香貫山の植物  ヒキヨモギ (番外編 コナラ)     

 香貫山の日当たりの良い斜面に真っすぐに伸びた草が並んでいる。草丈の割には数少ない黄色の花がパラパラと咲いている。近づいて花をよく見ると唇形花なのだが、鶏か何かの鳥が嘴をカァーと開いて噛み付いてきそうだ。嘴の上の毛もゴワゴワして痛そうだ。調べると、ヒキヨモギ(引蓬)の花だ。
画像
               (ヒキヨモギの花は唇形花で噛み付きそうだ)
画像
              (茎は良く分枝するが、花はパラパラとしか付かない)
画像
              (草は日当たりの良い急斜面に真っすぐに立っている)

 ヒキヨモギはヨモギから栄養をとる半寄生の植物で、半寄生植物はゴマノハグサ科に多くみられると言う。葉がヨモギに似ていて、茎を折ると糸を引くことからこの名前が付いたと言う。

<ヒキヨモギの花>
 ヨモギに似た葉腋に1個づつ花を付ける。花は鮮黄色で唇形、長さ2~3cmの大きさだ。
画像
                  (ヒキヨモギ)
 花の萼が細長く、花の上外側の長い軟毛が特徴的だ。花の3方向からの拡大画像を以下に載せる。
画像
                    (左から見た)
画像
                 (正面斜め下から見た)
画像
                    (右から見た)

 半寄生植物とは何か? ネットで調べたら以下の説明が有りましたので参考に記載して置きます。

<寄生植物、半寄生植物、腐生植物とは?>
 葉緑素がなく他の植物に寄生して養分をとるものを寄生植物、葉緑素を持って光合成をしながら他の植物に寄生して養分を摂るものを半寄生植物、葉緑素がなく菌類から養分を摂るものを腐生植物といいます。それぞれの品種例
 寄生植物     アメリカネナシカズラ   ナンバンギセル   ヤセウツボ
 半寄生植物    コシオガマ    ヒキヨモギ
 腐生植物     マヤラン   オニノヤガラ

 7月4日に秋田駒ケ岳ウォーキング(その2)で綴った(http://dekowalker.at.webry.info/200707/article_2.html)綺麗な花のヨツバシオガマ(これもゴマノハグサ科)も半寄生植物だと知った。ヨツバシオガマもヒキヨモギも草としては大きくて一人前の姿をして、綺麗な花を咲かせているのに半寄生植物とは???
 植物の世界にも色々不思議な事があるものだ。

<ヒキヨモギ (引蓬)>
  ゴマノハグサ科、ヒキヨモギ属
  名前の由来:葉がヨモギに似ていて、茎を折ると糸を引く

<特徴>
  半寄生1年草
  8~9月に黄色の唇形花を咲かせる
  花の萼が細長く特徴的
  山地の草原に生える
  葉は対生し羽状に裂け縁は鋸歯がある
  草丈60cm以下

《番外編》 コナラの実
 コナラの花に付いては4月9日に綴った(http://dekowalker.at.webry.info/200704/article_9.html)。あの小さな小さな雌花から今、クリクリした立派なドングリが成長中だ。
画像
                      (コナラの実)
 コナラの実はもう少し長くなるのかな?

