香貫山の植物  ヌスビトハギ (番外編 アカメガシワ)     

 今年も香貫山の登山道脇に小さなヌスビトハギの花が咲き始めている。
画像
             (ヌスビトハギは枝に小さなピンクの花を穂状に付ける)
 昨年は9月に入って、花は最盛期になった。その模様を昨年の9月9日のブログより転載する。
画像
            (最盛期のヌスビトハギの花 2006年9月9日ブログより)

<ヌスビトハギの花>
 ヌスビトハギはマメ科、ヌスビトハギ属で、マメ科、ハギ属のハギの花に良く似ている。しかし、ハギの花は旗弁が反り返って立っているのに対して、ヌスビトハギの花の旗弁は反り返らず、お椀を被せた様になっているので一見しただけでは似ているようには見えない。竜骨弁と翼弁は良く似ている。
画像
                   (花弁の構成はハギの花に似ている)

<ヌスビトハギの実>
 ヌスビトハギの果実は独特の形をしている。実には節があり節果と呼ばれ一個ずつ実が入っていると言う。
画像
                 (ヌスビトハギの実は節果と呼ばれる)

 この実の形が盗人の足跡に似ているので名前の由来となっている。9月に入ると、この独特の実が鈴なりになる。
画像
             (9月には盗人の足跡だらけ 2006年9月9日ブログより)

 又、ヌスビトハギの実の表面にはカギ状の毛が密生していて衣服にくっつく。この実も、所謂ひっつき虫なのだ。

<ヌスビトハギ 白色>
 香貫山には白色のヌスビトハギも生えている。昨年見つけた所に今年も咲き始めている。色以外はピンクの花のヌスビトハギと同じだ。
画像
                       (白色のヌスビトハギ)
画像
         (最盛期の白色ヌスビトハギの花 2006年9月9日ブログより)

 現時点では1ヶ所だけだが、もっと他の場所にも増えると良いのだが。

<ヌスビトハギ(盗人萩)>
  マメ科、ヌスビトハギ属
  名前の由来:種の形を盗人の足跡に見立てた

<特徴>
  多年草
  7~8月咲き
  萩を小型にしたようで美しい
  葉は3枚
  果実は平たい半月形を2個つけた形
  日当たりの良い荒地に生える
  草丈は1Mまで

《番外編》 アカメガシワの実
 アカメガシワに付いては花や葉や実の記述を昨年の6月26日のブログに集約して来た(http://dekowalker.at.webry.info/200606/article_22.html)。今日はアカメガシワの実が熟して黒い種が見えて来たので、その画像を以下に載せる。合わせて昨年の6月26日のブログにも転載しておく。
画像
               (実が割れて、黒い種子が見えて来た)

資料を見ると、種子は簡単には落下せず、秋深くになって鳥に食べられなかったものは花序ごと落下する。種子の表面には油脂があり、休眠すると埋土種子となって長期間にわたり、土中で伐採などの撹乱を待って待機するとある。植物毎にそれぞれの戦略があるのだ。

 今日のウォーキングは都合で中止。         

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年08月28日 23:13
こんばんは。去年公園で見かけたのはコレに似たアレチヌスビトハギで、普通の萩かと思っていました。
このヌスビトハギもハギ似ですが、花は「ハギの花は旗弁が反り返って立っているのに対して、ヌスビトハギの花の旗弁は反り返らず、お椀を被せた様になっている。」なんですね。萩の花に比べて丸っこくこじんまりしていますね。アレチもこれも、花後に引っ付き虫が出来るのですね。
この時期あちこちで見かけていて、名前が判らなかったのでした・・。
そちらでは白花もあるのですね。

アカメガシハの黒い実は見るからに逞しそうで、種もしっかりと生き残りを考えているのですね。
2007年08月29日 07:36
ヌスビトハギも咲き始めたようですが、昨夜の雷雨で涼しくなりましたからこれからが本当に秋の花の出番ですよね、通勤帰りの女性を拉致殺害事件と比べると昨年のヌスビトハキの実から連想する盗人などは可愛いものですね。
信徳
2007年08月29日 10:13
今朝、ひんやりとした秋の気配を感じました。秋草花の楽しみなシーズン到来です。
寅太
2007年08月29日 11:59
ヌスビトハギの実は面白い形をしている。節果の形は盗人の足にも見えますが、ギャングの付けるメガネにも似ているのでギャングハギでもよさそう。飲んで遅く帰った時の女房の目にも似ています。
2007年08月29日 15:57
一花さん、今日は。
私はアレチヌスビトハギの実物は見た事が無いですが、資料を見ると旗弁が立っていてハギに似ていますね。花の大きさも大きい様ですから見応えがあるでしょう。面白いですがアレチの実はヌスビトハギの実が2つ連結していますね。アカメガシワの実の姿は多少ガッカリしています。若葉の赤い色や花もそこそこでしたが茶色の殻が割れて黒い種は今一でした。
2007年08月29日 16:02
OSAMIさん、今日は。
今週からヤット暑さも和らいできたようですね。こちらの盗人はコソドロの範疇で、拉致殺害事件の犯人に比べれば可愛いものですね。
2007年08月29日 16:05
こちらも今朝は涼しかったです。山野草も夏から秋に変わり始めますね。
2007年08月29日 17:38
寅太さん、今日は。
ギャングのメガネや奥さんの目が怖い時は目尻が上がっていますね。そんな時にはヌスビトハギの実を引っくり返して目尻を下げて、タダイマ、と言えば済むかも知れませんね(あまり、自信が無いな~)。
2007年08月29日 18:52
こんばんは。
ヌスビトハギは、先日高尾山で見てきましたが、マメ科の花でハギの花に似ているように思いました。思っていたよりも小さな花で淡いピンクの可愛い花でした。ヌスビトハギの実のが面白い形ですね。
香貫山には、白い花のヌスビトハギも咲いているのですね。
2007年08月30日 18:50
杏さん、今晩は。
そうですね、ヌスビトハギの花はマメ科でハギの花に似ていますね。しかし、花が小さくて写真に撮り難くいですね。香貫山の白色のヌスビトハギがもっと増えてくれるといいな、と思っています。

この記事へのトラックバック