香貫山の植物  ネムノキ (番外編 ヒネム)          

 先週から香貫山のネムノキにピンクの花が咲きだしている。枝の上に花を咲かせるので下からはなかなか花が写せない。登山道脇の下り斜面に生えている木の場合は少し見上げる角度で花が見える。
画像
                   (ネムノキの花  枝の斜め下から)

 枝の上から撮影出来る木が有り、開花を待っていたら昨日開花し始めていた。
画像
                   (ネムノキの花  枝の上から)

 同じ木の真下から見上げると
画像
                   (ネムノキの花  枝の真下から)

 坂道の上からアカメガシワ越えにネムノキの上部が見えた。
画像
                    (2010年7月6日 追加)

 幸いにも、登山道の上に覆い被さって咲いている木が有り、枝を引き下げて撮影出来た。それらを以下に載せる。 

<ネムノキの花>
 ネムノキの花はおよそマメ科らしくなく、細い糸で作ったポンポンみたいだ。糸は雄しべの花糸で、先端の白いものが葯なのか?
画像
                       (ネムノキの花)
画像
                    (2010年7月6日 追加)

<ネムノキの蕾>
 ネムノキの蕾は一つの花柄に20個ほど付く。そしてそれらが同時に開花してピンクのボンボン1個が出来る。
画像
               (ネムノキの蕾は約20個の塊)

<ネムノキの葉>
 ネムノキの葉は羽状複葉で下から見上げるととても綺麗だ。
画像
                       (ネムノキの葉)

 花が咲き始めても新しい葉が出て来る。出始めの新葉は黄色をしており成長後の緑色の葉と対比して綺麗だ。
画像
                (ネムノキの新葉)

 ネムノキの名前の由来は、夜には小葉を閉じ葉の全体を垂れてしまうので眠(ねむ)の木と呼ばれると、資料に有る。眠っている状態を写真を撮りたいが夜の香貫山にはちょっと入リ難い。

<ネムノキの実>
 ネムノキの花はマメ科らしくないが、果実が稔ってみると種の入った大きな莢が出来のでマメ科であることはすぐわかると、資料にある。秋に観察する事とする。

<ネムノキ (合歓の木)>
  マメ科、ネムノキ属
  名前の由来:夜は葉を閉じるので眠(ねむ)の木

<特徴>
  10mになる落葉高木
  花は夕方開花するので朝が見ごろだ
  朝や夕方にはいい香りがする
  日当たりの良い周りに木の無い開けた湿潤地を好む
  
《番外編》 ヒネム(緋合歓)  マメ科、ベニゴウカン属
 近所のお宅の庭に、ネムノキの花を真っ赤にした様な花を上向きでなく下向きに付ける花木がある。名前を聞いたらヒネム(緋合歓)と教えて戴いた。綺麗なので参考に以下に載せる。
画像
                       (ヒネムの花)

 今日は朝から雨でウォーキングは中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

信徳
2007年07月07日 20:24
ネムノキは葉っぱも花も優しそうで良い感じです。それにしてもヒネムの強烈な赤い色は印象的です。初めて見ました。
2007年07月07日 21:55
ねむの木の花、綺麗に咲いていますね。とても大きな木のようですね。
ピンクの、ねむの木の花の濃淡がとても綺麗ですね。あまり大きな木は見かけませんが、先日ご近所の、ねむの木のピンクの花が満開で綺麗でした。
非合歓の花も真っ赤で下向きに咲いて綺麗な花ですね。
2007年07月07日 21:58
こんばんは。昨日暑い中散策に出かけた時、ハギとホタルブクロ、ギボウシ、チダケサシなど見れました。そしてこの合歓木も見れたのですよ。
大木でなかったので、手元で花が見れましたが、花期が終わりかけでした。取り込んだ画像で見ると、日が当って白く呆けていました。
OSMIさん宅でも以前見せて戴きましたが、アップでは綺麗で別物みたいでしたね。そして昨日、ネムノキの蕾の約20個の塊を見ましたよ。花後の実かと思ったら、蕾だったのですね。
葉はまだ眠っていなかったですが、夜、寝ている姿を見たいですね。
お隣さんのヒネムは花付が良く、此処の蕾は赤いですね。
植物園の温室で「ベニゴウカン」と言うのを見ましたが、よく似ています。そちらは暖かいので、外植えなんでしょうね。
今日は雨でしたか?こちらは一日曇りでしたヨ。
plysima
2007年07月08日 01:16
こんばんは。幼稚園か小学生の頃、家の近くの小川のほとりに大きなネムノキがあって、友達と学校帰りに、地面に落ちた花を拾ったりして遊んでいたので、思い出のある木です。赤いネムノキに似た花はヒネムというのですね。ネムノキの園芸種かなにかかと思っていました。
2007年07月08日 06:59
ネムノキが咲くとなんとなく夏という感じですよね、自然のものは木も大きくて写真に取るのに苦労する花ですが、うまく低い枝があってよかったですね。
ヒネムは一緒に成りましたね、ご近所のお宅の木はどのくらいの高さになっている木なのでしょうか?。
寅太
2007年07月08日 18:44
近くに生えているネムノキの写真を撮ろうとしたのですが、すでに花は終わりに近づいていました。
たくさんの花の集まりとは今まで知りませんでした。来年は観察してみたいとと思います。
2007年07月08日 21:00
信徳さん、今晩は。
葉も実もマメ科とすぐ解りますが花だけはマメ科の特徴とは全然異なります。しかし、ピンクの糸状の花も他にあまりなくて独自色を出していますね。
2007年07月08日 21:07
杏さん、今晩は。
香貫山で大きなピンクの花を咲かせる樹木は他に無いと思います。回りの緑色の中で良く目立っています。ヒネムの赤色は強烈な色でこの花が一杯咲いているときは見事でしたよ。
2007年07月08日 21:16
一花さん、今晩は。
ご近所の散策で随分色々の花を見つけましたね。ネムノキが大きいと花の写真は撮りにくいですが、小さくて良かったですね。所が光線の具合が良くなかった訳ですね。なかなか上手く行かないですね。ネムノキの眠っている様は香貫山以外で見つけようと思っていますが、今年はもうダメですね。ヒネムを植えているお宅では地植えだったか鉢植えだったか、今は?です。
2007年07月08日 21:24
plysimaさん、今晩は。
ネムノキが小さい頃の思い出の木でしたか、良い思い出ですね。この花の落ちた姿を見ていません。香貫山では落ちる先は谷ですので。ヒネムのヒは赤い色の緋です。最初、名前を教えて貰った時「ヒネム」と聞いた時は外国の名前かな?と思ってしまいました。
2007年07月08日 21:34
OSAMIさん、今晩は。
そちらを今、見てきました。同じヒネムですね。私が見たお宅のヒネムの木も樹高は1m位でほぼ同じだと思いますが、もっと枝が多くて花ももっと沢山付いていました。もう何年も前から咲かせていると言っていました。剪定して上に伸ばさないで横に広げているのかも知れません。
2007年07月08日 21:40
寅太さん、今晩は。
一つの花に雄しべが何本有るか数えようと思いましたが止めました。あまりにもゴチャゴチャしている様なので。是非、来年は蕾の状態からご覧になればと思います。

この記事へのトラックバック