香貫山の植物  キンミズヒキ (番外編 ギンミズヒキ)

 今年も香貫山の登山道沿いにキンミズヒキ(金水引)の花が咲いている。名前は3日前に綴ったミズヒキの金色バージョンの意味だが、明るい日の当たる草叢の中でミズヒキの花よりは大きくて良く目立つ。
画像
                  (ミズヒキに比べて花は黄色で鮮やか)
画像
                     (花は下から上へ順次咲く)                    
画像
                      (花穂の向はバラバラ)

<キンミズヒキの花>
 キンミズヒキの花は、花弁が5枚、雄しべは8~14本、短い2花柱がある。
画像
                       (雄しべが多くて長い)

 花後には萼片とその外側にある外萼片は、多くのかぎ形に曲がったトゲとなる。
画像
              (花後、すぐにひっつき虫の様相を現す 7月31日撮影)

<キンミズヒキの実>
 果実の上縁には長さ3mm程度の棘がたくさんでき、これで動物等にひっついて散布される。あまりしつこい付着力はないが、これもひっつき虫の一つであると資料にある。上の画像は7月31日撮影されたが、その3週間後の8月22日になると棘も茶色化して触るとザラザラと引っかかり感が出てきた。
画像
              (キンミズヒキの実はひっつき虫  8月22日撮影)

<キンミズヒキ(金水引)>
  バラ科、キンミズヒキ属
  名前の由来:金色の小さな花のついた穂を,熨斗袋につける金色の水引にみたてたもの

<特徴>
  1年草
  7~10月咲き
  道沿いの草むらや林の縁
  草丈1M
  種が衣服にくっつく

《番外編》 ギンミズヒキ(銀水引)

 キンミズヒキに対してギンミズヒキがある事を知り、昨年の9月17日のブログで取り上げた。以下にその時の画像を転載しておく。香貫山では残念ながら見た事はない。
画像
   (御殿場の喫茶店・花壇で見たギンミズヒキ  ピンクの花ははシュウカイドウ)

 この品種は3日前に綴ったミズヒキ(水引)の白い花が咲くバージョンだ。ミズヒキは 4 つある萼のうち上側の3つが赤く,下の1個が白いと3日前に綴ったが,このギンミズヒキは4個とも白くどの方向から見ても白色の花(水引)に見えるのだ。

 今日のウォーキングは香貫山で歩数は9,268歩、今週の累計歩数は16,557歩/3日。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

信徳
2007年08月22日 20:59
金さん、銀さん、それに一般とミズヒキにも色々な種類があるのですね。初めて知りました。
2007年08月22日 22:11
何でこの花にキンミズヒキという名前を付けたのか疑問に思いますよね、どう見てもミズヒキ、ギンミズヒキとは相当違いますし本来の水引にももちろん似ていないように感じてしまいます、綺麗な花でよく目立ちますし何か別の名前を付けてほしいと思ったりします。
2007年08月23日 01:11
この花もミズヒキなのですね。
高尾山で最初に出会った黄色い花でした。名前が解りませんでしたが、他の方のブログで教えていただきましたが、ミズヒキ、ギンミズヒキとは別の植物みたいですね。先日のミズヒキですが昨年、今年も見ていますが、
デコウォーカのように、花が撮れませんでした。ギンミズヒキもまだ見たことがありません。ミズヒキの小さな小さな花も見てみたいです。
寅太
2007年08月23日 06:49
OSAMIさんのコメントにもありますが、名前負けをしている花ですね。
ミズヒキはそれなりに綺麗なのですが、この花は金色をもらっていながら王者の風格がありません。
しかも花が終わってからは嫌われ者です。
(写真はよく撮れています)
2007年08月23日 17:44
信徳さん、今日は。
資料を見ていると、この3種類の他に新さんも有ります。シンミズヒキ(新水引)と言う品種で、ミズヒキの花と花との間が狭くなっている(従って花が密に付いている)品種です。実物を見た事は有りません。
2007年08月23日 17:58
OSAMIさん、今日は。
キンミズヒキの花の付き方は、ミズヒキやギンミズヒキの花の付き方と大分違いますよね。何故、キンミズヒキと名前を付けたか?ですね。
2007年08月23日 18:08
杏さん、今日は。
水引の花は昨年は7月20日、今年は7月25日に撮影しています。従ってミズヒキの花が開いているのを見る為には7月後半が良いと思います。ギンミズヒキはたまたま見れラッキーでした。何処にでも生えている品種ではないと思います。
2007年08月23日 18:13
寅太さん、今日は。
何故、キンミズヒキの名前が付けられたか、?ですね。ギンミズヒキもあるので、何かの品種をキンミズヒキと呼びたかった(名前を付けたかった)としか思えません。銀さんに対しては金さんがペアで必要なんですね。

この記事へのトラックバック