香貫山の植物  ノシラン (番外編 ヤブラン)    

 花序と葉がヤブランに似た植物をハンゲショウが生えていた水飲み場近くで見つけた。調べると同じユリ科ではあるがジャノヒゲ属のノシラン(熨斗蘭)だった。ヤブラン(藪蘭)はユリ科ヤブラン属だ。どちらも名前に蘭が付くがユリ科の植物だ。
画像
               (ここのノシランは斑入りの葉なので園芸種か?)

<ノシランの花>
 花序を良く見ると花柄はヤブランの花柄よりも長く又、花が下を向いている。色は紫色のヤブランに対して白色だ。
画像
                   (ノシランの花は白色で花柄が長い)

 又、ノシランの花茎は長さ30~50cmと長く、断面は扁平で茎の太さとほぼ同じ幅の翼がある。このために花茎は倒れやすく、種子が稔ると倒れて葉の下に隠れてしまうと、資料にある。
画像
                    (ノシランの花茎は扁平)
 一番上の画像を見ると花序がお辞儀をしているのはこの為なのだ。

 一つ一つの花を見ると花びらは6枚で雄しべと雌しべは寄り添っていて茄子の花の雄しべと雌しべに似ている。
画像
                     (ノシランの花のアップ)

 今、香貫山の別の場所にヤブランも咲いている。このヤブランの葉と花序、更に花のアップを今日のブログの番外編に載せておくので比較して見て下さい。

<ノシランの実>
 種子は長さ9~10mmで、同属のジャノヒゲと同様にコバルト色に熟して美しいと、資料にある。ヤブランの実は黒紫色であったが、ノシランの実は資料を見るとコバルト色でとても綺麗な色をしている。秋以降に観察する事とする。

<ノシラン (熨斗蘭)>
  ユリ科、ジャノヒゲ属
  名前の由来:花茎の先端が扁平になり、ノシ(熨斗)に似ている

<特徴>
  常緑の多年草
  7~9月に白から淡紫色の穂状の花を咲かせる
  海岸山地の林下の日影地に群生する
  実は長さ1cm程度の楕円形で冬にコバルト色に熟す
  草丈70cm以下 

《番外編》 ヤブラン --->コヤブランに訂正

      ---記述内容訂正通知の開始  2007年9月27日---
 2007年9月27日のブログ(http://dekowalker.at.webry.info/200709/article_11.html)の記述理由から、以下の記述中のヤブランをコヤブラン(小藪蘭)と読み替えて下さい。
      ---記述内容訂正通知の終了  2007年9月27日---

 昨年と同じ場所にヤブランが咲き始めた。ヤブランに付いては今年の1月4日に花と実を合わせて綴った(http://dekowalker.at.webry.info/200701/article_4.html)ので、ここでは本編のノシランの葉や花序そして花を比較して見る為に以下の画像を載せる。
画像
              (ヤブランの葉と花序、花序は真っすぐ立っている)

 ヤブランの花も6枚の花びらと6個の雄しべで構成されているが雌しべは見えない。又、花柄はヤブランに比べると短い。
画像
                     (ヤブランの花のアップ)

 今日のウォーキングは沼津御用邸記念公園の裏の静浦海岸へ行ってきた。歩数は7,289歩。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2007年08月20日 22:13
ノシランの花の房は大きくて藪のような所でも目立ちますよね、4枚目のアップの画像綺麗に撮れています、拡大画像にしてみると厚みのあるふくよかな感じの綺麗な花ですね。
寅太
2007年08月21日 11:05
ノシランもヤブランも花のアップはとても綺麗(撮影の腕が良い)です。
ノシランの花茎は倒れやすいのですか。花茎の翼には気づきませんでしたが今後はよく見るようにします。
2007年08月21日 11:14
こんにちは。
ノシラン、初めてです。
真っ白な花でヤブランに良く似ていますね。
花柄が長く花の付き方が違い下を向いて咲いていますが、花の形が同じようで、とても可愛い花ですね。
ノシランの実は綺麗なコバルト色だそうですが、秋には綺麗な色になるのでしょうね、楽しみです。
信徳
2007年08月21日 19:50
「白色のノシラン、紫のヤブラン、どちらもランはランでもユリ科だ」と
覚えましょう。
2007年08月21日 20:13
OSAMIさん、今晩は。
仰る通りノシランの花序は純白に近くて薄暗い日陰ではハッとする美しさでした。ノシランの花を改めて(私としても初めてでした)拡大して見ましたが綺麗に撮れていました。ご指摘有難う御座いました。
2007年08月21日 20:24
寅太さん、今晩は。
ノシランの花もヤブランの花も光がうまく当たっていました。接写は薄暗いとピンボケになってしまいますし、光が強すぎると白っぽくなってしまいますね。適量の光に当てると上手く撮れますが何時もその様にはなってくれません。神頼みの作業です(笑)。
2007年08月21日 20:30
杏さん、今晩は。
ノシランの花もヤブランの花も拡大して上手く撮れました。寅太さんへのコメントにも書きましたが撮影の条件が上手く合ったと思います。秋の実も上手く撮れると良いですが。撮影出来る時まで、鳥が食べないことを祈るしかありませんが。
2007年08月21日 20:36
信徳さん、今晩は。
そうなんですヨ。ランと付くからラン科だとばかり思っていたら、ユリ科でした。紛らわしいですよね。「白色のノシラン、紫のヤブラン、どちらもランはランでもユリ科だ」には感心!感心!です。

この記事へのトラックバック