香貫山の植物  オトギリソウ     

 香貫山の登山道脇でも日当たりの良い草叢に黄色の花が咲いている。50cmほどの細身の草姿でその頂に花径は1cmほどの黄色い花を数個付けている。昨日綴ったヤマニガナの背の低い株かと思って確認の為、近づいて覗き込むとオトギリソウ(弟切草)だった。遠目では良く似ている。
画像
                (花は小さいが天を向いて咲くので良く目立つ)
画像
                 (茎の上部で分枝しその先に花序を付ける)

<オトギリソウの花>
 この花の最大の特徴は花びらや蕾(開花後の萼片)に黒い斑点や黒線がある。
画像
            (5枚の花びらや萼片に黒い斑点や黒線があるのが特徴)

 蘂を良く見ると、天辺が赤いものが3本見える。これは花の中心にある子房から伸びた雌しべの花柱だ。赤い点は柱頭だろう。
 雄しべが随分長い。オトギリソウはキンシバイやビヨウヤナギと同じオトギリソウ科で同じ仲間だ。鮮やかな黄色や長い雄しべも似ているが、共に一日花であることも同じだ。

<オトギリソウの茎>
 オトギリソウの茎は細いがスクッと真っすぐに伸びている。上から2枚目の様に環境に恵まれた株は上部で分枝するが日当たりが悪い等、環境に恵まれない所に生えている株は分枝していない。
画像
                  (分枝しないで真っすぐ一本のオトギリソウ)

 この株の下の方の葉や茎は赤く染まっている。
画像
                  (赤く染まった葉と茎)

 オトギリソウの名前の由来は「この草の秘薬の秘密を漏らした弟を兄が怒りのあまり斬り殺し、その時飛び散った血は葉にかかりしみが出来て赤くなった」とある。別の説では「血が掛かって花びらや萼片に黒い斑点や黒線が出来た」とある。どちらにしてもオトギリソウの特徴点である。
 
<オトギリソウ(弟切草)>
  オトギリソウ科、オトギリソウ属
  名前の由来:この草の秘薬の秘密を漏らした弟を兄が怒りのあまり斬り殺し、その時飛び散った血は葉にかかりしみが出来て赤くなった

<特徴>
  多年草
  7~9月咲き
  日当たりの良い道端や草原に生える
  花径1cmまで
  花びらや蕾に特徴があり縦縞がある
  下の葉が赤くなることが多い

 今日は所用で外出。所用内の歩数は6、062歩。今週の累計歩数は31,588歩/7日。
  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年07月29日 22:31
こんばんは。オトギリソウ科の代表の植物ですが、画像だけで、まだ自生のものを見た事がないのですよ。本で見ると、これにも種類があるのですね。サワオトギリ、コケオトギリ(1年草)ハイオトギリ(北海道)、トモエソウ(花が大きく捩れ)、シナノオトギリ(高山の岩場)など、生育場所によって、花も少しずつ違うのですね。
このオトギリソウは野山に普通に生え、零れ種で毎年出てくるようですね。蕊がキンシバイより大人しいですが、花付きが良いのですね。
画像で見ると、日当たりが悪いと育ちが悪いようですね。
この花の謂れ(平安中期、鷹匠の話)は本当なんでしょうか~?
兄弟仲が悪く、「兄弟は他人の始まりなん」のようで。。
これは止血、腫れ物、傷の鎮痛などに効果があるのですね。
2007年07月30日 06:02
物騒な名前のオトギリソウですが花は花弁などなかなか可愛い花です、しかし葉が赤くなったり黒い斑点などは少し気持ちの悪いところもありますね。
寅太
2007年07月30日 10:58
私のブログはコゴウズオトギリで、偶然にもオトギリでびっくりしています。
花はよく似ていますね。
信徳
2007年07月30日 17:15
オトギリ伝説は参考になりました。オトギリソウは覚える事が出来ました。今日はオトギリデーです。
2007年07月30日 18:19
オトギリソウ、鮮やかな花の色ですね。オトギリソウの名前の由来、悲しい話ですが、以前にオトギリソウを調べた時に「弟切草」の漢字を見て驚いた事を覚えています。オトギリソウの一番下の画像を見せていただきましたが、オトギリソウの葉も茎も赤いのですね。
2007年07月30日 20:20
一花さん、今晩は。
オトギリソウ科のオトギリが付く他の植物は未だ見ていません。色々有るんですね、意識しておきます。オトギリソウの由来は事実も一部はあるのだろうと思います。薬効は事実の様ですね。
2007年07月30日 20:25
OSAMIさん、今晩は。
名前も黒い斑点が有る花びらやガクも多少、気持が悪い所も有りますが、背筋がピンとしていてなかなか好感が持てる植物です。黒い斑点は青春時代のニキビの様なものでしょうか。
2007年07月30日 20:42
寅太さん、今晩は。
今、そちらに寄らせて貰いました。コゴウズオトギリでなくコボウズオトギリですね。ネットで調べたら花はオトギリソウの特徴をしていて良く似ていますね。果実が赤くて綺麗ですね。名前の本家のオトギリソウはどんな実が生るのでしょうか?継続観察して比較したいですね。
2007年07月30日 20:53
信徳さん、今晩は。
一花さんへのコメントにも書きましたが、オトギリソウの名前の由来には何処か一部に真実がある様に思います。こんな由来があると植物の名前も覚え易いですよね。
2007年07月30日 20:58
杏さん、今晩は。
オトギリソウには史実として、何か悲話が絡んでいるような気がしています。茎の下部や葉が赤くなるのは成長後期の様な気がします。若い時期には赤くなっていません。

この記事へのトラックバック