 今日のウォーキングは都合に寄り中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年08月24日 23:19
記事にあるとおり、ヒキヨモギの形が鳥のくちばしのようでこわい形をしているなと思いました。
ドングリが育っていますね。激しい雨や風で枝毎落ちてくることがありますが、今はまだまだ育ち盛りというところでしょうか。
2007年08月24日 23:39
こんばんは。お久しぶりです。毎日暑い中ウォーキング頑張ってらっしゃいますね。今年は何かと多忙でバテておりました。昨日は久々涼しくてウォーキングに出かけられ、カラスウリの開花寸前までは見れました。野草も何種類かは名前が出てきましたが、相変わらずトンチンカンです。このヒキヨモギは蓬から栄養を採る半寄生で、蓬よりやたら背が高いですね。
黄色い綺麗そうな花まで咲いて、唇形花で噛み付きそうですね。サルビア・パテンスも似たような形です。
もうドングリの季節で、これから背競べ?するのでしょうか?
以前エゴノキで教えて下さった、「エゴノネコアシ」を発見しましたが、猫足に良く似ていましたヨ。
信徳
2007年08月25日 08:21
残暑が厳しいです。ヒキヨモギで冷たく冷えたジュースの缶を開けて一気に飲み干したいですね???
寅太
2007年08月25日 11:24
ヨモギから栄養をとるのですか。こんな怖い顔をした植物に寄生されたら大変です。まるでオオカミソウです。
庭の鉢植えのススキにタンバンギセルが2本でてきました。
もっとたくさんでてほしいのですが上手くいきません。
腐生植物の代表的なものにギンリョウソウがありますが、香貫山には生えてないでしょう。
2007年08月25日 17:30
ヒキヨモギ、初めてですが、半寄生植物なのですね。
ヨモギの花は、目立たない花ですが、ヒキヨモギの花は鮮やかな黄色で花も、鳥のクチバシのような形をして怖いような感じがします。
花の形も様々ですね。
寄生植物では、ヤドリギを思い出しますが、半寄生植物という植物もあるのですね。
2007年08月25日 20:01
半寄生植物のヒキヨモギ初めてですが面白いてすね、特に横から見た画像では本当に噛み付きそうなすごい形はびっくりです。
今回の山行でもヨツバシオガマの群落を見かけましたが、高山ではどんな植物に半寄生するのでしょうね?興味のあるところです。
2007年08月25日 20:56
hirasan、今晩は。
ゴマノハグサ科の花は面白い形をした花が多いなと思います。ヒキヨモギも面白い形の花ですね。ドングリがこのまま順調に育ってくれれば良いのですが。まだこれから台風も来るでしょうからどうなりますか???
2007年08月25日 21:13
一花さん、今晩は。
本当に、お久し振りですね!夏ばて気味なんですか?私はウォーキングして、シャワーを浴びて、軽く一杯やって、昼寝です。おかげで夏ばてはありません。朝晩涼しくなりましたので、これからは風邪を引かないように気を付けましょう。
今年はカラスウリの花を追いかけるのは止めました。夜は外に出るのが面倒なので。ヒキヨモギの所属するゴマノハグサ科には面白い花が多いですね。シソ科の花にも似ていますね。
エゴノネコアシを見つけましたか。随分、早くに見つけましたね。何故、エゴノキにだけ付くのか?植物と動物の共生も色々有り面白いですね。
2007年08月25日 21:21
信徳さん、今晩は。
ヒキヨモギの嘴がCan opener ですか?
確かに、これが近くに有ると便利ですね!缶ビールを開けるときに爪を傷める心配をしなくてすみますね。
2007年08月25日 21:37
寅太さん、今晩は。
ヒキヨモギの根元を見たのですが、蓬は見えませんでした。もっと良く探せば良かったと思っていますが・・・。寅太さんの庭には寄生植物のナンバンギセルが生えているのですか?珍しい植物でしょうね?ギンリョウソウは香貫山には生えていませんが、秋田駒ケ岳に行った時に見つけました。白馬の首みたいな面白い花でした。これも腐生植物でしたか。
2007年08月25日 21:43
杏さん、今晩は。
そう言えば、ヨモギの花と違って全然鮮やかですね。ゴマノハグサ科の花は面白い形の花が多い様に思っています。植物の世界にも色々珍しい品種が有りますね。
2007年08月25日 21:48
OSAMIさん、今晩は。
OSAMIさんがこの前、行ってこられた北アルプスでヨツバシオガマに会ってこられましたね。あのヨツバシオガマもゴマノハグサ科で半寄生植物だそうです。本当にどんな植物に寄生するのか?興味が湧きますね。

この記事へのトラックバック