香貫山の植物  ヤハズソウ (番外編 ウメモドキ)

 香貫山の登山道脇の低い草叢に小さな蝶形花を付けた草が群生している。ヤハズソウ(矢筈草)だ。
画像
               (ハギの様な蝶形花を付けたヤハズソウ)

 名前の由来は葉の先端を摘んで引きちぎると矢筈(矢の弦にかける部分)のようになるから。
 実際に上の画像の中の葉を引きちぎってみた。
画像
               (葉の上部を引っ張ると矢筈の形に上手く切れた)

 葉腋に淡紅紫の小さな蝶形花を1~2個咲かせる。
画像
               (花は葉腋にハギに似た花を1~2個付ける)

 葉は長さ1-1.5cmの長楕円形の3枚の小葉からなる複葉を展開し、根元から多数の匍匐茎を発生させて群落を形成する。
画像
                (草原に群生した場合  草丈20cmまで)
画像
                (道路に展開した場合  草丈5cmまで)

<ヤハズソウ(矢筈草)>
  マメ科、ハギ属
  名前の由来:葉の先端を摘んで引きちぎると矢筈のようになる(矢筈とは矢の弦にかける部分)
  別名:ハサミグサ 
  別名の由来:矢筈の形を鋏に見立てたも

<特徴>          
  一年生草本
  路傍や畑の畦などに生育
  高さ20cmほどに立ち上がる
  夏に小さな目立たない花を付ける
  葉は3出の複葉

《番外編》 ウメモドキの実
 ウメモドキの実に付いては8月26日に取り上げた。その時は真っ赤とはいえなかったが、ほぼ真っ赤になったので以下に載せる。両者を6月8日のウメモドキの花を綴ったブログに転載しておく。
画像
                     (ウメモドキの赤く熟した実)

 今回もシロウメモドキの白い実は見つからなかった。継続して観察する。

 今日は所用でウォーキングは中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

plysima
2007年09月26日 22:49
「矢筈」、知らない言葉でした。植物の名の由来っておもしろいですね。たしかに葉の先端が特徴的にちぎれていますね。またまた勉強になりました。この時期は萩がたくさん咲いているみたいですね。
2007年09月26日 23:41
こんばんは。この時期マメ科の萩の似たような花が頑張っていますね。
ヤハズ「矢筈」は(矢の弦にかける部分)のようになるからだそうで、実際に上の画像の中の葉を引きちぎってご覧になられて、良く分かりますよ。タカノハススキ(鷹の羽薄)というのを鉢で育てていますが、矢筈ススキとかゼブラススキ、ヤバネススキ、トラフススキなどと別名があり、葉にこんなヤハズの模様が入りますよ。
このヤハズソウは空き地のあちこちでも結構蔓延って逞しく、よく見かけるようです。
何度もウメモドキが登場ですが、綺麗な実ですね。若しかして植物園でも見たかも知れませんが、なかなか特徴が掴めません。モチノキ科なんですね。シロウメモドキの白実もあるといいですね~。
2007年09月27日 14:26
ヤハズソウ、初めて名前を知りました。
名前がヤハズソウだったのですね。シロツメクサなどど一緒にあぜ道や空き地にいっぱい生えていました。
葉を切った時の葉の様子の画像を見せていただきましたら、良く見ると子供の頃に この葉で遊んだことを思いだしました。葉を切ると糸きり鋏のように見えました。葉を引っ張って、糸きり鋏に似た葉を沢山作ってキレイなハサミが出来たか比べて遊びました。綺麗なマメ科の花が咲くのですね。(恥ずかしいですが、花は覚えていませんでした)
秋ですね~。ウメモドキの実が鮮やかな色になり とても綺麗ですね。
寅太
2007年09月27日 17:09
名前は知りませんでしたが、何処かで見たような気もします。
香貫山ではかなり群生しているようですね。
見つけたら葉をちぎってカメラに収めます。
2007年09月27日 17:31
plysimaさん、今晩は。
ヤハズ(矢筈)は植物名では時々出てきます。カラスノエンドウは別名ヤハズエンドウ(矢筈豌豆)と呼ばれますし、下に一花さんコメントにもそれ以外が記されています。香貫山では現在、色々のハギが咲いています。昨日綴ったミヤギノハギ、それ以外にキハギ、マルバハギ、メドハギ等が咲いています。ハギは昨年綴っているので今年はミヤギノハギ以外はブログアップを止めています。


2007年09月27日 17:45
一花さん、今晩は。
ヤハズはなかなか響きが良い名前だとおもいます。ヤハズススキは昨年一花さんのブログで見た記憶が有りますが・・・。plysimaさんへのコメントにも書きましたがカラスノエンドウの別名はヤハズエンドウ(矢筈豌豆)でした。ヤハズソウの花はハギ似の花なので、名前をヤハズハギとでも付ければ良かったのにと思います。今日もシロウメモドキの白い実を念のため確認しましたが見つかりませんでした。どれも赤い実でした。シロウメモドキの実は赤色から白色に変わるのかな?と推測していますが・・・???
2007年09月27日 17:53
杏さん、今晩は。
名前を知らないだけで実物を見ていると思います。ハサミ作りで花よりも葉を良く覚えていると思います。私も同じでした。ウメモドキの赤い実は綺麗で満足しています。しかし、シロウメモドキの白い実が見つかりません。花が咲いている時、木に標しを付けて置けば良かったと反省しています。
2007年09月27日 17:58
寅太さん、今晩は。
寅太さんもこのヤハズソウは見ていると思います。空き地の隅に生えていると思います。花は小さいので見落とす可能性はあります。葉に特徴(ヤハズの形に切れる線)があります。
2007年09月27日 18:19
ヤハズソウというのは私の近くでは見かけない植物ですが、なかなか可愛い花ですし、葉が矢筈のように綺麗に切れるといのは面白いですね。
2007年09月28日 18:46
OSAMIさん、今晩は。
公園や川の堤には生えているかもしれません。日頃は雑草として見向きもしない草です。葉を矢筈に千切るのは面白いですよ。

この記事へのトラックバック