香貫山の植物  ヤブカンゾウ     

 今年も昨年と同じ五重塔下の登山道脇にヤブカンゾウが咲き始めた。
画像
                  (ヤブカンゾウ)

 資料を見ると「ヤブカンゾウは中国原産の多年生草本であり、栽培されていたものが野生化している。花は八重咲きであり、3倍体であるので結実しない。」とある。種の出来ないものが何故、この登山道脇に生えているか?人間がここに植えたか、五重塔の広場に植えた物が雨水に流されてここに根付いたか、どちらかであろう。
 一端根付くと匍匐茎を出して広がり、群落を形成する、とも資料に有る。今の所、香貫山ではここ以外では見つけていない。
画像
                  (ヤブカンゾウは八重咲き)

 資料には更に「八重咲きの花は雄しべが花弁化したもので、ヤブカンゾウの花を観察すればその様子がよくわかります。いくつかの花を見ればその程度が花によって異なり、雄しべの柄である花糸がしっかり残っている花もあれば、花弁化した上に葯が乗っているもの、葯の全く見られないものと様々でした。雌しべもあるもの無いもの両方確認できました。」とある。
 上の画像を改めて見直すと、中央部の花弁の上に葯らしきものが見える。4日後に見た花には雄しべが大分残っている。心なしか八重の程度が少ない様だ。
画像
                 (この花には雄しべが何本か残っている)

 次の日、心無い輩がいるのか、ここに有った4,5本のヤブカンゾウの花茎が全て折られてしまった。酷いことをする人だ!!!
 仕方ないのでその後に行った箱根や山中城跡で見つけたヤブカンゾウの花を観察する事とした。
画像
           (この花は雄しべは完全に残っていて一重のヤブカンゾウだ)
画像
          (この花は中の花びらが開ききれていなくて1.5重のヤブカンゾウだ)
画像
           (上の花の隣は内側も完全に開いて二重のヤブカンゾウだ)
画像
         (この花は雄しべは見え無いが葯は見え、八重手前のヤブカンゾウ)
画像
            (この花がほぼ完全な八重のヤブカンゾウか?)
画像
           (上の花が咲いていた所は藪で無くスッキリした花壇脇だ)

 矢張り植物は周りがゴタゴタした所でなく日当たりの良い所が一番良い環境ではないだろうか?ヤブカンゾウはユリ科、ワスレグサ属で先日秋田駒ケ岳で会ったニッコウキスゲと同じ仲間だ。また一日花である事も同じだが綺麗なので、もったいないと、つい思ってしまう。

<ヤブカンゾウ(藪甘草)>
  ユリ科、ワスレグサ属

<特徴>
  多年草
  7、8月咲き  道沿いや土手や明るい草原
  花径10センチ大
  1日花で翌朝にはしぼむ
  蕾をたくさんつけ次々と開花する
  花は大きめで夕方や早朝など美しく

 今日は所用でウォーキングは中止。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年07月24日 23:19
こんばんは。ワスレグサ属には、ニッコウキスゲ、花が一重のノカンゾウ、八重のヤブカンゾウ、そして黄色いユウスゲ、あとヒメカンゾウ、ハマカンゾウなどがあるのですね。
>八重咲きの花は雄しべが花弁化したもの。
なんですね。結構藪で見ますが、中国原産の帰化植物のようですね。
画像で見ると花も個々に違いがありますね。今日みたいな暑い日には、目だちますね。この花の乾燥したものが「金針菜」として売っていますが、これや新芽は食べれますよね。(新芽はまだ試食していませんが・・)
憂いを忘れられるようでワスレグサ属となったのでしょうね。
一日花ですが、藪で逞しくて株も大きく、蕾が多いので長く咲いているように見えるのですね。
信徳
2007年07月25日 04:55
 「ヤエはヤブカンゾウ、ヒトエはノカンゾウ」と記憶したので草花音痴の私のも直ぐに判断出来るようになりました。ニッコウキスゲは色違い・・・そんなセリフをインプットしていくと面白いですね。今日あさっては軽井沢でGOLF。嬉しくて子供のように早く起きてしまいました。
2007年07月25日 09:01
時々行く公園の自然が保存されている区域でも何故だかカンゾウやヤブカンゾウは目にしていません、条件的には有ってもおかしくないと思うのですが、繁殖のためには何か別の条件があるのかもしれませんね。
2007年07月25日 10:44
ヤブカンゾウの花、綺麗に咲いていますね。
初めてヤブカンゾウの花を見た時は、ノカンゾウ、ヤブカンゾウが分かりませんでした。八重咲きはヤブカンゾウなのですね。オレンジ色した花が素敵ですね。先日も散歩の途中で夕方でしたが川原咲いているのを見かけました。梅雨空の中で華やかな色でした。
寅太
2007年07月25日 16:31
ヤブカンゾウは花にアブラムシが付きやすいので、街中では以外に咲いているのが少ない。
花は目立つ色なので子供がとったのでしょうか。
大人は盗るですが、子供なら採るにしましょう。

2007年07月25日 17:48
一花さん、]今日は。
ヤブカンゾウの属名はワスレグサですか?私 の 花 図 鑑( http://www.mitomori.co.jp/hanazukan/hanazukan2.4.40.html)で調べるとキスゲ属でした。念の為、他の資料を調べると、ワスレグサ属ばかりでキスゲ属は出てきませんでした。ワスレグサ属に訂正します。有難う御座いました。「憂いを忘れられるようでワスレグサ属となった」とは良い名前ですね。しかし、香貫山では誰かがこの花を折ってしまったので、その行為を憂いてます、残念です。
2007年07月25日 18:02
信徳さん、今日は。
そうですね、一重はノカンゾウで八重がヤブカンゾウですね。
上から4枚目の一重に見えるものはノカンゾウかな?とも思ったのですがそのすぐ横には八重のヤブカンゾウが有り、また良く見ると一重と言ってもシベの奥に花びらになりかけた様なオレンジが見えるので、ヤブカンゾウと判定しました。そして、勝手に一重のヤブカンゾウとネーミングしてしまいました(笑)。軽井沢でのGOLFは良いですね。しかも3日間とは豪勢ですね。寝れない訳ですよ。
2007年07月25日 18:06
OSAMIさん、今日は。
ヤブカンゾウは種が出来ないので植えるしかありません。公園で生えていたものを抜いてしまったか、未だ全然植えていないかどちらかでしょう。自然が保たれた公園なら、一度植えれば毎年咲くと思います。
2007年07月25日 18:12
杏さん、今日は。
一花さんに教えて貰いましたが、ヤブカンゾウは別名ワスレグサだそうです。憂いを忘れさせてくれる花だそうです。梅雨空の中で華やかな色を見ると、憂いを忘れさせてくれそうですね。
2007年07月25日 18:17
寅太さん、今日は。
大人が盗ったか、子供が採ったかどちらだか解りませんが、ここは子供が採った事にしましょう。それの方が憂いが残らないですね。プラス思考に考えた方が体に良いですよね。どうも有り難う御座いました(笑)。

この記事へのトラックバック