利用されます。草丈30~50cmの多年草。」ともありました。間違いやすいですね。以前8月に神代植物園ではヤブランが満開でしたよ。そしてうちは今頃開花ですが、時期のずれもあるようです~。
ノシランのアップ初めて見ました。同じユリ科で花が似ていますね。
今日は満月ですが、見れて良かったですね~。
寅太
2007年09月28日 06:23
コヤブランなるものがあるのですね。
どちらかを基準にして、頭に「オオ」と付けたり、「コ」を付けたりして見分けが大変です。
さっそく我が家のヤブランも点検します。
我が家は栄養不足で、今年は全てコヤブランかも知れませんが。
2007年09月28日 11:42
今まで、全部ヤブランと思っていました。
同じような薄紫色の可愛い花を咲かせていますね。
デコウォーカさんが、葉を並べて比べてくださったので良く解りました。
そういえば、もう緑の実を付けたヤブランも見ましたが、花が咲いていたヤブランも見かけました。今度、良く見てみたいと思っています。
2007年09月28日 18:54
OSAMIさん、今晩は。
ゴチャゴチャ綴ったので解りにくかった様です。私の結論ではコヤブランは既に1ヶ月前に咲いてしまっていて、今咲いているのがヤブランです。しかし、一花さん情報では、私の結論は?かなぁ~。
2007年09月28日 19:08
一花さん、今晩は。
コヤブランの情報有難う御座います。私の結論が妥当でない点が幾つか有るようですね。
 1)コヤブランは関西以西に分布。
 2)コヤブランの葉の幅は4~7mmとヤブランより細い。
 3)東京のヤブランの開花時期は8月~9月と幅がある。
もう少し、観察を続けてみましょう。
昨晩、遅ればせながら中秋の名月の代わりに旧暦8月の満月を見ました。薄い雲がかかっていて期待はずれでした。
2007年09月28日 19:13
寅太さん、今晩は。
似ている品種の区別は大変です。資料上でも並べて写真を撮って説明してくれると解り易いのですがね。今回の結論は一花さん情報から、間違っているかも知れませんのでご注意ください。
2007年09月28日 19:16
杏さん、今晩は。
寅太さんへのコメントにも書きましたが、今回の結論は一花さん情報から、間違っているかも知れませんのでご注意ください。新しい情報が解りましたら教えて下さい。

この記事へのトラックバック