香貫山の植物  マキエハギ      

 香貫山の登山道脇の垂直の壁に小さな白い花が咲いている。ハギの仲間のマキエハギ(蒔絵萩)だ。花は白色で2個並ぶ、花弁は長さ4~5mm、旗弁の基部には赤斑がある。
画像
画像
              (マキエハギの花は旗弁の基部が赤くて可愛い)

 マキエハギの株は大きくは無く、斜面から茎を垂れ下がり気味に伸ばしている。花序の枝は他のハギ類に比べ著しく細い。この細い花柄が蒔絵の手法を思わせるためにマキエハギの名前が付いたと言う。
画像
画像
                  (マキエハギの花柄は細くて真っすぐ)

 絶滅危惧品種に指定されているようだ。香貫山でも他のハギに比べると生えている所は一箇所で株数も少ない。絶滅しないで増えることを期待したい。

<マキエハギ(蒔絵萩)>
   マメ科、ハギ属
  名前の由来: まっすぐ伸びた細い花柄が蒔絵の手法を思わせるため

<特徴>
  落葉小低木、 樹高40~60cm 
  葉は3出複葉、小葉は長楕円形、先端は円形で頂部に1本の剛毛がある
  葉腋から総状花序を出し、白い花を数個つける
  果実は豆果で長さ3~4mm

 急用も去りウォーキングとブログを2週間ぶりに再開しましたので、今後とも宜しくお願い致します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

信徳
2007年08月12日 23:12
香貫山が戻ってきました。10日振りですね!毎日37度Cの熱波が襲って来ますが身体に注意し残暑を乗り切りましょう。
plysima
2007年08月13日 08:58
おはようございます。お久し振りですね! めずらしい萩なんですね。やはり図鑑等で調べるのですよね?私には萩はみんな同じに見えてしまって種類は全然わかりません…。
寅太
2007年08月13日 12:41
名前の通りの見事なマキエハギです。
絶滅危惧品種とは心配です。香貫山の入口に立て札でもたてて保護が必要なのでは。
2007年08月13日 17:34
信徳さん、今日は。
また、香貫山詣での再開です。しかし、暑いですね。木陰の登山道を歩く時は涼しくて良いのですが、木が無い所はカンカン照りで汗びっしょりです。シャワーを浴びて後は昼寝で休養しています。これで、何とかこの夏を乗り切れると思っていますが・・。
2007年08月13日 17:49
plysimaさん、今日は。
約2週間ぶりのブログになってしまいました。
香貫山には結構ハギの種類があります。名前を図鑑やネットで調べますが、萩は似ていて名前を判定するのに苦労しています。このマキエハギは花柄が細くて真っすぐなので分り易いです。
2007年08月13日 18:02
寅太さん、今日は。
可愛いハギなので守ってやりたい所ですが、立て札を立てると、かえって珍しい品種だと分り盗掘されるかもしれません。花を折らないで下さい、と立て札が立っていてもヤマユリなどはいつの間にか折られています。時々蔓が延びてきたら切ってやるぐらいで、そっと見守るしかないのかな、と思っています。

この記事へのトラックバック