香貫山の植物  ミズヒキ (番外編 キツネノカミソリ)    

 香貫山の半日陰になっている登山沿いに小さな赤い花が一列に並んでいる。ミズヒキ(水引)の花だ。
画像
               (ミズヒキの群生  昨年の8月30日)

<ミズヒキの花>
 花弁に見えるものは萼片で4つに分かれ、紅色と白色に染め分けられている。
画像
               (ミズヒキの花)

 上の3つの萼片が紅色、下の1つが白色に染め分けられている為、上から見ると紅色の花が繋がって見える。
画像
                      (上から見ると赤い列に見える)

 下から見上げると白色の花が繋がって見える。
画像
                      (下から見ると白い列に見える)

 ミズヒキの名前の由来はこの長い花穂を祝儀封筒や進物にかける紅白の水引にたとえたものと言われる。因みに、萼片が4枚とも白色の品種もあり、これはギンミズヒキ(銀水引)と呼ばれる。

<ミズヒキの実>
 開いた萼片はやがて閉じて果実を守る。萼片は果実が熟して落下するまで長く紅色であり、花穂を彩っていると、資料にある。最近ミズヒキを覗き込むと赤い粒々しか見えない。随分蕾の期間が長いな~と思っていたが、これは蕾でなく実の生育中だったのだ。

<ミズヒキの葉>
 葉は幅広い楕円形でやわらかく、黒い斑紋があることが多いと資料に有るが香貫山で見るミズヒキの葉には斑紋が無い様だ。

<ミズヒキ( 水引 )>
  タデ科、タデ属
  名前の由来:祝い事に使う紅白の水引に似ている

<特徴>
  多年草
  8~9月咲き
  林のかげや山道沿いに生える
  葉には濃い緑の模様がある
  実にカギがあり衣服につきやすい
  草丈1mまで

《番外編》 キツネノカミソリ
 今年も何時もの所にキツネノカミソリが咲いた。キツネノカミソリに付いては今年の3月12日に花と葉について纏めて綴った(http://dekowalker.at.webry.info/200703/article_12.html)ので、ここでは今年の開花状況のみを綴る事とする。
画像
                (今年も綺麗に咲いたキツネノカミソリ)

 今日のウォーキングは所用で中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

信徳
2007年08月20日 00:58
見る角度によって、赤、白とは凄い発見だ!驚きです。
2007年08月20日 10:53
最近ミズヒキも色が無くなってきたと思っていましたが、あれは実なりつつある処だったのですね、ミズヒキはなかなか写真にしにくい植物ですがご苦労された感じが分かります。
寅太
2007年08月20日 11:11
私もピント合わせのないカメラなので、ミズヒキの撮影はなかなか上手くいきません。デコウォーカさんは上手く撮っています。
今年は挑戦してみます。
キツネノカミソリもこれだけまとまって咲いているのは珍しい。
2007年08月20日 18:55
ミズヒキ、とても綺麗に撮られていますね。
小さな可愛いミズヒキの花を、初めて見せていただきましたが、花が中心から半分に紅白になっているのですね、本当に不思議です。
デコウォーカさんの、繊細な素晴しい観察力に驚き感激しています。
ミズヒキは、高尾山で見ましたが、蕾で表と裏で紅白でしたが、小さな花までは、気が付きませんせんでした。
キツネノカミソリも、たくさん咲いていますね。
鮮やかなオレンジ色の花が緑の草木の中で映えていますね。
2007年08月20日 19:19
信徳さん、今晩は。
ミズヒキを下から見ると白く見える事はあまり知られていないようです。私も昨年までは知りませんでした。
2007年08月20日 19:28
OSAMIさん、今晩は。
最近のミズヒキには開いている花は見えません。花後の実の育成中の様です。ミズヒキは花が小さい上に、日陰に生えていることが多くて撮影には苦労しました。
2007年08月20日 19:35
寅太さん、今晩は。
OSAMIさんへのコメントにも書きましたがミズヒキの撮影には苦労します。沢山撮った中から選んで記載しています。香貫山ではキツネノカミソリの群生している所が1ヶ所有ります。その中で一塊に咲いていた所を撮影しました。撮影時に、たまたまその場所に日が当たっていて綺麗に撮影出来ました。
2007年08月20日 21:22
杏さん、今晩は。
ミズヒキの花は小さくて注意して見ないと見つけられません。咲いている期間も短いようです。現時点では花後の実の育成中ではないかと思います。香貫山のこの一角でキツネノカミソリが群生しています。他の場所はキツネノカミソリには適さないのか見ていません。不思議です。

この記事へのトラックバック